「逆DVに発展している女性の特徴 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

結婚/離婚コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆DVに発展している女性の特徴

逆DVに発展している女性の特徴

DVは男性特有の物ではない!

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

一般的にDVは腕力の強い男性がひ弱な女性に対して行うもので、男性から受けるDV被害については同情的ですが、女性→男性の逆DVについてはその深刻度がなかなか伝わりません。そして、逆DVの最も怖いところは当事者が気付かない内にその状況に陥っている事なんです。

逆DVは暴力よりも…

逆DVは暴力以外の被害が多いのが特徴です。DVと言うと目に見える暴力を想像しがちですが、腕力で劣る女性が加害者の逆DVの場合は肉体的に危害を加える暴力よりも精神的虐待、暴言といったものの方が多いんです。

さらに、最近はデートDVと言われる行為も多くなっており、DVは夫婦間の問題だけに留まりません。デートDVとは、交際相手に対する肉体的・精神的・性的な危害を加える行為で、男女共に被害件数は増えていると言われています。

しかし、逆DVはなかなか発覚しません。それは、男性がDVを相談するのを躊躇ってしまうことが多いからです。

「男なのに女性に虐げられている」プライドが邪魔して誰にも言えないという男性は多く、それが問題が表面化するのを妨げています

ですから、潜在的な逆DV被害を含めるとその数は相当数になるでしょう。

夫を支配する女

DV妻には「夫を自分の思いのままにしたい」「夫を支配したい」という意識があり、彼女たちは夫を支配するために“人格否定”を用います。

「給料が安い」とか「容姿が悪い(ハゲやデブなど)」、「仕事ができない」など、夫の欠点を挙げて攻撃し、夫が「自分が不甲斐ないから(何をされても)仕方がない」と思い込ませるのです

一般的にモラハラと言われるものですね。このモラハラがエスカレートすると暴力に至ることもあるので要注意!モラハラ妻は夫を見下すことで上下関係を明確にし、常に自分が正しいという状況を作り出してしまいます。

子供を味方につける女

逆DVに発展している家庭の特徴として、子供が妻側についているということが挙げられます。DV妻にとって、子供は最大の武器。

父親の存在を否定したり、父親を馬鹿にすることで家族の序列は妻>子供>夫となり、子供も夫を見下すようになります

こううなると夫は家庭内での居場所を奪われ、帰宅恐怖症などに陥ってしまうことも多々あります。時には子供が夫へ暴力を振るう事態に発展してしまいます。

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

夫の暴力・暴言は徹底的に封じる

夫の暴力・暴言は徹底的に封じる

DV家庭においては誰かが一方的に攻撃されるという状況が見られます。なぜ虐げられている夫が言い返したり、殴り返したりしないのか――それは妻が自分の立場を利用して男性の反撃を封じてしまうからです。

たとえ自分が先に暴力を振るったり、暴言を吐いていたりしても、DV妻は夫から手を上げられそうになったり、少しでも文句を言われたりするとすぐに「DVだ」「モラハラだ」と騒ぎ立てます。

自分がさも被害者のように振舞うことで、夫の反撃を封じてしまうのがDV妻の厄介な所

この状況で少しでも殴ったり、暴言を吐いたりすれば自分がDV夫になってしまうので、夫は耐えるしかないのです。

DV妻に自覚はない?

逆DVをしている女性にはその自覚がないことがほとんどです。無意識に男を支配し、自分の都合のよい世界を作ろうとするので、男性がDVを訴えたり、別れ話を持ち出したりすると途端に狼狽えてしまいます。

妻のDVを理由にする離婚は年々増えていますが、離婚を言い渡された女性の多くは「DVなんてしていない」「そんな事実はない」など自分の愚行を受け入れられず、離婚という事態に陥って初めて自分の行為を顧みて後悔するということも少なくありません。

もちろん、DVの事実が証明できれば妻側の有責となりますし、慰謝料を請求されれば支払わなければなりません。また、場合によっては親権も失うことになるかもしれません。すべて自業自得ですから同情の余地なんてありませんけどね。

離婚したいのにできない理由を考えて下さい

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

逆DVに発展している女性の特徴 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

浮気相手と別れない男性の特徴まとめ

浮気や不倫はバレれば終わり――そんな風に思いがちですが、浮気がバレて(あるいはバレそうになって)も、浮気相手と別れない男って意外に多いんです。平気で歪な関係を維持しようとする“ズルい男”は絶えることがありません。

夜しか会えない彼氏は身体目的?
Writer by Shinnoji_ura 仕事/人間関係コラム

夜しか会えない彼氏は身体目的?

デートといえば夜が定番です。社会人ならば平日の昼間は仕事で忙しい人が多く、学生でも、授業やサークル活動、バイトなどがあるため、会う機会はどうしても夜が多くなってしまいがち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

友達が不倫していると知ったら、どうするべき?

今の時代不倫なんて珍しくもないですが、自分の身近な人が不倫していると知ったらやっぱりショック!特に仲のいい友達、親友が不倫していたら、大事になる前に手を引いてほしい――そんな風に思う人も多いでしょうね。

不倫を持ちかけられた時の上手な断り方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫を持ちかけられた時の上手な断り方まとめ

不倫なんて珍しくもないご時世ですが、だからと言って不倫が許されるものになった、というわけではありません。むしろ、不倫に対する嫌悪感は高まっており、不倫当事者に対する風当たりは強くなっていますから、不倫あるいはそれを疑われるような行為は十分に慎むべきです。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

友達の彼氏と浮気してしまう女の特徴

自分の彼氏と女友達が浮気をしていた――こんなこと、考えたくもない最悪のシチュエーション。たとえ好きになってしまっても自制するべきところなのに、平気で裏切るなんて許せません。友達の彼氏と浮気をする女は一体何を考えているのでしょう?