「シングルマザーが抱える不安とリスクについて 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルマザーが抱える不安とリスクについて

シングルマザーが抱える不安とリスクについて

シングルマザー急増中の背景

おそらく子育てに追われているであろうシンママの皆さんこんにちは。あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

現在、日本ではシングルマザーが急増中なのは、多くの方がそれとなく体感しているのではないだろうか。

離婚してシングルマザーになる事を選ぶ人もいれば、未婚のまま子供を産む人もいます。昔は母子家庭なんて言ってイメージのあまり良くなかったシングルマザーですが、現在は離婚もシングルマザーもすっかり馴染んでしまい、珍しい事ではなくなっています。

2010年時点で、日本のシングルマザーの総数は、1082,000人(百八万二千人)。離婚・未婚・死別など事情は様々ですが、これだけ多くの人が女手一つで子供を育てています。

今日はこんな境遇に置かれている多くのシングルマザー達が持つ悩みと、その悩みに対する危機感について、暴いていきたいと思います。

もしかしてシングルマザーは得?

急増の背景に伴って、実はシングルマザーについては、行政がその子育てを支援しています。

・保育園の保育料の減免
・税金の減免
・公営住宅の優先権
・児童扶養手当
・生活保護

など、様々な減免・優遇措置が取られます。

この援助の内容や額は自治体などによって異なりますが、シングルマザーは一般的な家庭よりも多く行政援助を受けることができるのです。生活保護などは、シングルマザーの場合は比較的受けやすいとされていますね、いわゆる「水際作戦」に通りやすいという事です。

これを見ると一見、

・シングルマザーは得だな

と短絡的に思う人もいるでしょう。実際にシングルになっても、きちんと届け出をすれば生活ができないということはありません。この行政援助があるために、離婚してシングルになる道を選ぶ人がいるのも現実です。

しかし老後が悲惨になることも

上記で短絡的にシンママが楽であるという思考を持ってしまった人の為に、シングルマザーが抱える不安とリスクについて説明したい。

まず行政のシングルマザーの援助は、

・原則として子供が18歳になるまで

その為、子供が成長し大きくなり、自立すると先ほど申し上げたシングルマザー向けの支援を受けることができません。ですので、

・シングルマザーが本当に考えなければならないのは、実は子育て期間中ではなく、老後のことです

今の日本の現代社会は、子供が親の面倒を必ず見てくれるとは限りません。もしかしたら、子供は家を出て親なんて見向きもしてくれない家庭も多いでしょう。

行政や周囲の支援に力いっぱい甘えてきたシングルマザーの老後はかなり悲惨です。

・生活力がない上に、子供が自立すると支援額は激減

まともな仕事を探そうにも年が年だから良い仕事は見つからない……なんていう負のスパイラルに陥ってしまうのです。

シングルマザーだからこそ自立すべき!

シングルマザーは周囲の支援が受けられるのでそれに甘えてしまいがちになり、視野が狭くなってしまう傾向が多いのです。もちろん、本当に困った時には頼ることも大事です。でも、

・頑張りもせずにただ甘えるだけだと必ずしっぺ返しが来ます

未婚で子供を産む、あるいは離婚して子どもを引き取るという決意をするのであれば、出来る限り自分の力だけで子供を育てられるように努力すべきです。それができないのであれば、シングルマザーになってもかなりきつい未来が待っていると覚悟すべきです。もっと具体的に考えてみましょう。

実はシングルマザーは不安だらけ


実はシングルマザーは不安だらけ

シングルマザーには先ほど挙げた老後の不安の他にも注意しなくてはならない点が山のようにあります。

・自分が病気になったら誰が子供の面倒を見るのか
・彼氏が出来ても子供を同じように育てられるのか
・仕事は今まで通りに続けられるか
・子供がいても就職できるのか

など、考え始めるとキリがありません。

恋愛や再婚も子供がいることでうまくいかなくなってしまうことも大いにあり得ます。こうした不安から、精神的に参ってしまい、不安障害を患う人もいます。

周囲のシングルマザーを見て、自分でもなんとかなるのでは? なんて甘い考えで簡単に離婚してしまう人が増えていますが、実際にはシングルマザーの精神的な負担はかなりのものなんです。

離婚は自由ですが、冷静、慎重に

夫が有責で離婚する場合、慰謝料や養育費などを取ることができます。これによって子供を育てようと考えている人もいるかもしれませんが、

・慰謝料や養育費が滞りなく支払われる保証はありません

実は近年養育費の滞納が増えており、目の前のお金で生活できると目論んでいた収入がなく困窮しているシングルマザーも多いのです。

だから、離婚して子供を引き取るのであれば、養育費に頼らずに生活できる基盤を作るべきです。子供がいながらその基盤を作るのはかなり大変なことですが、

離婚によって一番大きな割りを食うのはシングルマザーのアナタでは無くアナタの子供です

傷ついた子供をきちんとケアし、育て上げる覚悟と、生活基盤がないのであれば、シングルマザーにはなるべきではありません。

今は離婚に対してのハードルはかなり低くなっていて、離婚したい時に離婚できる時代ですが、だからこそ離婚についてはしっかりと考えるべきなんです。

ご理解いただけたでしょうか。既にシングルマザーとなってしまったアナタは、このようなリスクが今後訪れる可能性がある事を、しっかり認識しながら生きていく必要があるという事ですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シングルマザーが抱える不安とリスクについて が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

他人の粗探しばかりする癖を直す方法
Writer by Shinnoji_ura 仕事/人間関係コラム

粗探しばかりする人への対策と癖を直す方法

「あなたは人の長所をうまく見つけることができますか?」恐らく、この質問に自信を持って「イエス」と答えられる人は少ないでしょう。何事においても良い事よりも悪い事の方がインパクトが強く、人は長所よりも短所の方が目についてしまいがちです。