「苦しむ不倫関係を繰り返す女の特徴 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦しむ不倫関係を繰り返す女の特徴

苦しむ不倫関係を繰り返す女の特徴

不倫で苦しむ女性達

望んでしている不倫行為なのに、何故か苦しみ、悲劇のヒロインを気取ってしまう女性達が一定層いますよね、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

そんな女性達は、いったい何に苦しんでいるのでしょうか?今日も不倫について暴いていきたいと思います。

不倫関係は諸刃の剣

誰かを好きになる気持ちは、本来素敵な気持ちでありパワーをくれる感情です。好きな人がいるだけで、勇気が出てきたり頑張る気持ちになったりしますよね。でも、

それと同時に、嫉妬したり心配したり不安になったりもします

会えない日は寂しくて寂しくて不安になる。そんな複雑な感情を、じっくり噛みしめる事こそが誰かを好きになると言う事なのかもしれません。

しかし、中には不倫ばかり繰り返してしまうタイプの女性もいます。人の物が欲しいと言う意地悪で嫌な女や、火遊びが好きな女ばかりではなく、

・たまたま好きになる人がいつも既婚者だ

と言う女性もいます。それがどう言う事なのか、もちろん本人も理解はしています。それでも好きと言う気持ちをどうにも抑えられない。

・苦しむ事になる事は分かっているのに、不倫関係を何度も繰り返してしまう女性

も残念ながらいます。一度ならず何度も不倫してしまう女性達。その理由は色々あるようです。

・既婚者のどっしりとしたゆとりに魅かれてしまう
・未来に結婚がない恋しかできない
・年齢がかなり上のその既婚者の男性に父親を見ている
・なぜか既婚者にばかり好かれてしまう

恋愛はしたいけれど、結婚はしたくないと言う女性も多く、ゆえに不倫を選ぶ女性もいます。また、落ち着いた既婚者の貫録が素敵だと思ってしまう女性。

・知らず知らずのうちに、恋愛対象の男性に父親像を求めてしまうような女性もいます

事情があって、早くに父親と別れて暮らす事を余儀なくされた女性や、父親はいたけれど働かなかったり暴力をふるう等良い父親ではなかった等の記憶を持つ女性は、自分でも気づかないうちにそれを恋愛相手に望んでいる事もあるようです。

だから、当然かなり年上の人を好きになるワケです。

子供時代、どのような環境で育ったかによって、好きになる相手にも影響してくるなんて何だか悲しいですが、それが不倫の引き金になり、繰り返し傷つく女性がいるのも事実なのです。次からもっと深く考えてみましょう。

どうして不倫は良くないのか

どうして不倫は良くないのか

あえて伝える事でもないのかもしれませんが、不倫の恋は、

・自分が本気になればなるほど辛く苦しむ事になる恋です

それは、二人の未来が無いという理由もあるのですが、

・本来人を愛する事は尊いはずであるのに、それが罪悪感となって心の傷になってしまう

からです。仮にこの不倫関係の渦中にある中で、

・もし妊娠して出産しても、自分が苦労する事はもちろん、子供も憎まれたり非難されながら育つ

のです。また、こちらが相手を好きだと思っているほど、相手の男がこちらを好きかどうかはわからないのです。

奥さんがいるだけの既婚者と、娘、息子がいる既婚者でも価値観は違います。子供がいる既婚者の男性の場合、

・万が一アナタがその男性の奥さんに勝てた、略奪婚できたとしても、その男性のDNAを継いだ子供に勝つ事はできません

そんな愛しい我が子を産んでくれた妻を、そう簡単に捨てる事等、男性にはできないと思いませんか?その不倫相手の男性は、

ただの性処理の相手として、アナタと不倫関係を続けているだけ

かもしれないのです。現在、どんなにアナタに「好きだ」と言っていても、

・別れたらすぐにアナタは忘れられる存在かもしれないのです

アナタが罪悪感を背負って、何かを犠牲にしてまで愛したその不倫相手は、

・いざという時アナタを選ぶ確率はほぼゼロなのです

だから、不倫(倫理に反している)と言われるのではないでしょうか?倫理に反しているのは、何も裏切っている奥さんに対してだけじゃない。責任が取れない癖に、

・アナタの心を身動きできないようにして傷つけている

これもまた、倫理に反した行為ではないでしょうか。

繰り返したくないなら、未来を見よう

いかなる理由であれ、一度好きになった人を忘れる事は簡単ではありません。

それは不倫だったとしても同じです。

・でも、勇気を持って「今の自分」とその恋に決着をつけなければならない場合もあるのです

それは悲しい事だとは思いますが、明るい未来の扉を開ける為には、頑張って閉めるべき恋のドアなのかもしれません。

アナタはどう思いますか?進むのはアナタです。何もかも自己責任。これが不倫の世界です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

苦しむ不倫関係を繰り返す女の特徴 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。