「不倫で失敗したと思った時に見て欲しい体験談 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫で失敗したと思った時に見て欲しい体験談

不倫での失敗を再構築したいと本気で思う女性へ

不倫発覚後の再構築は難しい?

不倫がバレれば夫婦関係は破たんし、不倫した側は三下り半を突きつけられても文句は言えません。しかし、世の中は複雑で配偶者の不倫が発覚しても別れずに“再構築する”という選択をする人もたくさんいるのです。

子供のため、世間体のため、あるいは相手に対する情から一度の不倫では離婚しないという男性はかなり多く、それだけに「不倫しても大丈夫じゃないか?」なんて甘く見ている人もいるようです。しかし、不倫の再構築ってそんなに簡単なものではないのです。再構築するよりもすっぱり別れた方が楽だった、そんな風に思う人も多いのです。

再構築=許されたではない!

不倫女はとにかく自己中なので何でも自分の都合のいいように考えがちです。

だから、夫が再構築を選ぶとその時点で「自分の不倫は許してもらえた」「不倫がバレる前の夫婦に戻れる」と勘違いしてしまいますが、それは大間違い。

浮気された被害者(配偶者)の視点で言えば、不倫発覚後に再構築を選んだとしてもそれはまた一から夫婦関係を作ることで、不倫を許したわけでも以前の夫婦関係に戻るわけでもありません。不倫“された”ダメージは加害者が思っているよりもかなり深く、許すなんてとてもできないのです。

マイナスからのスタート

一から新しい夫婦関係を作り上げる再構築ですが、スタート地点はゼロではなくマイナス。特に裏切られた被害者の傷は深く、事あるごとに不倫されたショックがフラッシュバックしたり、情緒が不安定になったりもします。不倫した方はどんなに責められても、罵られても、距離を置かれても、八つ当たりされても文句を言う筋合いにはありません。

不倫の再構築は、過去の不倫に捕らわれるお互いにとってとても辛い選択で、楽しい夫婦生活とはいきません

むしろ別れた方がスッキリすると思ってしまうほど息苦しく、双方にとって居心地の悪いものになってしまったりもするのです。

「離婚にならなくてよかった」それは甘い考えでしょう。

再構築には時間がかかる

うまく再構築するにはお互いに不倫の過去を忘れるのが一番。でも、被害者にとっては配偶者の不倫は忘れようと思って忘れられるものではありません。加害者である妻がすっかり自分の過ちを封印し、忘れ去ったとしても、被害者の傷は癒えていないことがほとんど。

加害者はなかなかうまく再構築できないイライラから「いつまで引っ張ってるの?」なんて思ってしまい、それがまた夫婦の不和に繋がります。不倫された側が痛みを忘れる、あるいは目をつぶることができるようになるのにはかなりの時間がかかります。

一刻も早く許してほしいのは加害者側のわがまま

再構築には相当な時間がかかるのです。

誠意は目に見える形で示すしかない

誠意は目に見える形で示すしかない

再構築しようと思うのなら、夫を裏切った妻は誠意を示し続けるしかありません。

その誠意の一つの形が“慰謝料”や“誓約書”、“示談書”です

誓約書、示談書は不倫問題を解決する際に話し合った決め事をきちんと文書として残すこと。「二度と不倫相手に会わない・近づかない」「慰謝料」「誓約を破った場合の処遇」「離婚の条件(財産分与・親権等)」などを記しておくものです。

夫婦間の問題で大げさな――なんて思う反省してない人は再構築なんて無理だと思った方がいいでしょう。

再構築を選んでも…

離婚せずに再構築をすることになって少しほっとしている、そんな人もいるかもしれませんが、再構築のために頑張り始めたものの、「やっぱり無理だ!」と再構築を諦めてしまうケースは五万とあります。

それは、再構築を選ぶ人の多くが“不安”からその選択をしてしまうから

シングルファザーになる不安、世間から噂される不安、一人で年老いていく不安――とにかく今の生活を守りたい一心ではあるのですが、そこにもはや愛情はありません。

離婚しないだけでやはり一緒には住めず別居状態……そんな悲しい再構築夫婦もあるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫で失敗したと思った時に見て欲しい体験談 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。