「男女で違う「不倫の境界線」どこから? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男女で違う「不倫の境界線」どこから?

男女で違う「不倫の境界線」どこから?

不倫の境界線って?

配偶者以外の人と恋愛関係になってしまうのが不倫――では具体的に何をしたら、どこからが不倫なのか?この認識には性差あるいは個人差があります。裁判等で不倫観関係を立証する場合、一般的には性行為があれば不倫、なければ不倫関係とは認められないということが多くなってはいますが、その境界線は微妙な問題です。

では、男の不倫の境界線と女の不倫の境界線にはどんな違いがあるのでしょう?

男の不倫の境界線は性行為そのもの

男性の不倫の境界線はズバリ“セックスしたら”。そもそも男性が不倫に走ってしまう理由は性欲の発散であり、性的欲求不満から不倫相手を探すことが多いのです。そのため、不倫関係の始まりは普通の恋愛関係の始まりとはちょっと違い、“体の関係から”ということも少なくありません。


だから、食事や二人で出かけるデート程度では不倫という認識はなく、手を繋いだり、ハグをしたり、キスをしたとしても、多少の後ろめたさはありつつも「まだ不倫ではないからセーフ」と思っている人が多いんです

不倫男が妻以外の女に手を出すのは単純にセックスがしたいからであり、食事やデートはセックスを得るために必要な段取りであることがほとんど。だから、まだセックスをしていない関係であれば、全てなかったことにできると思っているんですね。

女の不倫の境界線は精神的なつながり

一方、女性の不倫は男性ほど単純ではありません。女性の不倫の場合、満たされない性欲を満たす目的ももちろんありますが、同時に不倫女の多くは「精神的にも満たされたい」と思っています。

構ってくれなくなった旦那への不満や、寂しさから不倫に走った女性にとっては精神的な安らぎや癒しを与えてくれる不倫関係が理想であり、


セックス抜きの食事やデートでも、そこに“特別な感情”があればその時点で不倫という認識になります

また、女性の場合は複雑で、刺激のためだけに得た一夜限りのアバンチュール程度であればさほど悪いと思っていない人もいます。不倫とは認識しているものの、精神的なつながりがなければ罪は軽いと思っている女性、いるんですよ。

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

境界線が違うから揉める


境界線が違うから揉める

配偶者の不倫を疑ったら問い詰めたくなるものですが、不倫の境界線には男女差があるので、不倫をしたか、してないかで揉めたり、トラブルになることもしばしば。女性の場合は旦那が他の女と二人きりで食事やデートをしただけでもなかなか許すことはできません。


しかし、旦那はセックスをしてないのに不倫と言う女性の理屈を理解できない(理解したくない)ので、話し合いはうまくいきません

女性は事実よりもどう感じるかの方が大事なんです。

逆に、奥さんの一夜限りの過ちを不倫だと責めた男性が、「恋愛感情はないからいいじゃない」「あなたが寂しい思いをさせるから悪い」なんて開き直られることもあります。

人によっても境界線は違う

不倫の境界線に男女差があるのは変えようのない事実です。しかし、それ以上に大きいのが“個人差”。男性でも、二人きりのデートや食事の時点でも許せないという人もいますし、女性だってセックス(不貞行為)がなければセーフという明確な線引きをしている人もいるでしょう。

「キスは許せない、手を繋ぐのはギリギリ許せる」などなど、それぞれに“相手に越えてほしくないライン”、“自分が認識している不倫の境界線”がありますから、男だから女だからと括るのは少々大雑把かもしれません。


でも、男女によって差があることを覚えておけば、トラブルの際に「そもそも不倫に対する認識が違うのだ」と冷静に話し合いができる糸口になります

とにもかくにも、面倒な事態に陥るのが嫌ならば境界線なんて考えずに「大切な相手の嫌がること・裏切ることをしない」のが鉄則ですね。

女の不倫が発覚するきっかけ、バレたら終わり

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

男女で違う「不倫の境界線」どこから? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。