「このまま不倫関係を続けてもいいの? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまま不倫関係を続けてもいいの?

このまま不倫関係を続けてもいいの?

不倫女に悩みは尽きない

恋愛に悩みはつきものですが、不倫関係は特に悩みの多い恋愛となります。配偶者を裏切って歪な関係を築いているのですからそれは当然。よって、不倫女の悩みは尽きません。

そして、そんな悩み多き不倫女は「このまま不倫関係を続けていていいのか?」という最大の悩みにいつかたどり着きます。一度この思いに捕らわれてしまうと先も見えない不倫関係に対して不安は大きくなるばかり。でも、彼氏と別れるのも辛いんですよね。さて、あなたはどうしますか?

将来に対する不安でいっぱい

自立した女性であれば、結婚にこだわる必要はどこにもありません。「一生婚する気がない(しなくても一向に構わない)」「不倫は不倫と完全に割り切っているから結婚なんてもっての外」とはっきりと断言できる人であれば、「このまま不倫してて大丈夫かしら?」なんて疑問はそもそも抱きません。

不倫関係の継続に対して悩みを抱くのは、将来に対する不安があるから。

「不倫相手といつかは結婚したい!」→「でも家庭を壊すのは嫌だ」「自分が悪者になるのはイヤ!」なんて身勝手な思いを抱えて一人悶々としている不倫女の多い事。世の中そんな都合よくできていません。

また、「不倫相手との結婚は考えられないけど、別れるのもイヤ!」「(結婚を考えられる)いい男がいればすぐに乗り換えるのに…」なんて女も多いのですが、それも実に身勝手な要望です。将来が心配なら今すぐ不倫なんてやめて本気で婚活でもすればいいんです。

女性にはタイムリミットがある

そもそも不倫女が将来に対して不安を抱くのは女性には様々なタイムリミットがあるから。

女性は適齢期(20代後半)を過ぎれば結婚して相手としての市場価値はどんどん下がっていきます。売り時とも言える20代を不倫という不毛な恋愛で浪費してしまうのは実にもったいないこと!でも、この年代の独身女性ほど“大人の男の魅力”なんてまやかしにほだされやすく、またまだまだ世間知らずなために男からターゲットにされてしまいやすいんです。

そして、女性にとって最も気になるタイムリミットが“出産可能年齢”。35歳以上の高齢出産は増えているとはいってもハイリスクですし、40を越えれば妊娠・出産自体が難しくなります(もちろん個人差はありますが)。当然子供を望む男性がそんな相手を結婚相手として男が選ぶはずもなく……。

いつか結婚して幸せな家庭を持ちたい、そう思うのなら少しでも早く不倫関係なんて清算すべきです。

「今の不倫相手と幸せになりたい」というのなら、別れずとも結構ですが、不倫相手と本当に幸せな結婚なんてできると思いますか?そう思わないから今不安になっているのですよね?

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

関係継続・略奪で得られるものはある?

>関係継続・略奪で得られるものはある?

このまま不倫関係を継続したらどうなるか、真剣にシミュレーションしたことはありますか?

何でも都合よく考えられる自己中な不倫女は「結婚して、子供がいて~」なんて夢を抱きますが、現実はそうではありません。不倫が原因の離婚となれば慰謝料の支払いは不可避。配偶者との間に子供がいれば当然養育費も払わなければなりません。略奪婚はそんな経済的なマイナスを抱えた上での結婚となります。

養育費を払うのであれば当然前の家族との関係を完全に切ることはできませんし、もし夫が亡くなれば実子に対しては遺産を配分せねばなりません。

また、職場や近所に略奪婚であることがバレれば冷遇されたり、後ろ指を指されることもあります。不倫男はそんな辛い状況に耐えてまで手に入れる価値がありますか?しかも浮気癖のある男は恐らく結婚したらまた別の女に手を出しますよ。

悩んでいる内は別れられない!

先が見えない不倫関係に悩む女は多いですが、周囲の人が心配して「別れた方がいいよ」なんて言っても別れる気配はありません。なぜなら、そうやって悩んでいる時には「本気で別れるつもりがない」から。

だから「別れた方がいい」なんて言われるとかえって禁断の恋に燃えてしまうんですよね。

“禁断の恋に悩む悲劇のヒロイン”モードに突入し酔っている状態が気持ちいいのでしょうが、それに浸りっぱなしでは悲惨な結末に至ることは間違いありません。「このまま不倫関係を続けてていいの?」なんて悩み、「いいわけないでしょ」と一蹴されて当然。結局悩んでる自分が可愛いだけですよね?

不倫の責任は誰にある? 関係清算の時

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このまま不倫関係を続けてもいいの? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。