「友達の彼氏を好きになる、奪う女の心理まとめ 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友達の彼氏を好きになる、奪う女の心理まとめ

友達の彼氏を好きになる、奪う女の心理まとめ

友達の彼氏を羨む浅はかな女たち

友達の彼氏、普通ならその時点でその男性は恋愛対象外。好きになるなんてあってはならないことですよね。

でも、世の中には「友達の彼氏を好きになってしまう」あるいは「友達の彼氏だから気になってしまう」なんて女も結構いるもの

迂闊に彼氏を紹介してしまうと、粉をかけられて面倒なことになってしまう、ということも往々にしてあります。

では、なぜ友達の彼氏を奪おうとしてしまうのか――ちょっとその心理を考えてみましょう。

隣の芝生が青く見えて仕方がない!

友達、あるいは他人の持っているものが何かとよく見えてしまうというのは誰にでもあることです。でも、多くの人は羨ましいと感じても「奪おう」という発想には至りません。

人の物は人の物でしかありませんし、とかく「隣の芝生は青く見える」ということを知っているから

しかし、実際に人の彼氏を略奪してしまう女は、隣の芝生が青く見えて仕方がなく、「羨ましい」、「どうしても欲しい」という感情を抑えきれません。

だから、あの手この手で人の彼氏にアプローチ。手に入れるか、こっぴどくフラれるまで手を引きません。おかげで気が付いたら“同性の友達がほとんどいない”なんてことも多いんです。

友達への対抗心が強い!

友達の彼氏を平気で奪う女の多くはライバル心が強く、女友達に「負けたくない」という対抗心を抱いています。

だから、自分に彼氏がいない時には人の彼氏が無性に羨ましくなりますし、自分の彼氏よりも友達の彼氏のスペックが高ければ悔しくなって、ついその彼氏を奪いたくなってしまうんです。

略奪女の多くは、自分よりも友達の方が幸せなのが許せないのであり、友達の彼に対する恋愛感情は二の次

自分では友達の彼氏に惚れたと思っていますが、実際には友達に対する嫉妬が略奪の動機です。

でも、そんな理由で略奪しても長続きはしません。略奪して友達の幸せをぶち壊した時が彼女たちの幸せのピーク。素敵に見えた友達の彼氏も付き合ってみたら理想とは程遠く、粗が目立つばかりで、結局すぐに終わってしまいます。

考えてみれば、彼女の女友達に乗り換えるような男、大したことないに決まってますよね。

自分が幸せじゃないのは素敵な彼氏がいないから!?

友達の彼氏に心惹かれてしまうのは、現状に満足できていないから。フリーの状態ならば友達に彼氏がいるというだけで羨ましくなり、彼氏がいる状態でも心底幸せでなければ、幸せなカップルを羨みます。

それだけなら誰にでも多少はあることですが、人の彼氏を奪う女は「自分にもあんな彼氏がいれば幸せになれる」と思い込んでしまうのが痛い所

相性や幸せを築くための努力など全く考えずに「あの彼氏さえいれば幸せになれる」なんて勘違いして突っ走ってしまうんです。

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

自分は特別な非常識人間!

自分は特別な非常識人間!

友達の彼氏を奪う女は、自分を特別だと勘違いしています。略奪が人から嫌われる行為であることは一応理解しているのですが、なぜか自分だけは許されるなんて甘く考えてしまうんです。

だから「好きになったものはしょうがない」とか「結婚(婚約)していないのなら恋愛は自由」とか「選んだのは彼だから」なんて、とにかく自分を正当化する言葉を吐いてしまうんです。

厄介なのは、こういう女に限って自分の彼氏を奪われたり、彼氏に捨てられたりした時に大騒ぎすること

自分が同じことをされても、許せるのであれば筋は通りますが、「自分はよくて他人はダメ」というダブルスタンダートを平気で言ってのけるから嫌われるんです。

根っからのお姫様気質というか、我儘娘なだけですね。

無意識で男を奪う女もいる!

略奪女すべてが明確に「あの子の彼氏を奪ってやろう」という意識を持っているわけではありません。

自分でも羨ましいとか壊したいという感情に気が付かないまま、無意識の内に友達の彼氏に気を持たせていることもあるんです。ちらちら目で追ってしまったり、一緒に飲んでいる時のボディタッチが多くなってしまったり……。友達の彼氏から恋愛相談をされた時につい「わたしだったらそんなに辛い思いさせないのに……」なんて言っちゃったり……。

「友達の彼氏なんだから」と意識し過ぎると逆に気になってしまうということも多いもの

自分でも気が付かないうちに粉かけてないか、一度考えてみた方がいいかもしれませんね。

「幸せです」と言える女、略奪婚成功者の法則

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友達の彼氏を好きになる、奪う女の心理まとめ が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。