「不倫相手とのメールの頻度はどのくらい? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手とのメールの頻度はどのくらい?

不倫相手とのメールの頻度はどのくらい?

メールは便利だけど…

不倫相手との連絡手段として最も多く使われるのがメールもしくはLINE。電話よりも手軽で便利ですから、不倫に限らず、恋人との連絡手段としてはかなり優秀ですよね。

でも不倫の場合、メールはいいことばかりでもありません。メールやLINEは携帯内にやり取りが残ってしまうので、不倫相手の奥さんに携帯を探られれば証拠を簡単に掴まれてしまいます。

もちろん、1回ずつやり取りを消去するなどして、バレにくくすることも可能ですが、

これは結構な手間ですし、時には証拠を隠滅し忘れたりして厄介な事態になりかねません

だから、たとえメールであっても油断は禁物なんです。

少なければ少ないほどバレない?

メールでもLINEでも過度なコンタクトは浮気の疑いを抱かせるのでダメ。特にLINEは短文でのやり取りが中心で、会話のようにキャッチボールを楽しみます。

つい、話が弾んで長々とトークしてしまったりすると――それが奥さんに疑念を抱かせる要因となってしまいます。

だから、メールもLINEも頻度は少なければ少ないほど関係がバレにくく、不倫関係は継続しやすくなると言えます。

ただし、好きな時に連絡できないというのは寂しい思いをすることにもなるのですが……

それは不倫ですから覚悟の上、ですよね?

用のないコンタクトは厳禁!

恋人関係になると他愛もない話がしたくなったりして、ついメールや電話でコンタクトを取ってしまうということ、ありますよね。普通の恋愛関係であればこれは何の問題もない、むしろ微笑ましい行為ですが

不倫では絶対にしてはならない行為

連絡をする回数が多ければその分バレる確率は高くなりますし、また都合のよい女として不倫相手と付き合っている場合、用のない話をされるのはこの上なく面倒なんです。

遊びの女とのやり取りなんて次にいつ会うかといった業務連絡程度で十分――なんて考えている不倫男も多いですからね。別れる気がないなら、用のないコンタクトは極力避けた方がいいでしょう。

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

2日に1回でも多い?

2日に1回でも多い?

メールや電話などの連絡頻度はカップルによる差が大きく、どの程度が適切とは言い切れません。

が、多すぎればめんどくさくなるのは明白で、かといって少なすぎると関係が希薄になってしまいがち。意外とこの塩梅が難しいものですよね。

個人差はありますが、不倫の場合は2日に1回のやり取りでもはかなり多い方

そもそも、不倫の場合は無用な連絡は避けるのが鉄則ですから、デートの約束を取り付ける程度、1週間に1度程度のやり取りでも何ら不思議はありません。

また、付き合い始めは頻繁にやり取りをしていたとしても、徐々にその頻度が変わっていくというのもよくあること。

不倫の場合は慣れや飽きに加え、不倫バレへの恐怖も加わって、頻度が落ちていったり、逆に不倫関係に対する不安が大きくなりついメールしてしまうということも増えていくこともあります。

そして、頻度が減るよりも増える方が泥沼へハマってしまう可能性は高くなります。

メールの頻度よりも内容に注意?

不倫相手の奥さんからしてみれば、頻繁に女性からメールがあるというのは不快なもの。

夫がスマホで女性とメールばかりしているとなれば、心穏やかではいられず、ついスマホを見てしまうなんてことも十分あり得ます

まず、疑いを抱かせないためにはメールの頻度を落とすことが重要ですし、メールを遂次消すというのも鉄則ですが、万が一見られた時のことを考えてメールの内容にも注意すべき。

まさか「寂しい・会いたい」とか「愛してる」とか「この前のデートはよかった」なんて不倫を言い逃れできなくするような文言をメールしたりしていませんよね?

また、次のデートの約束をメールだけで取りつけてしまうと、浮気調査等証拠集めの大きなヒントを与えてしまう可能性もあります。

不倫は自由にメールもできない?

不倫関係は何かと制約が多く、いろいろと我慢しなければならない局面があります。メールもデートもその一つ。共に過ごす時間も少なく、大っぴらにデートもできないのは当たり前。

メール一つにも気を遣わなければ不倫はうまく隠し通すことはできません

自由にメールもできない関係なんて至極虚しくバカみたいですが、その道を選んだのは当人たちで完全に自己責任。

もっとも、「禁断の恋って素敵!」なんて脳内変換してしまう悲劇のヒロインタイプにとっては、制約が多く忍耐を強いられるこの状況は願ったり叶ったりなのかもしれませんが……。

不倫は性欲? 身体の関係だけのリスク

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手とのメールの頻度はどのくらい? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。