「不倫の責任は誰にある? 関係清算の時 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫の責任は誰にある? 関係清算の時

不倫の責任は誰にある? 関係清算の時

不倫の責任の所在

今まさに不倫中の女性に「不倫の責任は誰にある?」と聞くとどんな答えが返ってくるでしょうか? 恐らく、「不倫相手(男)」か「不倫相手の奥さん」、あるいは「自分の夫」のいずれかでしょう。

・不倫男に責任があると言う女の言い分は、「不倫男に誘われたから」「独身だと嘘をついていたから」

不倫相手の奥さんに責任があると言う女の言い分は「旦那を放っておくのが悪い」「妻として不十分だから」、そして自分の夫が悪いという女の言い分は「寂しい思いをさせる夫が悪い」「男としての魅力を感じなくなった」といったところでしょう。

でも、本当にそうでしょうか?実はわかっていますよね?不倫の責任は罪を犯した自分自身にあるということを。

自己正当化する不倫女

不倫女の多くは自分自身が不道徳な行いをし、後ろ指を指される過ちを犯したことに気付いています。でも、それを素直に認めようとはしません。

彼女たちは大抵「自分が悪いのはわかっている」と前置きをしながら、

・「でも、一番悪いのは不倫男(あるいは不倫男の妻や自分の夫)だ」

と言い張り、自分で責任を取ることを回避しようと必死です。

確かに、不倫は一人ではできませんから、不倫相手には相応の責任はあるでしょうし、同罪です。
もちろん、その責任の重さも同じはず。既婚者と知っていながら、あるいはあなたが既婚者でありながら付き合っていたくせに、男の方が責任が重いなんて理屈になるはずがありません。

まして相手の奥さんや夫が悪いなんていうのはただの詭弁。

慰謝料請求の恐ろしさ

不倫が明るみになると必ず持ちあがるのが慰謝料の問題です。

不倫の慰謝料は配偶者と配偶者の不倫相手の双方に請求することができますから、既婚男性との不倫の場合は奥さんから訴えられる可能性がありますし、あなたが既婚の場合は夫があなたとその不倫相手の両方に慰謝料を請求することが可能です。

W不倫になれば、慰謝料の請求額も2倍、子供がいれば養育費請求もあり得ます。

・この慰謝料請求から見てもわかるように、世間一般の認識において不倫の責任を負うべきなのは当事者

稀に、一定期間以上の別居やひどい暴力(DV)など第三者が見て完全に結婚生活が破たんしているという事実があれば慰謝料が軽減される可能性はありますが、単に夫婦関係が冷めただけでは不倫をしていい理由にはなりません。

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

不倫女の友人関係


不倫女の友人関係

不倫をしている人間を他人は信用しません。
不道徳で、自分の欲求のために平気で配偶者を裏切る人間ですからね。深く関わると自分も裏切られることになるかもしれないのですから、距離を取るのは当然です。

仲のいい振りをして不倫の相談に乗ってくれている友人も、もしかしたら内心では不倫女のことを蔑んでいるのかもしれませんよ。

・「可哀想なバカな女だな」って

実際、不倫が噂になってしまうのってこういう友人への相談が大元だったりするんですよね。
「誰にも言わないで」「ここだけの話だけど」女の世界ではそういう形で秘密が広がっていきます。もちろん尾ひれをつけて。気が付いた時には周囲の人みんな不倫の事実を知っているかもしれません。

あるいは、ふとした瞬間に友人や同僚を怒らせてしまい、不倫をバラされてしまうなんていうことも。

そうなると不倫女は「バラすなんてひどい!」と被害者モードになるんですが、そもそも道を誤ったのは自分のはずですから、女友達を責めるのはお門違いですよね。でも、そうやって女の友情は壊れていき、不倫女は孤立していくんです。

さっさと清算すべき

どう頑張っても、不倫の事実があるのならば責任逃れはできません。不倫相手が独身だと嘘をつき、それに気が付いていない限りは「騙された」で済みますが、

・相手が既婚者とわかった時点で誘いに一度でも乗ってしまったらもう逃げることはできません

もちろん、慰謝料を請求するには証拠が必要ですし、相手の提示した額に納得できないのでれば裁判で争うこともできます。でも、きちっとした証拠があれば、相当額の慰謝料請求は飲まなければなりません。証拠がないと言い切る事が果たしてできるでしょうか?

人を裏切って恨みを買っては不幸になるのは当然です。さっさと手切れ金を払うなり、もらうなりして別れた方が身のため。

でも、不倫女ってなぜか「自分は大丈夫」なんて根拠のない自信を持っているから、面倒なことになって初めて後悔するんですよね。「今が幸せならいい」なんて考えだと人生奈落の底――なんてことになるかもしれません。

人妻と不倫したらどんなリスクがありますか?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫の責任は誰にある? 関係清算の時 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。