「不倫カップルが喧嘩してしまいがちな理由 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫カップルが喧嘩してしまいがちな理由

不倫カップルが喧嘩してしまいがちな理由

不倫カップルに喧嘩は絶えない?

どんなカップルでも付き合っていれば喧嘩の一つや二つはあるもの。

これは普通のカップルでも、不倫カップルでも同じ。

でも、普通のカップルと不倫カップルでは喧嘩の理由は違ってきます。

特に、不倫カップルの場合はちょっとしたことで喧嘩に発展してしまいがちで、喧嘩が絶えないという状態も珍しくはありません。

ではなぜ不倫カップルは喧嘩になりがちなのか――これには不倫という特殊な状況であることが大きく関わっています。

常にフラストレーションが溜まっている

 

不倫関係は会いたいときに会えない、バレないようにこっそりとデートしなければならない、人に気軽に恋愛相談できない等々、何かと制約が多いもの。

制約が多く、会えない時間があるからこそスリルやドキドキ感も高まるのですが、その分フラストレーションも溜まるのは避けられません。

・そのため不倫恋愛中は一触即発の危機状態

普通のカップルなら仕方ないと思える程度のデートのドタキャンや自分勝手な言い分につい腹を立ててしまうこともあります。

そうならないようにと我慢に我慢を重ねる人もいますが、我慢の限界が来れば爆発するのは必至。

フラストレーションが発散しにくい不倫関係では喧嘩が増えるのは必然なのです。

温度差に気が付いてしまう

 

不倫関係はラブラブで燃え上がっている時はいいのですが、少し落ち着いてくると二人の温度差に気が付いてしまうことがあります。

特にイライラするのが自分は本気なのに、相手が遊びだと気が付いてしまった場合。

不倫相手に夢中な時には気が付かなかった素っ気ない態度やぞんざいな扱われ方が気になり始めるとイライラは募るばかり。

・つい不倫相手に我儘を言って困らせたり、八つ当たりしてしまったり……

また、何も言わずともイライラしていると売り言葉に買い言葉で喧嘩になりやすいもの。

結果、彼との心の距離がどんどん開き喧嘩が増えていくことになります。

自分が惨めになる

 

独身女性と既婚男性の不倫で女性は奥さんや子どもの存在を意識せずにはいられません。

どんなにデートやセックスを楽しんでも、彼は奥さんや子どものいる家に帰ってしまう。

・――そんな状況で感じるのは自分が“2番目”であること

不倫男は口先では「お前が一番」とか「妻にはもう愛情がない」なんて言いますが、一向に離婚をする気配もないとなれば自分の立場を否が応にも理解せざるを得ません。

奥さんに対する対抗心も芽生えますが、そうやって奥さんをライバル視すればするほど、はっきりしない不倫相手に対する不安や不満は高まっていきます。

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

他の女の存在が気になる

他の女の存在が気になる

不倫をしているということは、大事な人を裏切って複数の異性と同時に付き合える人間であるということの証明です。

だから、会えない時に気になるのは“他の女”の存在。もしかしたら3人目、4人目の女がいるかも――そう思い始めるといろんなことが気になり始めます。

仕事で会えない日が続いたり、ドタキャンされたり、セックスが淡泊になったり……ちょっとしたことでも浮気を疑ってしまって喧嘩に発展(不倫をしている当事者が浮気を疑うのも滑稽ですが)。

・結局不倫をするような人間は信用できないんですよね

相手を信頼できないから喧嘩になるというのは至極当然の話ですね。

喧嘩をしても別れられない?

 

イライラして喧嘩をするくらいなら別れればスッキリするのですが、不倫カップルはなかなか別れようとはしません。

・それは喧嘩の原因が別れる直接の原因にはなりにくいから

不倫はそもそも我慢することを強いられることがわかりきっており、付き合った時点である程度の覚悟を求められます。

喧嘩の原因は「会えない」「奥さんが気になる」「自分だけを愛してもらえない」といったものが多いのですが、不倫なのだからこれは言ってもどうしようもない事。

普通のカップルならすれ違いや浮気は別れる決定打になりますが、不倫カップルでは別れるタイミングが掴みにくく、ついついズルズルと関係を維持してしまいがち。

そうやってダラダラと関係を継続している内に依存関係になってしまい、ますます別れられなくなる負のループ。

不倫関係の喧嘩なんて何のプラスにもならないのによくやりますよね。

不倫相手と喧嘩別れしたら復縁可能?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫カップルが喧嘩してしまいがちな理由 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。