「奥さんの元に戻る不倫相手の心理 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥さんの元に戻る不倫相手の心理

奥さんの元に戻る不倫相手の心理

不倫男は奥さんのところに戻るのが常

既婚男性と不倫中の女性がつい考えてしまうのが“不倫相手との結婚”ですね。

結婚に夢を抱く女性は多く、また不倫男は離婚の意思をちらつかせて不倫相手の気を引きますから、不倫相手との結婚を期待してしまいがちです。

しかし現実はかなり厳しく、不倫の末に結婚に至るカップルは稀。多くの不倫男はいずれ奥さんの元に戻っていきます

捨てられた女としてはこんな不倫男に心理は理解できないでしょうが、これが現実。

それを知らないから無駄に傷つく事になるんです。今日も暴いていきましょう。

家庭を捨てる気なんてさらさらない?

既婚男性の不倫のきっかけはそのほとんどが“出来心”あるいは“魔がさした”というもの。

妻以外の女性と関係を持ってみたいという好奇心や、日常生活で陥った欲求不満状態を解消できればいいという気持ちで妻以外の女に手を出すんです。

だから、最初から家庭を捨てるつもりなんてなく、「時がきたら(飽きたら)不倫関係を清算すればいい」程度にしか考えていません

当然いつかは奥さんの元に戻るわけです。

子供が大事

妻との関係が冷え切っている男性が不倫に走ってしまう事も多いのですが、夫婦関係が破たんしていたからといってスムーズに離婚できるわけではありません。

やはりネックになるのは子供の存在。

子供がいない夫婦であれば破たんした関係を比較的簡単に清算できますが、子煩悩な男性であれば子供を簡単に放り出すなんてできません。

妻の事はとっくに愛していないけれど、「子供と離れたくない」「子供は何よりも愛している」という男は少なくありません

結局どこまでいっても子供 > 不倫女の構図は変わらないんです。

経済的に厳しい

家庭によって家計管理の仕方は違いますが、お小遣い制の男性にとって不倫はかなり痛い出費。

月に数万円のお小遣いからデート代を出すとなると相当な痛手です。

最初の内はスリリングで刺激的で出費の価値を見出せていても、マンネリになり惰性で付き合うようになれば、あるいは刺激に慣れてドキドキ感が薄れれば出費を渋るのは自然な心理。

奥さんの元に戻るというより、単に金のかかる女を捨てるだけという感覚ですね

また、経済面で余裕のある男性でも金食い虫はその価値に見合わないと思えば捨てたくなるもの。

不倫ってホテル代とか結構かかりますからね。それに見合う女じゃなくなったというだけです。

まだまだあります、次からもっと深く暴いていきましょう。

面倒になった

面倒になった

不倫を隠し続けるのってかなり大変。最初は「バレないかな」という不安にスリルが絡んで気持ちが高まるのですが、それが長く続くと疲れてしまいます。

家庭ではいい夫、よい父親の振りをして、不倫相手の前でもいい恰好をしてという二重生活はいずれ息切れするもの。

職場不倫の場合、会社にバレないように――なんて気も遣います。

そうなるとある日突然やってくるのが「めんどくさい」という感情です

不倫を継続している限り、このめんどくさいという気持ちからは逃れられず、それに気が付いた男が奥さんの元に戻って行くんです。

不倫がバレればもっとめんどくさくなるのは明白ですしね。賢明な判断と言えるでしょう。

不倫男の言葉なんて嘘?

不倫相手の前で奥さんの自慢話をする男なんてまずいません。不倫男が口にするのは奥さんへの不満や愚痴。

時に「夫婦関係はとっくに終わってる」なんて言う男もいます。

でも、この言葉まさか鵜呑みにしていませんよね? 不倫相手が夫婦不仲をアピールするのはその方が不倫女を繋ぎ止めやすいから。

「一番好きなのは君だ」なんて言いながら、実際には妻の方が大事なんです。本当に一番大事に思っていてくれるのならばそれなるの行動はしてくれるはず

離婚は難しくても別居とかね。行動の伴わない言葉は全部不倫男の嘘。

離婚する労力がもったいない

本当に夫婦関係が破たんしていて、心底離婚しても構わないと思っている不倫男がいたとしても、離婚に至るとは限りません。

なぜなら離婚には多大な労力を伴うから。まず、不倫を理由に別れるとなると慰謝料や養育費等の経済的な責めを負う事になりますし、何よりも有責者である夫の意思だけでは離婚は不可能。奥さんがうんと言わなければ離婚できないんです。

不倫を隠して離婚するという方法もありますが、性格の不一致等の不倫の場合は揉める事が多いですし、離婚を切り出す事で怪しまれて浮気調査をされてしまうかも。

下手に離婚なんて言い出せば墓穴をほるだけです。

「そんな労力をかけてまで離婚したくない(今の状態を壊したくない)」、不倫女にはその労力をかける価値がない」というのが大半の不倫男の本音です

それに気が付かずに泣くなんて何とも憐れですね。

すぐに不倫カップルだとわかる特徴まとめ

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

奥さんの元に戻る不倫相手の心理 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。