「不倫に対する罪の意識に苦しむのは当然 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫に対する罪の意識に苦しむのは当然

不倫に対する罪の意識に苦しむのは当然

不倫と罪の意識は切っても切れない

不倫に付き纏うのが罪の意識。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

不倫は倫理に反し、また自分あるいは相手の大事な配偶者を裏切る大きな罪です。だから、その事実や重みに苦しむのは至極当然の事ですよね。

・でも、それがわかっていながら、なぜ人は不倫という愚かな行為に走ってしまうのでしょう――

これは罪の意識(背徳感)が刺激になってしまう為と考えられます。罪の意識が根柢にある不倫は通常の恋愛では得られないスリルと刺激が魅力。

そして、一旦その甘美な罠にハマってしまうとなかなか抜け出す事はできません。今日も暴いていきましょう。

刺激が後悔と罪の意識に変わる時

不倫は甘美な刺激に満ちた恋愛です。決して公にはできない秘密の禁断の恋。それだけでドキドキ感は2割増し。

・でも、この素敵な(だと思い込んでいる)刺激がある日突然後悔にとって変わってしまうのです

その瞬間がいつ訪れるかはわかりません。相手の家庭での姿を垣間見た時、相手の家庭を壊した時、フラれた時、不倫が周囲にバレた時――あるいはアナタが不倫の不毛さに気が付いた時。

それまでの甘美な刺激は消え去り、大きな罪の意識となって圧し掛かってくるのです。

今が良ければそれで良い……そんな刹那的な生き方をするのならご自由に。でも後にどんなに罪の意識に苛まれ、反省しようと、

・不倫という罪を犯した事実は消しようがありません

人生の汚点として一生背負っていくしかないのです。さらに、慰謝料を請求されたり、裁判になったりすれば踏んだり蹴ったりも良い所。

罪の意識に苛まれるだけでなく経済的・社会的にも追い詰められ、孤立し、自分のバカさ加減を呪い、不倫相手の軽薄さを恨む事になるでしょう。

そうなってから、悔い改めても遅いという事は子供でもわかりますね。次からもっと深く暴いていきましょう。

不倫相手と結婚できても


不倫相手と結婚できても

不倫の恋が実る確率はかなり低いのですが、ゼロではありません。

不倫の末に結婚するというカップルももちろんあるのですが、こうしたカップルが幸せになるのはかなり難しいと考えておいた方が良いでしょう。

・なぜか、不倫の末の結婚はより罪の意識を強くしてしまうからです

不倫の末にその相手と結婚すれば当然一つの家庭を壊す事になります。相手に子供がいればその罪の意識はより重くなるでしょう。

また、結婚後に再び不倫をする可能性も大。不倫(浮気)というものは病的な癖であり、平気な人は何度も繰り返します。

相手に不倫(浮気)されて初めて、元奥さんあるいは元夫の立場に立って物事を考えられるようになるものです。

・その時になって初めて自分の行為が配偶者を苦しめていたか――身をもって知る事になるのです

でもそこでいくら罪の意識を感じ、反省しても時間は戻りません。後悔先に立たずなんです。

罪の意識を一生背負う覚悟はある?

不倫は多くの人の心を傷つけます。

そして自分も傷つく事になります。誰が不幸になろうと関係ない、今が幸せならば良い、そう思っている自己中で刹那的な不倫女も多いですが、そんな生き方では後に追い詰められるだけです。

・不倫の過去は消す事ができません。いざアナタが結婚しようとしたとき、結婚前の調査でバレてしまうなんていう可能性もあります

上手く隠し通して結婚できたとしても墓場までその秘密を抱えておかねばならないというのはかなり苦しいものです。

しかし、結婚後に不倫の過去がバレれば遺恨となる事は必至。結局どう転んでも心から結婚生活を楽しむ事はできず、一生罪の意識に苛まれ続けるしかありません。

アナタが望んでいるのはそんな未来ではないはず。罪の意識を一生背負って生きていく覚悟がないのなら、不倫に手を出すのは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫に対する罪の意識に苦しむのは当然 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

他人の粗探しばかりする癖を直す方法
Writer by Shinnoji_ura 仕事/人間関係コラム

粗探しばかりする人への対策と癖を直す方法

「あなたは人の長所をうまく見つけることができますか?」恐らく、この質問に自信を持って「イエス」と答えられる人は少ないでしょう。何事においても良い事よりも悪い事の方がインパクトが強く、人は長所よりも短所の方が目についてしまいがちです。