「不倫関係解消は自然消滅が一番良い方法 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫関係解消は自然消滅が一番良い方法

不倫関係解消は自然消滅が一番良い方法

考えるべきは不倫解消、そして綺麗な別れ

現在の不倫相手との関係解消を望んでいる女性の皆さんこんにちは。あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

不倫をする、ということは大きなリスクを負うことです。不倫は、してはならない事ですが、してはならないからこそハマるもの。不倫の味をしめたらやめられなくなるのは、ある意味では当然の事です。

・でも、考えなければならないのは「別れ」の瞬間です

不倫でなくとも、恋愛にはいつか終わりがやってきます。不倫の場合は、結婚という形でその関係に終止符が打てることは殆どありません。いや、まずないと考えていた方がいいでしょう。

今日はそんな、不倫関係依存になってしまったアナタが綺麗に不倫関係を解消する方法論を暴いていきましょう。

不倫は依存度が高い盲目の愛である

表題の通り、不倫は依存度が高い恋愛です。背徳感・罪悪感といった胸がちくりと痛む感覚が病み付きになることも少なくありません。

不倫だからこそ感じられる後ろめたさは、普通ならばかなり苦しいはずですが、不倫にハマっているとこれは媚薬のように逆に恋愛感情を高めてしまいます。

なので不倫は綺麗には終われない

真っ当な恋愛の終わりは人それぞれですが、不倫の場合、円満に解決したという例は極端に少ないものです。

大抵は、どちらかがごねて泥沼化したり、

・相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されてしまったり

中には、不倫相手がストーカー化して警察沙汰になったりすることもあり、別れるだけでも大変です。

もちろん、普通の恋愛関係においても、綺麗に別れるのは難しいものですが、不倫となると更にハードルが上がり、離れるのが難しくなります。

不倫は「弱み」を共有する関係である

アナタが普通の感覚で読んでいただいているのであれば、不倫の別れ話をスムーズに進めるのは至難の業と言える事はお分かりいただけたかと思います。

何故なら、

・不倫はその行為自体が大きな弱みになるから

です。不倫は世間一般にとっては許されない行為であり、不倫をした事実は大きな汚点となります。職場や友人、家族などにその事実を漏らされると、事態がかなり大きくなってしまうことも大いに考えられます。

そのため、下手に別れ話を切り出すと、「バラすぞ」と脅されることが多いのです。不倫はどんなに軽い気持ちであっても、

・人の人生を壊すだけの負のパワーを持っています

不倫をするという事は、それだけで相手に弱みを握られてしまう事になるのです。

不倫相手は逃がさないという「狩猟心理」

不倫にハマる人は逃げる者を追う気質が高い傾向にあります。そもそも不倫は、その関係自体が手に入りにくいものです。不倫関係を求める人は、手に入りにくいものに対して、より一層のやる気を持って臨みます。

・その方が目的としている不倫関係を手に入れた時の喜びが大きい、これは間違いありません

そして、手に入れたものは何としても逃がしたくない、そう感じるのです。自分から逃げようとすると、

・どうでもよかったはずのものでも追いかけたくなってしまう

のです。だから、不倫相手に真っ向から別れ話をしても、絶対に通用しません。逃げるのなら、相手が気が付かないように、そっと逃げるべきなのです。さて、アナタは逃げられますか? 次からもっと具体的に考えてみましょう。

時間をかけて自然消滅を狙う


相手から連絡が無くなったら不倫解消のチャンス

不倫で泥沼になりたくないのであれば、別れの方法は、

・自然消滅一択です

ただ、相手が自宅を知っていたり、職場が同じだったりするといきなり音信不通というわけにもいきません。自然消滅を狙うには、少しずつデートや連絡する頻度を落としていくようにし、徐々の距離を取るほかありません。

不倫というのは、一歩下がって、冷静に見てみると非常に滑稽でいびつなものであるというのがわかります。自然消滅は徐々に距離を取っていくため、

・自分の置かれた状況をゆっくりと把握することができる最良の方法です

いきなり別れ話になると感情が昂ぶったり、パニックになったりして、よりいびつな関係にすがってしまうことになりかねません。ドラマチックな展開が大好きな不倫女は、そうなると不倫からは抜け出せなくなってしまいます。

相手から連絡が無くなったら不倫解消のチャンス

恋愛中、相手から連絡がないと不安になってしまいますよね。不倫だと尚のこと、バレたんじゃないか、とか色々と余計に想像してしまいがちです。でも、

・相手から連絡が無い時が不倫から脱脚する最大のチャンスです

連絡が取れないのは辛いですが、それもしばらくの事。自分たちの不倫関係がいびつなものであり、また何の実りもない不毛な関係だと気付くことができれば、関係を終わらせることができます。

不倫の場合、男は自分から別れようとは言いません。なぜなら、

・不倫関係の女は都合がいい女だから。自分が大きな弱みを握っており、会いたい時だけ会え、責任は取らなくていい、そんな女をみすみす逃がすはずがないのです

本当に自分の事と不倫相手を思っているのであれば、不倫なんて中途半端な関係をそのままにしておくはずがありません。

だから、不倫を止めたいのであれば、自分から連絡をしない事です。徐々に連絡を取らなくなる事で、お互いの依存もなくなり、相手に固執する感情も薄れていくことが殆どです。そうやって自然消滅した関係は復縁しにくい為、なお良いでしょう。

不倫関係は再燃しがちですが、相手を完全に断ち切るには自然消滅が一番いい方法なんです

不倫関係に背徳感を感じていながらまだ不倫女を続けているアナタ。今もお相手と秘密裏に連絡を取り合っている様ですが、関係解消する時はどうするんですか?

不倫相手からの連絡が途切れたら黙って身を引く時

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫関係解消は自然消滅が一番良い方法 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。