「キスだけの不倫は許されると思う? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キスだけの不倫は許されると思う?

キスだけの不倫は許されると思う?

不倫はどこから?

キスフレ、等と言う言葉が流行りつつありますが、それが彼氏持ち、あるいは彼女持ち、妻子持ちの男女がしていたら、アナタはどう見ますか? こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

不倫の線引きは実は少し曖昧です。

一般的に不倫に当たる「不貞行為」とは、セックス(肉体関係)を指し、一度でも肉体関係を持てば不倫は確定。

この場合はどうあがいても言い逃れはできません。

・しかし、キスやデートのみとなるとこれを不倫とするかどうかは若干難しくなります

基本的にキスやデート止まりで、肉体関係が立証できない場合には離婚裁判では不貞行為と認められないというケースが大半です。

ただし、これ実はケースバイケースで判断されるもので、実際に裁判では肉体関係のないデートのみの関係が不倫と認定された事もあります。

その為、キスだけだから不倫にならない、とは言えないのです。

当然キスでも常習性があり、配偶者が不倫だと主張すれば不倫認定される可能性は十分にあり、配偶者およびその不倫相手に慰謝料を請求する事ができます。

セックスしてないから大丈夫、その考え甘すぎますよ。今日も一緒に暴いていきましょう。

ソフレ・キスフレなら大丈夫?

さて、最近ちょっと話題になっているのが「ソフレ」「キスフレ」という存在。

ソフレとは「添い寝フレンド」の事で、「キスフレ」は「キスフレンド」の事

肉体関係は持たずに、一緒に添い寝したり、ハグしたり、キスしたり……普通の友達よりも距離が近く、しかし一線は越える事がない、そんな関係ですね。

女性は、セックスよりもそれに至る過程やキス、ハグのほうが好きという人も多いので、こうした中途半端とも思える存在を欲しがる人も多いもの。

・一線を越えていなから当然不倫にはならない

「フレンド」だし割り切った関係だから……そんな風に考えている人が多いようです。

・しかし、このソフレ・キスフレをどう解釈するかは実は当事者ではなく、配偶者(あるいは恋人)の問題です。

不倫の線引きというのは基本的に「不倫(浮気)される側」が決定するのが基本。

二人で出かけるだけでアウトというケースもあるのですから、当然ソフレやキスフレなんて不倫認定されても文句は言えませんよね。

自分の夫が他の女とキスしても平気?

自分の夫が他の女とキスしても平気?

不倫女は総じて自己中で自分が最優先、自分の感覚でしか物事を見る事ができません。

だからつい自分勝手な理論で、キスまでなら(セックスしなければ)大丈夫なんて勘違いしてしまうんですよね。

でも、もし自分が妻の立場だったら?

・夫が外でほかの女とキスしているのを「キスまでならしょうがないね~」なんて許す事ができるでしょうか?

もし夫が「キスしかしてないから不倫じゃないよね」なんて言って、納得できるのでしょうか?

不倫に走る女は頭がちょっと軽くて、想像力が足りず、自分にとにかく甘いので客観的に事象を見る事ができず、つい自分の感情で自分の都合の良いように理屈を組み立ててしまいます。

でも、それは実は屁理屈。「キスだけだから不貞行為には当たらない」なんて大間違いです。

不倫=セックスなんて単純にしか考えられないなんて、ちょっと短絡的すぎますよね。

どこまでならOK?

「だったらどこまでならOKなの?」そんな風に考えている人もいるかもしれませんが、

そもそも既婚者が不倫の線引きを考えながら人と付き合う時点でアウトです

不貞行為の確固たる線引きは性行為ですが、気持ちはそう簡単に割り切れるものではありません。

理念に則った原則としては、やはり配偶者を不快にさせるような行為に及んだ時点でそれは大きな裏切りになり得ます。

・つまり、その行為に「下心」がある以上、法律的には咎められなくとも感情的には責められても仕方がないという事です

たとえば、自分の夫もしくは彼氏が下心見え見えで女の子と食事に行くとしたら――これを不快に思わない女はいないでしょう。

どこまでならOKなのか?

そんな事を考えるのは、恋人を裏切る事なく美味しい思いをしたい――そんな風に考えていなければ出てこない考え方です。

しかし、そんなに虫の良い話はありませんよね?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キスだけの不倫は許されると思う? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手に夢中になってしまう女の特徴
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手に夢中になってしまう女の特徴

不倫なんて無益な恋愛をズルズルと引きずっている女を見ると憐れになりますよね。不倫に夢中な女にとっては、相手が運命の人であり不倫は最高の恋愛。こうなると周りが何を言っても聞く耳は持たず、手に負えません。

友達の旦那が羨ましい、浮気したい女性の心理
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

友達の旦那が羨ましい、浮気したい女性の心理

女性にとって友達の旦那さんはちょっと気になる存在。でも、友達の旦那が“友達が羨ましくてたまらない”、“友達の旦那と恋愛関係になりたい”と度を越えた感情を抱いてしまうのは問題。

不倫相手と別れるべき瞬間まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手と別れるべき瞬間まとめ

不倫恋愛が悲惨な結末に至るのは多くのカップルが別れ時を見誤るから。「まだ大丈夫だろう」とか「こんなに楽しいことやめられない」なんて思っている内に事態が明るみに出て、悲惨な末路を辿ってしまいます。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

W不倫から結婚まで行き着く女性の特徴

不倫関係はズルズルと関係が続き、先が見えないのが常。結婚したいとは思っても、その前に通常の恋愛にはない“離婚”という障壁があるため、なかなか結婚(再婚)には至りません。W不倫ともなれば双方が離婚しなければならないため、結婚に行き着く人はなお一層少なくなります。

彼の奥さんに嫉妬しても無駄という話
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼の奥さんに嫉妬しても無駄という話

不倫相手の奥さんに対する嫉妬に悩む不倫女は数多くいます。当人は自分が悲劇の主人公にでもなったつもりなのか、嫉妬に悩む自分を大げさに嘆きますが、そんな自己陶酔気持ち悪いだけ。実際、不倫相手の奥さんに嫉妬をしても、誰も同情なんてしてくれません。