「不倫がバレても開き直る女の神経とは 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫がバレても開き直る女の神経とは

不倫がバレても開き直る女の神経とは

不倫がバレたら

マナーを守らないと人を注意すると逆切れされて開き直られた、そんな経験、ありませんか?こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

不倫は社会倫理から考えれば決して許される事ではありません。後ろ指を指されても仕方がないですし、自分自身の行いを省みるべきですよね。でも中には、

・「不倫のどこがいけないのか」
・「他人には関係ない」
・「純愛を邪魔するな!」

なんて、不倫がバレた時になぜか開き直ってしまう、神経を疑いたくなるような不倫女も沢山います。こういった開き直りはどんな心理から生まれるのでしょうか。今日も暴いていきましょう。

世界は自分を中心に回っている

不倫をする人は基本的に自己中です。

自分、もしくは相手の家庭を壊すリスクよりも、自分の恋愛感情や快楽を優先しているのですから、自己中じゃないなんていう反論は無意味です。

不倫女の世界は常に自分が中心で自分のやる事は全て正当化されているんです

だから、不倫や浮気をする女は、それがバレた際に「寂しかったから」「構ってくれなかったから」なんて自分を正当化する理由を探して、夫や彼氏に責任を負わせようとするのです。

・自分の行いは常に正しい→だから開き直る

この考え方は実に単純でわかりやすいですよね。

開き直る女は不倫を美化している

不倫がバレて、開き直る女は不倫の恋を美化しています。

配偶者の存在が障害となる不倫では、障害がある事が逆にスリルと興奮を与えてしまいます。

不倫のスリルと興奮は罪悪感や背徳感から生じるものなのですが、当事者の間ではこれを単純な愛情と勘違いしてしまいがちです。

不倫で得られる興奮は特別なもので、通常の恋愛では味わえない快楽がある為、つい「これは運命的な恋だ!」なんて勘違いして美化してしまうんです。

・実際には不倫の興奮はドーピングで得ているようなものなのですが、不倫の恋を本物と思ってしまう女は、「悪い事は何もしてない!」と開き直ってしまうんですね。

自分が一番愛されているという自信や、不倫相手の甘い言葉は女の開き直りを助長してしまいます。

不倫関係がバレて開き直るタイプの女性はこのように著しくリテラシーが低い事が共通点です。次からもっと深く考えていきましょう。

バレるのなんて怖くない!?


バレるのなんて怖くない!?

不倫がバレて開き直る女の多くは不倫を軽く見ています。自分は愛されている、そう思うのは勝手ですが、

・それを根拠に開き直っていると痛い目に遭う可能性が高いんです

もし自分の配偶者が不倫女に盗られたら、そしてその女が開き直っていたら、カチンとくるのは当然です。

・慰謝料や社会的な制裁を加えてやりたい、潰してやりたい、という気持ちになるはずです

自分の行為を認め、それを正当化して開き直るのは簡単ですし、気持ちも楽になります。でも不倫の場合は、開き直る事は得策ではありません。

・開き直った不倫女は周囲からは「恥知らず」「常識がない」なんて白い目で見られるのは必至ですし、制裁も重くなります

残念ながら、開き直る不倫女はこれをわかっていないのです。

強がりで開き直って見せる女

不倫女の中には強がりで開き直ったように見せかける女もいます。不倫は実りのない悲しい恋愛と自分自身が重々わかっているからこそ、それを誤魔化すために強がって、周囲には敢えて開き直って見せます。

完全に開き直ってしまっている不倫女は疑いたくなるほど神経が図太いものですが、強がる不倫女はその逆で神経が細く、弱いんです。

そして弱いからこそ、自分が傷つかないために敢えて開き直り、平気なふりをします。でも強がって開き直っても、

・それが報われる事はなく、開き直れば直るほど、辛い状況へどんどん自分を追いやってしまうってわかっていますか?

だから、弱い女は不倫をしてはいけません。

神経が図太く、自己中で、物事を深く考えず、恋愛体質で鈍感な女でないと不倫の痛みには耐えられません。開き直ったポーズをする女なんて、実際には痛々しくて見ていられないものですよ。

開き直りもほどほどに

人生の障害の中には、開き直ってしまえば意外に簡単に乗り越えられるものが結構あります。

だから、不倫のトラブルや辛さを開き直って乗り越えようとする人は結構多いんです。

でも、不倫の場合はまず「倫理違反」という大きな過ちがあるために、下手に開き直ると周囲からは侮蔑の対象となってしまいます。

・周囲の目なんて気にしないというのであればご自由に。不倫をするのは自己責任ですのでご勝手に

ですが、無用な波風を立てたくないのであれば、上手く世渡りをする方法も考えてみるべきです。

開き直る癖のある人は気を付けておかないと、開き直りが原因で大きな痛手を負ってしまうかもしれませんよ、外面的な痛手だけでなく、人生的な痛手も含めて、ですね。それでもまだ開き直りますか?

不倫は誰が悪者なのか分かりますか?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫がバレても開き直る女の神経とは が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。