「ファッションレズが嫌われている理由 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

同性愛/レズコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションレズが嫌われている理由

ファッションレズが嫌われている理由

なんちゃってレズビアン

最近ちょっと目につくようになったのが「ファッションレズ」な女性たち。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

・ファッションレズとは、本当はレズでないにも関わらずレズのふり(レズ紛いの行動)をする、いわゆるなんちゃってレズビアン。

一部ではファッションレズをかっこいい、モテると勘違いしている人もいるのです。

が、傍から見るとファッションレズなんて醜くて浅ましいだけ。かっこいい、モテるなんて思っているのは当人だけ。今日も暴いていきましょう。

ファッションレズの自意識

ファッションレズは一言で言ってしまえばかまってちゃん。

レズを演じる裏には「自分はその辺の女の子とは違う」「男にほいほいついていくような軽い女じゃない」というアピールが込められています。

・人とは違うふりをする事で目立ちたい――その手段として「男嫌い=レズ」を演じてしまうんです

ファッションレズはそもそも自意識過剰気味で、自分が常に人から注目されていると思い込んでしまっている節があります。そして自分の存在が埋もれ、無視される事を恐れているんです。

でも正直こういう自意識過剰な人間って付き合いづらいんです。

ファッションレズがモテる、は大嘘

ファッションレズの中には、レズを気取っていればモテるという間違った認識をしている子もいます。これは男性が「百合」とも言われるレズビアンの関係を好むと思い込んでいるからです。

確かに、百合というジャンルは一定の人気があります。宝塚歌劇などの男装の令嬢を見て「かっこいい!」と憧れ目指してしまう事もあるかもしれません。でも、百合や宝塚は漫画や小説、ドラマ、宝塚という舞台だから人気があるだけで、現実において広く受け入れられるものではありません

また男性はレズビアンの時点で恋愛対象から外してしまうので、モテるためにレズを気取るというのは、むしろ逆効果。現実の一般社会では、ファッションレズは確かに目立ちます。

・が、それは「悪目立ち」である事がほとんど

周囲は「痛い人だなぁ」なんて冷めた目で見ているのです。次からもっと深く暴いていきましょう。

レズを怒らせる似非レズ

レズを怒らせる似非レズ

ファッションレズの存在は、本当のレズビアンにとっては害悪でしかありません。

レズを気取って人の気を惹いておいて、実際はノンケでレズとの関係を受け入れられないなんて、レズを馬鹿にしているとしか思えない行為です。

・こういった似非レズが厄介なところは、自称レズを名乗っていながら、いざという段階(告白やキス)になってから自分がレズである事を否定し始める事です

「そんなつもりはなかった」なんてレズの気持ちを踏みにじるのもいい所。特にレズビアンは自分の性癖に悩み、苦しんでいる人も多いので、ファッションレズの薄っぺらい行為は余計に神経を逆なでしてしまうのです。

結局、ファッションレズなんて自己満足を得たいエゴイストの浅はかな行為でしかありません。人の気持ちを考える事も、状況を判断する事もできないKYで迷惑な似非レズなんて、嫌われても仕方ありません。

ファッションレズは自信がない事の裏返し

ファッションレズを気取っている人間は自意識過剰な傾向にあるのに自信は過小気味。自分に自信がなく、だからこそレズのふりをして体裁を整えようとするんです。

・「自分から男性にアプローチする勇気がない」「異性からモテない」だからレズのふりをして自分は「男に興味ない」なんてスタンスを取って自分を擁護しようとするんです

自信がないから自分を偽り、大義名分を作って自分に不利な状況を隠す――なんともまぁ浅薄な精神です。

ファッションレズ本人はそれでうまくやっているつもりかもしれませんが、自分に自信がない上に性癖まで偽って言い訳を探すような人間が魅力的なわけがありません。

・なぜレズを騙らなければならないのか? ファッションレズの一番の問題は、自分を偽らなければならないメンタルです

人から好かれないのもモテないのもその歪んだメンタルのせい。それを改めなければ一生自分を偽った恥ずかしい姿で生きていく事になってしまうのです。

不倫相手に愛されたいと願うのは罪なのか?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ファッションレズが嫌われている理由 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手に夢中になってしまう女の特徴
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手に夢中になってしまう女の特徴

不倫なんて無益な恋愛をズルズルと引きずっている女を見ると憐れになりますよね。不倫に夢中な女にとっては、相手が運命の人であり不倫は最高の恋愛。こうなると周りが何を言っても聞く耳は持たず、手に負えません。

友達の旦那が羨ましい、浮気したい女性の心理
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

友達の旦那が羨ましい、浮気したい女性の心理

女性にとって友達の旦那さんはちょっと気になる存在。でも、友達の旦那が“友達が羨ましくてたまらない”、“友達の旦那と恋愛関係になりたい”と度を越えた感情を抱いてしまうのは問題。

不倫相手と別れるべき瞬間まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手と別れるべき瞬間まとめ

不倫恋愛が悲惨な結末に至るのは多くのカップルが別れ時を見誤るから。「まだ大丈夫だろう」とか「こんなに楽しいことやめられない」なんて思っている内に事態が明るみに出て、悲惨な末路を辿ってしまいます。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

W不倫から結婚まで行き着く女性の特徴

不倫関係はズルズルと関係が続き、先が見えないのが常。結婚したいとは思っても、その前に通常の恋愛にはない“離婚”という障壁があるため、なかなか結婚(再婚)には至りません。W不倫ともなれば双方が離婚しなければならないため、結婚に行き着く人はなお一層少なくなります。

彼の奥さんに嫉妬しても無駄という話
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼の奥さんに嫉妬しても無駄という話

不倫相手の奥さんに対する嫉妬に悩む不倫女は数多くいます。当人は自分が悲劇の主人公にでもなったつもりなのか、嫉妬に悩む自分を大げさに嘆きますが、そんな自己陶酔気持ち悪いだけ。実際、不倫相手の奥さんに嫉妬をしても、誰も同情なんてしてくれません。