「両親にレズビアンを告白する?しない? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

両親にレズビアンを告白する?しない?

両親にレズビアンを告白する?しない?

レズビアンはカミングアウトすべき?

レズビアンをはじめ、LGBTの人が最も悩むと言われているのがカミングアウトですよね、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

自分が性的マイノリティである事を告白するのは非常に難しく怖いものです。もし、受け入れてもらえなかったら、拒絶されたら――そう考えるとなかなか告白する事は出来ません。

・それが特に両親への告白となると、なかなか踏み切れないという人も多いでしょう

でも、一生カミングアウトせずに隠して生きていくというのも大変ですよね。告白するにしてもしないにしても、そこにはかなりの葛藤がある事は間違いありません。今日も暴いていきましょう。

親の理解は得にくいもの!

自身の子供がレズビアンであると発覚すれば、両親は大きいか小さいかはさておき、とりあえずショックを受けるのは間違いありません。

結婚しているという事は両親は同性愛者ではない(バイセクシャルの可能性はありますが……)という事ですから、これは当然の反応です。

最近はお姉キャラの芸能人の露出も多く、それなりに理解があるように見える親でも、自分の子供の事となると話は別だったりします

カミングアウトすれば戸惑うのは間違いありません、場合によっては受け入れる事ができずに勘当されてしまう可能性も……。

ただ、小さい頃からずっとアナタの事を見ている親ならば、子供の性倒錯に気が付いているかもしれません。親がある程度覚悟している場合は、カミングアウトを受け入れてもらいやすいかもしれません。

受け入れるべきだとわかってはいても

世の中には自分の子供の性癖を黙って受け入れ、尊重すべきと考えている親も多くいます。

・でも、いざカミングアウトとなると混乱してしまい、なかなか理想通りには振舞えなくなるものです

自分が産んでおいて理解してくれないなんて酷い、なんて思うかもしれませんが、それだけ我が子がレズビアンであるという告白は衝撃的なんでしょう。

だから、すぐに理解してもらうのはかなり難しいはずです。娘の花嫁姿や、孫の誕生を心待ちにしている親御さんにとってはこの告白はかなり辛いものになってしまう事は間違いありません。

じゃあカミングアウトしなかったら?

自分がレズビアンである事を隠したまま生きていくという選択肢ももちろんあります。

カミングアウトしなければ親は傷つく事はない――そう考えがちですが、思わぬところでバレてしまう可能性もあります。

彼女と一緒にいるところを目撃されたり、レズビアンである事が噂になってしまったりすれば、いずれはバレます。カミングアウトでなく、第三者から娘がレズビアンである事を知らされる――そうなれば冷静に話し合う事は難しいでしょう。

・それに自身の性倒錯を隠したままだと「結婚はまだか」「孫はまだか」と言われ続ける事になります

親がお見合いをセッティングしてしまったり、娘の代わりに婚活を始めたりするとそれはそれでかなり厄介。レズである事を告白せずに過ごす“事なかれ主義”も貫き通すのは意外に大変なんです。次からもっと深く暴いていきましょう。

カミングアウトに必要なもの


カミングアウトに必要なもの

LGBTに対する理解は徐々に深まってはきていますが、偏見がなくなったとは言えません。

拒絶され、罵倒され、時には勘当される可能性がある告白をする為にはものすごく大きな勇気と覚悟が必要ですし、そしてその告白を親が理解し、受け入れるためには時間が必要です。

・どんなに理解がある親であっても、自分の子がレズビアンであるという事を受け入れるためには多少時間がかかるでしょう

同性愛に偏見がある親ならかなりの時間を必要とするでしょうし、もしかしたら受け入れてもらえないかもしれません。

しかし、どこかで告白しなければアナタは一生親を偽り、本当の自分を隠して生きなければなりません。親にとって、どちらが幸せかはわかりません。どうしても娘の性癖が受け入れられない親は、もしかしたら「一生黙ったままでいてほしかった」と思うかもしれません。

でもそれは、カミングアウトしてみなければ、実際の親の反応はわからないというのが正直なところ。

でもアナタの人生はアナタのもの。親に何と言われようがレズビアンである事は変え難い事実ですし、親の事ばかり考えていては前にはなかなか進めません

両親へのカミングアウトは簡単な事ではないので、すべきであるとは言いません。でも、自分に正直に生きていける道を選んだ方が前向きに、そして楽に生きられると思いませんか?

レズビアンである事は恥ずかしいのか?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

両親にレズビアンを告白する?しない? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。