「束縛し過ぎるレズの特徴と心理 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

束縛し過ぎるレズの特徴と心理

束縛し過ぎるレズの特徴と心理

束縛する女の特徴

難しいテーマですが、本日から同性愛についてもコラムを執筆していきたいと思います、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

レズビアンでもバイセクシャルでも、異性愛者でも、束縛が激しい女に共通しているのは自分に自信がないという事です。

自分に自信がなく、ちょっとした事で相手が自分から離れてしまうかもしれない、あるいはこの人に逃げられたら次に付き合ってくれる人はいないかもしうれない、そういった不安があるからこそ、相手の行動を縛りつけ、気持ちを量るような事をしてしまうんです。

・もちろん、全く束縛しないというのもそれはそれで問題ありなのですが、束縛が激しいとその内相手が疲れて離れて行ってしまう事になりかねません

こうした相手の事を慮れないのが束縛女の特徴です。

自分を愛しているのなら我慢できるはず、なんて無理を強いていれば相手が疲弊して気持ちも冷めてしまって当然です。

束縛のきつい女は自己中で自分に甘い恋愛至上主義者なので、自分の為なら相手が何でもしてくれる上に、自分が何をしても許してくれると思ってしまいがちで、そしてそれが愛されている証拠だ、なんて勘違いしてしまいます。

開き直っている人も多いですが、改めないと好きな人が離れて行くのも時間の問題です。今日も暴いていきましょう。

レズの束縛

同性愛のカップルは異性愛カップルに比べて束縛が激しくなりやすいという傾向にあります。

これは異性愛のカップルに比べて身近に恋愛対象となる同性の友人・知人が多い為です。

レズの場合は女友達との付き合い方にはらはらし、ヤキモチを妬くなんていう事も多いので、自然と束縛してしまう傾向にあります

また、同性愛カップルは人の目を気にする事が多く、外でカップルらしく振舞うのが難しかったりしますよね。

そして、カミングアウトできずにフラストレーションが溜まってしまう事が多く、女友達と出かけるといったちょっとした事がきっかけとなってフラストレーションが爆発してしまう事もあります。

・別に恋人を束縛しているわけではないのですが、相手にはなかなか本意は伝わりません。

もやもや→爆発なんていう事を繰り返していると、その内「束縛きついな」なんて相手の気持ちが冷めてしまうかもしれません。次からもっと深く暴いていきましょう。

告白した方が束縛するケースが多い


告白した方が束縛するケースが多い

恋愛は惚れたが負けとはよく言ったものです。特に何度も告白してOKしてもらった場合は、

・どうしても「付き合ってもらっている」といった感があり、告白した方が立場が下といった感覚に陥ってしまいます

特にレズのカップルで相手がノーマルな女子もしくはバイセクシャルの場合、妥協してもらったと思ってしまう人も多いです。

「男から口説かれたら離れてしまうのではないか」「自分は遊びではないのか」といった不安を抱えている人が多いんです。

だから、つい相手の行動を気にし過ぎて束縛してしまうんです。

・あるいは「付き合ってもらっている」という負い目があるが故に、相手の行動を一切束縛できず、浮気でも何でも好き勝手やらせてしまうという女もいます。

束縛して嫌われたくないという心理なんですね。でもそんな恋愛、上手くいくとでしょうか。

束縛は適度に

相手を失いたくないという不安から過度な束縛に走ってしまう女は多いですが、行き過ぎると相手のフラストレーションが溜まるだけです。

束縛=愛されている証拠だと感じるのなんてせいぜい初めのうちだけですし、過度な束縛は関係を破たんさせるだけです。

しかし全く束縛しないというのも困りもの。愛されていないのかもしれないなんて逆に不安になってしまう人もいるんです。

特にレズの場合は普通のカップル以上に愛情表現をきちんとしなければ、その気持ちは伝わりません

女は愛されたいという思いが強いのですが、お互いがそれを望むだけで気持ちを伝える努力をしなければ、二人ともが「本当に愛されているのか」と悶々とした日々を過ごしてしまう事になりかねません。

そういった意味でレズカップルにとって束縛は有効な愛情表現の手段なんです

ちょっとした駆け引きと過度になりすぎない愛情表現がレズの関係を無理なく継続するコツなんですが、この力加減がちょっと難しいんですよね。

とりあえず、勝手に携帯をチェックしたり、1日に何十通もメールやLINE、電話での会話を義務付けたり、女友達のLINEをブロックしたり、1日の予定を逐一報告させたり……なんていうめんどくさい女になる、というのとは話は違います、束縛も有効ですが、レズカップルの皆さんは、ちゃんとした縛り方でいきたいですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

束縛し過ぎるレズの特徴と心理 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。