「素の自分が出せない事で損を人生損する 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素の自分が出せない事で損を人生損する

素の自分が出せない事で損を人生損する

素の自分出せてますか?

人は年を取るごとに「人に見せる自分」を作り上げていくものですよね。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

赤ん坊のように感情のままに人と接する事は不可能で、外ではみんなある程度自分を作り、演じています。

それ自体は悪い事ではありませんし、むしろ社会に適応するためには大変重要な事です。

・ただし、あまりに自分の素を出さずに殻に閉じ籠ってしまうと人生損をしてしまう事の方が多くなります

アナタは素の自分を人前で出す事ができますか?「嫌われたくない」とか「浮いたらヤダ」なんて考えていると余計に生きづらくなってしまうかもしれません。今日も暴いていきましょう。

人前で感情を抑制し過ぎると

人前で感情をある程度抑制するのは仕方がない事です。

愛想笑いを振りまきながら、怒りや苛立ちを抑え、泣くのを我慢する――大人になれば誰もがやっている事。

・ただし、これが行き過ぎると人前での感情を出すのがどんどん怖くなり、自分の中に鬱憤を溜めこんでしまいます

たとえば、苦情を言うべきところをぐっと飲み込んでしまったり、泣きたいほど辛い事があっても人前では強がってしまったり――。

感情に任せて怒鳴り散らしたり、泣き喚くのは見苦しいものですが、それ以上に縮こまって内向きに生きるのは見ていて痛々しいものです。

・そして、人前での感情を抑制し過ぎるとその内に人前での感情の表し方が自分でもわからなくなってしまいます

終いには鬱屈を溜めこんで精神を病んでしまったり、その鬱屈が臨界点に達して爆発し、人前で大恥を曝してしまうリスクがある事を頭においておきましょう。

接する方もめんどくさい

素の自分をなかなか出さない人というのは正直ちょっと扱いにくいものです。

・嫌われたくない、変な目で見られたくないと自分でバリアを張って、深入りを避けていますが、それでは相手も同じようにバリアを張ってしまいます

相手がせっかく話を振ってくれても、当たり障りのない優等生の回答しかできない。

結果、克服しがたい距離が生じてしまうのです。「人見知りでなかなか友達ができない」のは普通ですが、

・「いつまで経っても友達ができない」のは素の自分を守りすぎているからかもしれません

素のアナタがわからなければ、どんなに人間関係を築くのがうまい人でも話を振るのは億劫で苦痛になってしまいます。次からもっと深く暴いていきましょう。

信頼できる人がいるだけで全然違う


信頼できる人がいるだけで全然違う

もちろん、誰にでも心を開けなんて言うつもりはありません。

素直過ぎる人は傷つきやすいですし、逆にあけすけすぎても付き合いにくいもの。

要は適度な距離感がつかめない人はうざいという事ですね

ただ、この距離の測り方というのは経験や感覚で得るもので、そう簡単に距離感を掴めるわけではありません。

だから、まずは一番信頼できる人に素の自分を見せる事を意識するべきです。家族、友達、恋人――信頼できる人、付き合いの長い人であれば、多少失敗してもリカバリできるはずです。

・それに、信頼できる人に対しても素の自分を見せないままでは、相手の心は離れてしまうかもしれません

完全に心が離れてしまうと本当に孤立してしまいます。

もし、信頼できる人がいないのであれば、専門家(カウンセラー、心療内科医等)に相談してみるのも打開策の一つです。

素の自分を閉じ込めてしまうとそれを開放するタイミングを一生逸してしまいかねません。

素の自分が嫌い?

素の自分を出せないのは、自分自身が「素の自分」を嫌っている、あるいは恐れているからです。

素の状態を自分自身が愛せない、変だと思ってしまっているので、人前に出す事ができない。

でも、それを隠し取り繕って生きても結局はボロが出ますし、バリアを張ったままではいい人間関係は築けません。「なんで自分は人とうまく付き合えないのか」なんて一人で寂しく劣等感に苛まれながら惨めな人生を生きる羽目になるのです。

長期間閉じ込めていた素の自分を出すのは確かに恐ろしい事でしょう。失敗して人間関係にひびが入る事もないとは言えません。

・でもそうやって怖がっていては一生自分の殻に籠っている事しかできなくなってしまいます

人生やり直すのであれば少しでも若い方が有利です。

年を取れば取るほど自分はどんどん出せなくなってしまいます。孤独で惨めな人生を送りたくないのなら即刻無用なバリアなんて取っ払ってしまうべきです。

女友達が嫌いなら、絶交絶縁してしまいましょう

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

素の自分が出せない事で損を人生損する が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。