「恋愛において勘違いする痛い女性まとめ 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

独身女性コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛において勘違いする痛い女性まとめ

恋愛において勘違いする痛い女性まとめ

アナタは勘違い女になってない?

恋愛って当事者からすればほんとに楽しいものですが、傍から見れば痛々しく映る事もしばしば。特に「勘違い女」ほど痛いものはありませんよね。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

もちろん、勘違いする事は誰にでもある事ですし、勘違いさせるような言動をとる男性もいますのである程度は仕方がない事もあるのですが、あまりにも痛い女は同情しようにもしきれません。

・それに本人が周りから勘違い女だと言われている事に気が付けば恋愛に対して恐怖心が芽生えたり、人から笑われた事がトラウマになってしまって次の恋愛に進めなくなってしまうかもしれません

そう考えると自分が勘違い女になってしまうのはできるだけ回避したいものですよね。では、どういう女が「勘違いな痛い女」になってしまうのでしょう? 今日も暴いていきましょう。

自意識過剰の勘違い女

勘違い女の筆頭に挙げられるのがこの「自意識過剰な女」異性の視線を気にし過ぎて言動がわざとらしくなってしまったり、

・ちょっとした異性の言動に対し「○○君って自分に気があるのかも」なんてとんでもない勘違いをかましてしまう女性

は周囲から勘違い女と囁かれている事でしょう。

ちょっと自意識過剰になってしまうとか、あるいは思春期の女の子なら多少の自意識過剰は「恥ずかしいけどかわいい」で済みますが、大の大人が異性を意識しまくりではちょっと痛いと思われても仕方がありません。

本格的なアプローチもないのに、勝手にそわそわしていると痛い女になってしまいますので気を付けて。

思い込みの激しい女

思い込みの激しい女はほんとに痛いですね。

・「優しくされた」とか「(ちょっとした)プレゼントを渡された」「(仕事や相談事のお礼に)食事に誘われた」といった異性の言動をすぐに恋愛に結びつけてしまうと大体が痛い目に遭っちゃうのは想像に難くないはずです

もちろん、こうしたちょっとしたきっかけから恋愛に発展する事例はあります。

相手がそれを狙っている可能性も100%否定はできません。でも勝手に期待を膨らませていると裏切られた際のショックも大きいですから、精神衛生上もあまり期待しない方が無難。それに女性側が「やる気まんまん」では男性は引いてしまいます……。

男性のちょっとした言動が気になるのはわかりますが、「これはきっと恋愛に発展するはず」なんて過度な期待は禁物です。どうでしょうか、恋愛に勘違いすると痛い女になってしまう特徴、まだまだあります、次からもっと深く暴いていきましょう。

惚れっぽい女

惚れっぽい女

勘違い女は大抵「惚れっぽい」んです。ちょっと良い男を見ると「好きかもしれない」なんて言っちゃうので「一目惚れ」がかなり多いんです。確かに一目惚れというものは存在しますが、普通の人は人生においてそうそうあるものではありません。

とにかく惚れっぽい一目惚れ女は恋愛に至っていないのに好きだなんだとうるさいので周囲も呆れてしまいます。

・当然そんな恋愛がうまくいくはずもなく――失恋したらしたでまたうるさい……

惚れっぽいのは結構ですが、恋愛なんてそんな簡単にいくものではありません。いい加減大人になってきちんと恋愛に向き合わないと一生勘違いしっぱなしで幸せになんてなれません。

本人はモテるつもりでも

一番痛くて恥ずかしいのがこのタイプ。なぜか大した根拠もなく自分は男性からモテるなんて勘違いしている人、結構いるんです。そしてこのタイプの人は「そこそこ美人」が多いんです。

・特に学生時代あるいは若い頃、実際に結構モテたなんていう人は危険

自分はモテるという自負があるようですが、それはもうとっくに過去の話。それなのに、昔と同じ感覚で男にモテるとか、自分と釣り合うのはイケメンだけなんて考えてはダメ。

良い年して高飛車で高望みする女なんて嘲笑の対象にしかなりません。

自分の年齢や容姿等客観的に判断できない人は、他人の心の動きも勘違いして捉えてしまいがちなのでもう少し慎重になった方が良いでしょう。

勘違い女では幸せは遠のくばかり

奥手な人や恋愛経験が少ない人はほんの少しの事を強く意識して動揺してしまいがち。それ自体は悪い事ではないのですが、それが周囲や相手に伝わると痛い女になってしまい、結局恋愛もうまくいかなくなってしまいます。

・恋愛に発展し得る状況だと感じたら、そんな時こそ浮かれてはダメ

そこで浮足立ってしまうから勘違い女になってしまうので、まずは落ち着いて状況を確認してみましょう。それができない、自分が先走っているのに何が悪いのかわからないなら、それは勘違いなのかもしれません、それもしっかり考えてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

恋愛において勘違いする痛い女性まとめ が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。