「彼氏に殴られたい願望のある場合は要注意 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏に殴られたい願望のある場合は要注意

彼氏に殴られたい願望のある場合は要注意

彼氏に殴られたいと思った事ある?

 DVは現代社会の大きな問題になっていますね、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

恋人・夫婦間の暴力は許される事ではないのですがDVの数は一向に減りません。暴力的な彼氏や夫が悪い――のは当然ですが、実は彼女や妻の方は男性の暴力を助長してしまうケースもあるんです。

そう、中には彼氏に殴られたいと思ってしまう女性がいるんですね

殴られたい願望が全くない人間からすればこれは信じられない事なんですが、殴られる事で愛情を感じるという変わった性癖の女性もいて、これもDVが減らない原因の一つなんです。今日も暴いていきましょう。

彼氏に殴られたい女の特徴

 彼氏に殴られたいという願望を抱いている女性は痛みに対して普通の人とは違った感覚を持っています。いわゆるマゾヒスト、ドMというやつですね。ドMの人は痛み=快感という性癖なので、殴られたいと思うのは自然な感情と言えます。

また、過去に虐待を受けており、殴られる事が日常になっている(なっていた)女性は、彼氏から殴られてもなんらおかしいと思えません

場合によっては殴られるのは自分が悪いからだと思ってしまい、理不尽な暴力であっても自分を責め、彼氏の暴力を肯定する人さえいます。
 しかし、何があろうと殴るという行為は正当化されるべきものではありません。

彼氏殴られたい女の奇妙な心理

「彼氏が殴るのは自分の事を本気で愛しているからだ」と勘違いしている女がいます。どうでもいい女なら、殴るほど本気で腹を立てるわけないと思い込んでいるからですね。

でも、この心理自体が歪んだもの

確かに、腹が立つのは本気愛している証と言えなくもありませんが、大切に思っているのなら殴るなんてできないはず。殴るというのは相手が傷つこうが困ろうが構わないと思っているか、あるいは自分の衝動を抑えられないただの馬鹿。

殴る=愛の証なんてあり得ません

 そもそも、そう考えてしまうのはかなり危険な心理状態。殴られたい願望のある女の多くは虐待経験者だったり、自傷行為がやめられなかったり、精神的に何らかの問題を抱えている事が多いんです。次からもっと深く暴いていきましょう。

DV男にハマってしまう理由


DV男にハマってしまう理由

 DV男にばかりハマってしまう女っていますよね。傍から見れば学習能力ないなぁなんて思うのですが、一度DV男と付き合うと変な癖がついてしまうんです。

 DV男は暴力を振るった後に我に返り、至極優しくなったり、愛を囁いたり、暴力を振るっていた時とは全くの別人になってしまう事が多いんです。
そして、必死で反省して愛を訴える男にほだされてしまう女は多く、

暴力の後の優しい姿を“本当の彼”だと自分に都合よく信じてしまいます

 一旦こういう恋愛にハマってしまうとなかなか普通の恋愛はできません。穏やかな、一般にうまくいっている恋愛では殴る→優しくなるという落差がなく、刺激が感じられないからです。幸せな恋愛をしているのに「彼氏に殴られたい」という願望が消えない――これってすごい不幸ですよね。

DV男にハマると不幸体質になるだけ。
女を殴る男なんてさっさと捨てないと幸せが逃げてしまいますよ。

殴られたい願望は危険!

 Mであるというのは悪い事ではありませんが、相手の暴力を誘発するような性癖は危険。殴られて怪我をしてしまい、一生傷痕や後遺症が残ってしまうおそれもあるからです。

度が過ぎると事件化してしまい、友人や仕事を失ってしまう可能性だってあります。
殴られたい願望がある場合はよほど注意しなければ人生を台無しにしてしまうんです。

一旦歪んだ愛情や性癖に慣れてしまうと、そこから抜け出すのは難しくなります

少しでも殴られたいという願望があるのなら、それに気が付いた段階で速攻引き返すべき。一歩でも殴られるのが普通の世界踏み込んでしまえば、戻れなくなってしまうかもしれません。

 痛みでしか愛情を感じられないとか、暴力がなければ刺激を感じられない――そんな風にはなりたくないですよね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼氏に殴られたい願望のある場合は要注意 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。