「付き合う気がないのに好きなってしまう女たち 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?
Writer by Shinnoji_ura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

付き合う気がないのに好きなってしまう女たち

付き合う気がないのに好きなってしまう女たち

付き合う気なんてさらさらないのに…

男女の恋の駆け引きはなかなかに複雑怪奇。本当に好きな人とだけ付き合って、運命の人と結婚し、幸せな家庭を築く

・そんなまっすぐで単純な恋愛だけをしてきたという人はそう多くはないでしょう

時に、付き合う気なんてないのに体の関係を持ってしまったり、付き合うことができないとわかっていながら、そんな相手を好きになってしまうということもあります。

そんな付き合う気なんてさらさらない、付き合えると思っていない人をいつの間にか好きになってしまったら……あなたはどうしますか?

セフレと割り切っていたのに…

セフレと割り切っていた彼を好きになってしまう、そんな計算外の恋に悩む女性は多いもの。

初めは「性的欲求を満たせればそれでいい」、と割り切っていたのに、一旦自身の恋愛感情に気が付いてしまうとそれを抑えることはかなり難しくなります。結果、セフレに告白し煙たがられてフラれたり、告白さえできず悶々とした日々を過ごすことになるんです。

・そもそも、女性はセックスと恋愛感情を切り離すことが難しい生き物

初めは全く気がなくても、体の関係が長くなると情が湧いたり、恋愛感情が芽生えてしまいやすくなるんです。

これが男性も同じであれば問題はないのですが、男性の場合はセックスの対象と恋愛対象は、全くの別物だったりするから厄介。

男性は「生理的嫌悪感がなければ(誰でも)セックスできる」けれど、性的欲求を満たすことと恋愛は別という人が多いんです。だから、“風俗”なんて商売が成立するわけ。

セフレと割り切ったつもりでもすぐに割り切れなくなるのは女の性。下手な情が湧く前に引き返した方が身のためかもしれませんよ。

まだまだあります。次からもっと深く暴いていきましょう。

禁断の恋ほど燃え上がる?


禁断の恋ほど燃え上がる?

既婚者がなんだかかっこよく見えてしまうのはよくある話。幸せな家庭を維持している男性は余裕があるように見えますし、男性としても魅力にも満ち溢れているのですから、引かれる女性が多くても何ら不思議はありません。

しかし、既婚者である以上付き合えないのは百も承知――なはずなのですが、いつの間にか恋心が燃え上がってしまっていたりしますよね。

・これは禁断の恋であることが逆に気持ちを高めてしまった結果

人は「してはいけない」と思えば思うほど逆にそれを意識してしまい、気になってしまうものなんです。だから、“禁断の恋”である不倫に強く惹かれて道を踏み誤ってしまうんです。

この“禁断の恋現象”は不倫の他にも教師と生徒、主人とメイドなんかにも当てはまります。

身分違いの恋や叶わぬ恋は付き合うことができない(と思っている)からこそ、前後不覚になるほど強い感情を呼び起こしてしまうんです。

ただ、今の世で“禁断の恋”なんて当事者が盛り上がっているだけで、傍から見れば鼻で笑ってしまうようなチープな恋愛がほとんど。冷静にならないと、嘲笑の対象にしかなりませんよ。

思わせぶりな態度で優越感を得る女

付き合う気なんてさらさらないけれど、男にちやほやされたいがために“思わせぶりな態度”を取る女性って世の中に結構いますよね。

・彼女たちが付き合う気もないのに複数の男に粉をかけ、モテる自慢をしてしまうのは自分が寂しい女だから

彼氏や夫、本当に好きな人に相手にされないから、思わせぶりな態度で他の男の気を引いて自分は捨てたもんじゃないなんて思いたいだけ。

夫や彼氏がいるにも関わらず、なぜか自分がモテることにこだわる女――これってかなりの地雷女です。

・初めはモテて優越感を感じている彼女たち。でも、しばらくすればその本心は透けて見えるもの

思わせぶりな態度に嫌気がさした男たちは逃げていきます。そして、周囲の男が去ってから初めて「好きになっていた(なりかけていた)」ことに気付たり、「付き合っていればよかった」なんて後悔したりするのです。

思わせぶりな態度で男を弄んで優越感に浸るなんて馬鹿な女の末路は悲惨、ですよね。

好きじゃない人と付き合う程焦る必要がある

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

付き合う気がないのに好きなってしまう女たち が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
好きな人に相手にされない女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

好きな人に相手にされない女の特徴まとめ

好きな人になんとか振り向いてほしい! ちょっとでも構って欲しい! 恋する女性の切実な願いですよね。どうでもいい男は寄ってくるのに肝心な相手には全然相手にされない……これは切ない状況ですよね。では、彼女たちはなぜ好きな人には相手にされないのでしょう?

再婚相手の子どもを愛せますか? 上手な接し方は?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

再婚相手の子どもと上手な接し方は?

今や結婚したカップルの3組に1組は離婚するとも言われる時代。子無しバツイチの再婚に比べるとハードルが高いのが子連れの再婚ですが、再婚相手の子どもと良好な関係が築けずに結婚生活が破たんしてしまい悲しい結末に至ることもかなり多いんです。再婚相手の子どものことをしっかり考えていないと無駄にバツが増えてしまうかも!?

最低限決めておく不倫のルール・決め事
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫のルールと決め事

不倫は何かとトラブルの起こりやすい恋愛。人を裏切り、あるいは人のものを横取りするのですからそれは当然なのですが、そんな恋愛だからこそ付き合うと決めたならルールはしっかりと作っておくべき。では、どんなことを決めておくべきなのか、わかりますか?これを間違うと大火傷しちゃうかもしれません。

女性が不倫関係にハマってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女が不倫関係にハマってしまう原因と理由

不倫という関係が歪で、世間では許さない事、またそれが明るみに出ればただでは済まないことは誰もが知っています。最近は特に不倫の対する風当たりが強くなってきているのですが、世の中不倫をする男女は絶えません。

生産性のないセフレ関係に疲れた時の対処法
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

セフレ関係に疲れた時の別れかた

恋人ではないけれど、お互いの欲求をうまい具合に満たせる存在――そう言えばセフレもちょっと意味のある存在に見えてしまうものです。しかし、実際にはセフレは女性にとって何の生産性もない、不毛な存在でしかありません。