「遠距離恋愛で失敗するパターンの女性 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

独身女性コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠距離恋愛で失敗するパターンの女性

遠距離恋愛で失敗するパターンの女性

遠距離恋愛は難しい?

恋愛にはいろいろな形があり、それぞれの恋愛スタイルがありますが、一般的に難しい(長続きしにくい)と言われるのが遠距離恋愛。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

遠く離れた状態での恋愛はやはり問題も起こりやすいものです。

とはいえ、そんな遠距離恋愛でもうまくやっていける人もいますよね。

遠距離恋愛は向き、不向きが大きく影響します

アナタは遠距離で失敗する女性の特徴ご存知ですか? アナタ自身は遠距離恋愛できる人、できない人のどちらでしょう? 今日も暴いていきましょう。

疑り深い女は遠距離できない

遠距離恋愛でどうしても心配になってしまうのが彼の浮気。

浮気をする男は遠距離であろうがなかろうが浮気をするものなのですが、遠距離の場合は「彼が浮気してるのでは」なんて疑心暗鬼になってしまう事もしばしばあります。

遠距離に疑心暗鬼はつきものではありますが、疑り深く嫉妬深い性格だととちょっと連絡が付かないだけでイライラ。

実際に彼が浮気をしていればそれも仕方がありませんが、浮気をしていない彼にとっては勝手に疑ってイライラされたのではたまったものではありません。

・それが重なると「重い」「束縛が激しい」「被害妄想が過ぎる」めんどくさい女になって捨てられてしまいます

遠距離恋愛では相手をある程度信頼する事が不可欠。疑ってばかりだと自分も相手も疲れてしまいます。

とにかく会いたがる

遠距離恋愛では会ってデートをする機会はかなり限られます。

会えるのが月に一、二回しかないなんて人もいるでしょうが、正直それでは物足りないのが女心。

つい「会いたい」なんて言っちゃう事もありますよね。

でも、この「会いたい」「会いに来て」を連発する女は男にとっては正直うざい事も

たまになら「かわいい」で済みますが、毎日のように寂しがったり、相手に来る事を要求していると「めんどくさいな」徐々に彼の気持ちが冷めてしまうかもしれません。

ネックは交通費?

遠距離恋愛で意外とネックになるのが二人で会う際の交通費。

どちらか一方だけが負担する形だと正直お金を出す方は「(自分ばかりお金がかかるから)会いたくないな」なんて考えてしまいます。

遠距離恋愛では彼が会いに来るパターンが多いようですが、付き合いが長くなったり、倦怠期に入ると正直この交通費がもったいなく思えてしまうんです。

・遠距離の場合、中間地点で会う、お互いが行き来するようにする、片道分を負担する等金銭的な配慮も必要です

もちろん、彼が進んで全額出したがる場合等は問題ないのですが……。

「彼が会いに来て当然」、「もちろん交通費もデート代もお金は全部彼持ち」なんて状況だと長続きはしないでしょう。

まだまだあります、次からもっと深く暴いていきましょう。

彼を放置し過ぎ

彼を放置し過ぎ

遠距離恋愛のメリットは一人の時間を自分の自由に使える事。

彼に縛られる事なく自分の好きな事を思う存分楽しみたいという人にとってはある意味理想的な恋愛のあり方とも言えます。

ただし、一人でいる楽しみに慣れ過ぎてしまって彼を放置してしまってはダメ

「会いたい」と頻繁に言ってくる女はうざいものですが、まったく「会いたい」と言わず、彼のメールや電話に対する返事もおざなりな感じでは彼が「付き合っていても楽しくない」「付き合っている意味があるのか」と感じるのも時間の問題です。

遠距離の彼のメールや電話をめんどくさいと感じる人も実はあまり遠距離には向いていないんですよね。

そしてこのタイプは遠距離の末に自然消滅してしまう事が多いんです。

他に好きな人が

遠距離の場合会えない間に気持ちが冷めて他の人が気になってしまうという事があります。

遠くの彼氏よりも近くの男が気になってしまうのはよくある事。

寂しさが募っている時や彼との喧嘩中に優しくされたり、甘い言葉をかけられるとコロッと落ちてしまう女性は結構いるんです。

もちろん、彼にも同じ事は言えます。だからこそ、遠距離ではお互いをどれだけ信用できるかが大きなポイント

彼氏に悪いと思いつつ別の男といい関係になっちゃたりする人は遠距離なんて無理はしない方が身の為です。

面倒な別れ話や修羅場で余計な体力・気力を必要とされますからね。

彼氏よりも仕事を優先する女はダメなのか?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遠距離恋愛で失敗するパターンの女性 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
自尊心が低い人ほど損をしている
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

自尊心が低い人ほど損をしている

人の人生は様々なものに影響されますが、中でも人生の幸福度を左右するのが“自尊心”です。自尊心とは、自分自身を大切にする、あるいは自分自身を肯定する気持ち。ですから、自尊心の低い人というのは自己否定感が非常に強いんです。

逆DVに発展している女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

逆DVに発展している女性の特徴

DV(家庭内暴力)と聞くと男性(夫)が女性(妻)に暴力を振るうというイメージが強いですよね。しかし、最近は女性から男性に対して暴力を振るうケースが増加傾向で、これを俗に“逆DV”と呼んでいます。

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

お持ち帰りされやすいのは尻軽女認定の証?

合コンに参加すると必ずその日の内にお持ち帰りされる女っていますよね。いつの間にかお相手グループの男性と夜の街に消えていたりして、「またか」なんてため息が出てしまうこともあるのでは?

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

夫に自由はない?嫁ブロックの恐怖とは

“嫁ブロック”という言葉、みなさんはご存知でしょうか?最近聞くようになった言葉なのですが、この嫁ブロックに悩まされている既婚男性かなり多いんです。元々はヘッドハンターや人事担当者の間で使用されていたものらしいのですが、最近は一般でも使われるようになっています。

妊娠しても男に逃げられたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

妊娠しても男に逃げられたらどうする?

「結婚前に妊娠しても何とかなる」とか、むしろ「妊娠したら結婚のきっかけになる」なんて考えている人もいるのではないでしょうか。妊娠は結婚に踏み切るいいチャンスではありますが、選ぶ男を間違えると妊娠を機に逃げられてしまう――なんてこともあるのです。