「何でもポジティブに考えられない性格を直す方法 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

仕事/人間関係コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何でもポジティブに考えられない性格を直す方法

何でもポジティブに考えられない性格を直す方法

何でも悪い方向にばかり考えてしまう人

人の性格にはいろいろあって、常に前向きな楽天家もいれば、反対に後ろ向きな慎重派もいますよね。性格については千差万別でだからこそ面白くもあるのですが、中には損をしてしまう性格もあります。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

・そんな損をする性格の代表格が“マイナス思考”

何でも悪い方向にばかり考えてしまう人は、何かと損をしてしまいがちで、多くの人はその問題を自覚しています。

ただ、彼女たちは問題を自覚してはいるものの、改善法を真剣に考えてはいません。ポジティブになりたいと思ってはいるのですが、マイナス思考の人はポジティブになる方法を考える前に「どうして自分はこうもネガティブなのか」という考えに捕らわれて自己嫌悪に陥ってしまいやすいのです。

自分の悪い面を自覚するのは結構な事ですが、それだけでは性格を前向きにする事はできません。では、どうすればマイナス思考のクセを止められるのか。今日も一緒に暴いていきましょう。

自分を追いつめない

ネガティブな人は何か悪い事が起こったり、思い通りに行かなかったりするとつい「自分の所為で……」と自分自身を追い込んでしまいます。それがたとえ自分の所為でなかったとしても、です。

「あの時もっとこうしておけばよかった」「自分が余計な事を言ったから空気がおかしくなった」なんて考えに縛られてしまい、結局「今度は余計な事はしまい」と消極的になってしまうのです。でも、それでは問題は何も解決しませんよね。

ネガティブ思考から抜け出すために必要なのは、

・“終わった事をいつまでも振り返らない”事

過去をどんなに悔やんで反省してもその時に戻ってやり直すなんて事はできません。だったら、この先何ができるかを考えた方が有意義ですよね。

ポジティブに考えるというのは未来を考える事です。過去に捕らわれてばかりでは先は見えてきませんからね。

誰にでも失敗はある

物事をポジティブに考えられない人は失敗を極度に恐れる傾向にあり、一度でも失敗をすると取り返しがつかない事をしたかのように尻込みしてしまいます。

けれど失敗は誰にでもある事です。むしろ初めてやる事、経験がない事になればなおさら失敗するものなのですが、マイナス思考の人は失敗したら嫌だからと何もできないのです。

どうやって、ネガティブをポジティブに変換するか、もっと深く暴いていきましょう。

“恥をかく事”“怒られる事”が嫌なのはみんな同じ

“恥をかく事”“怒られる事”が嫌なのはみんな同じ

でも、それを我慢してチャレンジできるか否かで人生は大きく変わってきます。何にもチャレンジしなければ恥をかく事も怒られる事もないでしょうが、それでは現時点から一歩も進んでいないのと同じ事です。

・大事なのは失敗をした時にどう対処するか

失敗したのであればどうすればそれを取り戻せるのか、それを考えられるか否かが、ポジティブ思考になれるかなれないのかの分かれ道。

もちろん、中には取り返しがつかない失敗もありますが、それは本当にごくごく一部。大半はたとえ失敗してもリカバリーできるものです。それに、“失敗は成功の母”とも言いますよね。人は失敗を重ねる事で学習していくもの。失敗を恐れていては一生世界は広がらず、孤独に生きていく事になってしまいますよ。

駄目女でもいいじゃない

ポジティブな人は、自分に対しても人に対しても寛大です。対してネガティブな人は、自分に対しても他人に対してもちょっと厳しめである事が多く、理想通りにいかないと「またダメだった」なんて落ち込んでしまいます。

・自分自身を駄目な人間だなんて否定的な考えはポジティブ思考には禁物

自分に甘すぎるのはよくありませんが、多少は自分を認め、自尊心を尊重しなければ、他人に対しても自分を誇る事ができずに卑下する一方になってしまいます。

日本人はとかく自分を卑下する傾向にありますが、それが美徳だと思ったら大間違い。自分を卑下する人は自分が“可哀想な人だ”と周囲から見られている事をもっと自覚すべきでしょう。

ネガティブな思考は誰からも愛されない

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

何でもポジティブに考えられない性格を直す方法 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。