「家事は女性がして当たり前という風潮について 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

仕事/人間関係コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事は女性がして当たり前という風潮について

家事は女性がして当たり前という風潮について

刷り込まれ続けた家事に関するイメージ

当コラムのタイトル「家事は女性がして当たり前という風潮について」若干ながらも違和感をお持ちの女性の皆さんこんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

長い間、日本では男は外で働いて、女性が家事や育児を引き受けると言った風潮がありました。そもそも、女性が男性と同じように外で働くと言う考えがなく、収入を得るよりも、家の中を綺麗に保ち、やり繰りしながら子供たちをしっかり育てる方が女子力が高いとされてきました。

恐らく、多くの女性がそれに疑問を持たず、或いは持つことを許されず生きてきたのでしょう。

しかし、女性もスキルを身につけ社会で活躍する時代となり、それでも家事が女性の仕事だとされるのはやはり無理があるようにも見えます。

本日はこのような、家事イコール女性のやる事という風潮について暴いていきたいと思います。

家事の負担は男女平等に負担するべき時代

男性もそうであるように、女性だって一人一人皆違います。得意不得意もあれば、好き嫌いだってあるでしょう。中には、料理が好きとか掃除が好き、洗濯が好きと言う女性ももちろん居るのですが、これらが本当に嫌いで苦手だと言う女性だって居ますし、居て良いのだと最近は思います。

男女を問わず、独身のまま生きて行く人たちも少なくない現在、一人暮らしをしていれば、皆それなりに家事等もやっているはずです。

・命を脅かすほどの不潔や不衛生、不摂生をしなければ、自分が良いと思うやり方で問題無い

他人がとやかく言う事はないでしょう。つまり、

・男性だってやろうと思えば、家事は出来るはず

なのです。家事は、女性にしか出来ない事でもありませんし、むしろ逆に家事が得意な男性だってたくさん居ます。それなのに、家事は女性がするものとする風潮は、ナンセンスではないでしょうか。

結婚、同棲した場合、お互い仕事をしながら生活もするわけです。負担は同じはず。それなのに何故か、

家事に関してだけは女性ばかりがやらせられる事が未だに多い

のです。女性だって、人によっては夜勤もあれば肉体労働だってしている。フルタイムどころか残業残業で働いている人だって居ます。肉体的にキツイのは男女ともに同じ。夜通しの仕事で眠いのもやっぱり同じなはずです。それなのに、

・家事だけでなく育児まで女性の仕事とするのはおかしい

のではないだろうか。共稼ぎであれば、やはり二人で同じ負担を背負いながら家庭を守っていくべきだというのが女性の本音でしょうね。

家事を女任せにする本当の問題

さて、ここで問題なのは、

女性自身が家事や育児は女性がやるものだと思い込んでいる

場合です。家事が好きでやりたいなら何も問題ありません。中には、良い気分転換だと話す女性も居ます。しかし、既に仕事でいっぱいいっぱいなのに、

・「女性は~であるべき」という誰かによって洗脳された思い込みによって生きている方も居ます

もちろんそういった事象が重なる事でキャパシティを超えて生活していれば、いずれ家庭も自分自身も崩壊します。その時初めて、愚かだったと気づくのです。次からもっと具体的に考えてみましょう。

女性が仕事と家事を両立する為に

女性が仕事と家事を両立する為に

結婚しても、働く女性が多くなった平成時代、誰もがこれまでの「当たり前」をもう一度考え直す時に来ているのではないかと筆者は考えます。

家庭が幸せである事が家族全員の願いであり理想なはず。でもそれは、

誰かの犠牲の上に出来上がっている幻の幸せ

ではないか、よく考えてみた方が良いかもしれません。私だけが我慢していれば丸く収まるからという考えは間違っています。そして、長続きはしません。というよりも、

・その考え方はいずれ家庭の何処かにひずみを生じます

臭いものに蓋をするかのごとく、面倒な事や勇気がいる事に対して見ないふりで居れば、それはとてつもなく大きくなって、やがて自分も家族も飲み込まれます。不安や不満は、

・アルコールに走らせる
・不倫に走らせる
・買い物依存症に走らせる
・過食症に走らせる

これは一部です。挙げだすとキリが無いので。また、家庭がドス黒い空気だと、それはもちろん子供も不安にさせます。

母親だけが苦労や我慢している姿は、子供に母親への労りの気持ちを芽生えさせるのではなく、

・どうして何でも押し付ける父親や家族と戦わず逃げているのか

と、ぶつかる勇気が無い事に腹立たしさを覚えます。このように誰よりも頑張っているのに、空回りしてしまうのです。

時代の変化に付いて行けるように、不満があるなら是非きちんと夫婦で向き合うべきです。それこそが、問題が小さいうちに退治できる方法だと思います。アナタの家庭は家事分担、いかがでしょうか?

家事分担が出来ない夫婦は長続きしない

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事は女性がして当たり前という風潮について が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手にプロポーズされたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手にプロポーズされたらどうする?

不倫恋愛において、結婚は考えないのが暗黙の了解。でも、もし不倫相手からプロポーズされたら――アナタならどう反応しますか?「今の旦那と離婚して、自分と結婚してくれ」そんな風に言われたら――どう行動すればいいのでしょう?

社内不倫に発展するきっかけまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

社内不倫に発展するきっかけまとめ

不倫は当然倫理に反する行為ですし、社内不倫となるとかなり面倒な事態に陥りがちな事は誰が考えても明白。でも、現実には社内不倫は多発しており、実は「社内不倫なんてあり得ない!」なんて断言していた人が思いがけず社内不倫にハマってしまう事もあるんです。

奥さんの元に戻る不倫相手の心理
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

奥さんの元に戻る不倫相手の心理

既婚男性と不倫中の女性がつい考えてしまうのが“不倫相手との結婚”ですね。しかし現実はかなり厳しく、不倫の末に結婚に至るカップルは稀。多くの不倫男はいずれ奥さんの元に戻っていきます。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫の常識? 長続きのルールとは

結婚という明確なゴールのない不倫関係ですが、いつか終わりはやってきます。ズルズルと継続しがちなイメージのある不倫ですが、意外に呆気なく終わったりするもの。なるべく長く関係を続けたいと思うのであれば長続きさせる為にコツやルールを知っておく必要があります。

曖昧な関係で満足してしまう女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

曖昧な関係で満足してしまう女性の特徴

男女の関係は複雑で千差万別。正しい恋愛の仕方なんて決まりはありませんし、独身であればどんな恋愛も自由でいいはずです。だから当然、世の中には純粋に恋愛と呼ぶべきか否か迷ってしまうような“曖昧な関係”も存在します。