「女同士の友情は本当に成立するのか 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

仕事/人間関係コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女同士の友情は本当に成立するのか

女同士の友情は本当に成立するのか

いつでも女は群れている、そこに友情はあるのだろうか?

女同士の人間関係、友達としての付き合いと信頼、そんな事にお悩みの皆さんこんにちは。あんりあの編集長Shinnoji_Uraです。

最近、一人で行動できない若者、特に女性が増えていると聞くことが多い。行動出来ないと言うよりも、

・いつも誰かとつながっていなければ自信を無くしてしまう
・自分の存在価値さえ分からなくなってしまう

女性も中にはいるらしい。確かに、昔からつるんで行動する女は多かった。学生時代、友情を確かめ合うように、何人もが連れだってトイレに行く風景はよく目にする光景だったと、共感できる人は多いのではないか?

男よりも難しい女同士の信頼関係、そこに友情は本当に成立するのだろうか? 今日はこの議題を一緒に暴いていきましょう。

女は行動によって、自分の存在価値を確認している

先ほど挙げた文化と言うか習慣と言うか、アナタが共感したそれは、女性と男性で大きく変わってくる、特に女性は、

・大人になってからもそれを求め、それによって存在価値を確認するタイプがいる

そして、その延長線に出来上がったイミテーションの「友情」を欲している。だからであろうか、色々なことが言われる。多分アナタも小耳に挟んで不安に思う事もあるのではないですか?

・女の友情は薄っぺらく薄情
・女の友情は長続きしない
・女の友情はめんどくさい
・女の友情は表面的

これらは、男目線の女性の友情に対する意見だ。コレを大概の女性は見て見ぬふりをしますが、実際は当たっているんです、じゃないとアナタは今、女の友情について悩む必要なんか無いのではないですか?

女性を追い込む存在価値

独身の女性であっても、会社などで仕事をする上でも気はつかうし嫌われないように必死であることが多いのだが、これが結婚したり出産することで更に加速する。

・そこには、「女性独特の」嫉妬や妬みなども付け加えられる

結婚相手のステータスや子供の出来不出来。全てにおいて競争社会だと言われる現代、身の回りには見たくもない自分の存在価値を思い知らせてくれる材料がワンサカある。女の友情が成立するか悩んでいるなら、思い当る節はあるはずだ。

そのような中で、不安を感じないでいられる方が少ないだろう。嫌われていると言う漠然な気持ちと、常に戦っている人も少なくない。そして時に、良からぬ、あらぬ噂と戦うこともある。反対についアナタが第三者に対して嫌味を言ってしまったり、敵対心を丸出しにしてしまう事もあるだろう、これが男の友情と女の友情の違いだと筆者は思う。

あえてこの言葉を使いたい、上記のような女の人間関係は「友情」ではなく、「友情ごっこ」だと思う。

・友情ごっこを続ける為に素を出さず猫をかぶる
・友情ごっこを続ける為に本音を言わずに陰で悪口を言う
・友情ごっこを円滑にするために浮いていないか常に気を付けて我慢する

このような、正体不明の何かに追い詰められて、アナタは積極的に女の友情の定義を探そうとしているのではありませんか? それは、一人でいる事のという、「見た目の恥ずかしさ」なのか、それとも「誰かにすがっていたい寂しさ」なのか。

嫌われたり悪い噂を流されない為の「自己防衛策」の一つなのか。様々な視点を男性目線で提示させてもらおう、アナタはどれに該当していますか? 次からもっと具体的に考えてみましょう。

女性同士の友情などいらないという意見

女性同士の友情などいらないという意見

このように考えてみると、女性同士の友情に消極的になる人もいるだろう。確かに、ちょっとしたことで気分を害して、険悪なムードになることもあるし、自己中的な考えに嫌気がさし縁を切りたいと思う時もあるかもしれない。

・一体自分が何の為に生きているのか分からなくなってしまう

そんなモノは、とうてい「友情」等と言う言葉で表現するモノではない事は、アナタが身に染みて一番良く分かるはずだ。

そもそも友情とは何か

しかし、世の中を見てみれば、本当の姉妹よりも仲の良い関係にある女性たちも存在する。相手を思いやり、いかなる場合もアドバイスはしても否定はしない。

・独身から母親になった後も、その関係を壊さぬよう大切にしている人もいるし、ママ友から親友になることも少ないが無いわけではない

化粧っ気もなくなったようなお婆ちゃん同士が、皺くちゃになりながら最高の笑顔で友達同士で語り合っている風景を目にすることもありませんか。

・独身時代や子育て、或いは社会、人間として長年荒波に揉まれながら、迷い彷徨い、泣き、生き抜き、全てを受け入れ尽くしたからこその姿だ

そこには、あらゆる理不尽や頑張ってもどうにもならなかったことへの恨みなどは無い。ただ人を愛して許して、理解しあえる。

・互いに、相手にかつて苦しんだり泣いた自分の姿を見ているのだ。そんな相手を、裏切ったり悪く言えるはずなどない

という事は、「女の友情は成立しないのか?」という問いには「YES」と一概に結論付けるのは違うだろう。しかし残念ながら悪口だけでつながっているお婆ちゃんが多くいる事も事実である。

親友が居るなら、それは宝だと考える

ここに断言しよう。女性同士の友情は確かにある。ただ、

・友情を築く相手を間違えてはならない

本当に信頼できる親友と巡り合えることは、間違いなく人生の宝だ。

・見栄をはらないこと
・一人でいることを恥だと思っていない人がいい
・相手に依存しない人がいい
・もし自分と異なった考え方でも否定はしない。でも、過ちであるなら嫌われる覚悟で伝える

そして、「ごめんなさいとありがとうを伝える」こと。人は、弱い生き物だからちゃんと相手の気持ちが分からないと不安になってしまう。アナタも心当たりがあるでしょう。

もちろん、親友がいなくても恥ではない。むしろ、理想の親友像をあまりにも求めすぎて無理をしたりカッコつけたり、自己中心的に相手を責める方が女性としても人間としても恥ずかしい。その辺りを弁えて、自分の価値観を確立する事ができれば、

女同士の友情も、成立すると思うのですがいかがでしょうか?

友達を信頼、信用出来なくなったのは何故?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女同士の友情は本当に成立するのか が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手にプロポーズされたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手にプロポーズされたらどうする?

不倫恋愛において、結婚は考えないのが暗黙の了解。でも、もし不倫相手からプロポーズされたら――アナタならどう反応しますか?「今の旦那と離婚して、自分と結婚してくれ」そんな風に言われたら――どう行動すればいいのでしょう?

社内不倫に発展するきっかけまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

社内不倫に発展するきっかけまとめ

不倫は当然倫理に反する行為ですし、社内不倫となるとかなり面倒な事態に陥りがちな事は誰が考えても明白。でも、現実には社内不倫は多発しており、実は「社内不倫なんてあり得ない!」なんて断言していた人が思いがけず社内不倫にハマってしまう事もあるんです。

奥さんの元に戻る不倫相手の心理
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

奥さんの元に戻る不倫相手の心理

既婚男性と不倫中の女性がつい考えてしまうのが“不倫相手との結婚”ですね。しかし現実はかなり厳しく、不倫の末に結婚に至るカップルは稀。多くの不倫男はいずれ奥さんの元に戻っていきます。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫の常識? 長続きのルールとは

結婚という明確なゴールのない不倫関係ですが、いつか終わりはやってきます。ズルズルと継続しがちなイメージのある不倫ですが、意外に呆気なく終わったりするもの。なるべく長く関係を続けたいと思うのであれば長続きさせる為にコツやルールを知っておく必要があります。

曖昧な関係で満足してしまう女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

曖昧な関係で満足してしまう女性の特徴

男女の関係は複雑で千差万別。正しい恋愛の仕方なんて決まりはありませんし、独身であればどんな恋愛も自由でいいはずです。だから当然、世の中には純粋に恋愛と呼ぶべきか否か迷ってしまうような“曖昧な関係”も存在します。