「友達を信頼、信用出来なくなったのは何故? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

仕事/人間関係コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友達を信頼、信用出来なくなったのは何故?

友達を信頼、信用出来なくなったのは何故?

友達との溝

「きっとこの先も長く付き合っていける友達を私は見つけた。」

そんな風に思えた時は、本当に嬉しいものですよね。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

世知辛いこの世の中、みんな本音を語らず周りに合せて生きています。学校でも、職場でも、ママ友相手でもそういうものではないでしょうか。そんな中、辛い時に辛いと言えて、好きな物を好きだと言う事ができ、失敗も過ちも笑って許してくれる仲間の存在が、人をどれだけ元気にしてくれるか分かりません。

けれどもそんな友人への信頼が、あなたの中で大きく揺らいでしまう事が、必ずしも起こり得ないとは限りません。

それでは、一緒に暴いていきましょう。

親友は、金じゃ変えない宝物

月並みな言葉はではありますが、親友というものは、経験や時間を共有し、様々な価値観の相違を踏まえた上でようやく得る事ができるかけがえのない存在です。けしてお金で買えるようなものではありません。

しかし、そんな信じていた友達との間に微妙な溝ができ始める日が来てしまうかもしれません。信頼できなくなり、そして次第に疎遠になってしまった事は、少なからず心当たりのある方もいるのではないでしょうか。

こちらが悪いのか、それとも相手に問題があるのか分かりませんが、こんな風に仲の良かった友人であっても、別れる日がやってくる事もよくあります。

・価値観が合わなくなった

・悪口や批判する内容の話ばかりする

・こちらの話しをちゃんと聞いていない

・私の事を別なところで悪く言っている事を知った

お互いに辛い過去の過ちや、他の誰にも言えない事を打ち明けたりできた間柄だったのに、それでも信頼できなくなる日が来る事もあるのです。

自分に非がある

友達が好きな男性と仲良くなったとか、つい悪気なく友達の話題を面白おかしくしてしまい、それがきっかけで疎遠になる事もあります。また、友達から聞いた本当は絶対に人に話してはいけないような事をポロッと漏らしてしまったり。

・好きな人の事

・病気の事

・悩みや過ちの事

・トラウマや心の傷

裏切るつもり等なくても、友達を深く傷つけてしまい信用されなくなる事もあります。こうなってしまえば修復する事は容易い事ではありませんし、残念ですがあなたに非がある事はある事は間違いありません。口は災いの元とも言うように、お喋り好きな人は、話す内容に十分注意しなければなりません。特に、勝手に人の秘密を第三者にこぼしてしまうような口の軽い人は、猛スピードで信用を失っていくでしょう

・僅かなミスで、かけがえのない宝物を失う事もあります

母親同士の友情

友達を信頼、信用出来なくなったのは何故?

あれほど仲の良かった間柄でも、子供を産み育てる立場になったとたん、上手く行かなくなる事もよくある事です。素行や才能、学力や家計等、比べる事のできる部分は、どうしても子供の出来を比べてしまうのです。

子供の出来が良くないと思い込んでいる側が、自分が劣等感を抱く「出来の良い側」相手に嫉妬したり、「出来の良い子供」と思われている側の親が、その逆の立場の相手に気を使い過ぎてしまう等。お互い良かれと思って発した言葉が相手の気持ちを逆撫でしたり、訳もなく憎しみを感じたりする事も少なくはないでしょう。

・特に理由が無くとも、置かれた環境によって勝手に相手を信じられないと思ってしまう事もあります

でも、これは友達を信頼できなくなったと言うよりも、友達よりももっと重要な事ができてそれどころではなくなったと言った方が近いかもしれません

・現状をきちんと受け入れなければ、良い方向に舵を切る事はできないのです。

受験戦争が終わったら、もしかしたらまた良い関係になれるかもしれませんし、ならなかったらそれまでの関係だったという事です。

現状を受け入れる事によって、初めてそこからきちんと関係を考え直す事ができます。お互いに生活する環境が変わってしまっているからこそ、前提をリセットしなければなりません。

合わなくなった本当の理由

信用できなくなった決定的な事が無くても離れて行く事もあります。友達と何だか合わなくなったなと思う時、その理由を探してみてもよく分からない事ってないですか?そんな時、何かちょっとした相手のミスを見つけて自分に言い聞かせるんです。

・ああ、この人は酷い人。もう信用できないから友達やめた

でも、よく考えて見れば友達のそれくらいのミスは昔もあったはずではないでしょうか?

その時までは許せたし何とも思わなかったのに、なぜか今回は許せないというのは、単純にそれまでの小さな「引っ掛かり」の積み重ねが、知らず知らずの間に大きく膨れ上がっていたのかもしれません。

そして、あるきっかけに便乗するように、自分の気持ちを決定付けてしまっているではないでしょうか?

そして、自分が思っている事を、相手が思っていないとは限りません。

・それは離れるべきして離れようとしているのです

生きていればみんな成長していきます。そうすると、その成長スピードや、おかれる立場によってどんどん感覚や価値観に差が出てきてしまいます。

・差が大きくなれば一緒にいて居心地が悪くなっていきます。そうすると、知らず知らずのうちに相手の欠点を探して、相手を悪い人と自分に言い聞かせようとするんです

いずれにしても、仕方がない事です。

もちろん、元々仲の良かった間柄という事も大きいかもしれません。お互いの差異に気づかないまま、親友であるという部分にいつの間にか執着してしまって苦しい思いをしていた人もいるでしょう。

別れの言葉「さようなら」の語源は「左様ならば」と言われています。

そうであるならば、仕方がない。そんな別れもたくさんあるのが人生なのかもしれません。ですが、別れを越えた先に、再び自分が心を開く事のできる相手との出会いが待っている事も忘れないで下さいね

人間不信になりやすい女の特徴と原因まとめ

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友達を信頼、信用出来なくなったのは何故? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ

不倫中の彼の態度がなんとなく変わった――不倫女子の多くが体験するもやもやがコレ。少しでも冷たくなったと感じたらそれは既に飽きられはじめているサインなのですが、直接言われたわけではないからと誤魔化しちゃってません?

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫してそうな女性にありがちなイメージまとめ

不倫は基本的に公にできない恋。堂々と不倫宣言をする人は当然ですがほとんどいませんが、世の中には“不倫してそうな女性”のイメージが定着しています。イメージで決めつけるなんて些か失礼な話ではありますが、実際に不倫する女はかなりの確率でこのイメージ像に当てはまってしまうんです。

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ

不倫をする際、多くの人は“割り切った関係”“遊び”だと割り切って(割り切ったつもりで)、その関係をはじめます。最初は誰もが楽しく、バランスを取りつつ不倫関係を築いていく事が多いのですが、その関係が長引くと本気になってしまう人も出てくるのが不倫の怖いところ。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫関係で我慢し続けてもいい事はない

ただただ相手の言いなりになって、寂しいのも辛いのも我慢しておけば相手は“都合のいい女”として長くキープしてくれます。「わがままを一切言わない」これが、不倫を長続きさせる鉄則です。しかし、それで本当に満足できるのか? それは別の問題です。

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ

既婚男性との不倫に陥ってしまう女は何も初めから「不倫してやろう」と思っているわけではありません。そもそも真っ向から「不倫しようよ」なんて言って乗ってくる女なんているわけありませんから、男だっていろいろ考えるわけで……。