「結婚の条件が厳しすぎる独女の末路 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

結婚/離婚コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚の条件が厳しすぎる独女の末路

結婚の条件が厳しすぎる独女の末路

結婚の条件は?

結婚相手選びは人生最大の選択。良い伴侶に恵まれればよいのですが、選択を間違うと幸せなはずの結婚生活が地獄のようになってしまう可能性もあります。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

・その為、女性は結婚相手に対して求めるものが多く、条件が厳しくなりがちです

でも、その条件が厳しすぎると結婚自体が遠のいてしまう事もあります。

「誰でもいいから!」なんて妥協しまくると後悔するのは目に見えていますが、反対に条件がきつ過ぎると結婚のチャンスはどんどん逃げて行ってしまいます。

うまく妥協できるか否か――実はこれが良い結婚ができるかどうかの分かれ目なのですが、条件が厳しすぎる独女はそれに気が付いていない事が多いのです。今日も暴いていきましょう。

自分を客観視できないと売れ残る

結婚に対してシビアな条件を付けたくなるのはわかります。

幸せな結婚にはある程度のお金が不可欠ですから、それなりの年収を求めるのは普通の事。いつか生まれるであろう子供の事を考えると相手の年齢等も考慮すべきでしょう。

他にも家事を分担してくれる、イクメンになりそう(子供好き)、思いやりがある等々結婚生活を想定してある程度の理想を抱く事は幸せな結婚生活を得る為には欠かせないものです。

・ただし、相手に高スペックである事を求められるほどアナタは良い女でしょうか?

自分は低収入・非正規でありながら、安定して高収入がある事を条件とするのは少々高望みというものです。分不相応な条件ばかり付けている高望み女を、男は相手にしてくれません。

理想を抱くのは勝手なのですが、それを絶対条件にできるのは相当いい女でなければ無理な話です。

結婚のハードルは年と共に高くなる

結婚のハードルは一般的に年を取るごとに高くなっていきます。若い頃は勢いで結婚できたりするのですが、年を取ると人は慎重になるものです。

さらに、周りに結婚している人が増えると理想はなお高くなります

不幸そうな家庭を見れば、「絶対にああはなりたくない」と思い、反対に幸せそうな理想的な家庭を見れば「負けないような幸せな家庭を築きたい」なんて思うのが人の性。

時が経てば経つほど条件が崩せなくなってしまうのです。

・特に見栄っ張りな独女は、「友人よりもスペックの高い人を旦那にしなければ!」なんて躍起になりがちですが、残念な事にいい男はそうそう残ってはいません

それに女にとって若さは価値のあるもの。特に出産に関しては年齢が関わってくるので、年を取るとともに結婚のハードルはどうしても高くなってしまうのです。

その事実を受け入れられず、いつまでも若い気分で理想のいい男探しをやめられない女は一人寂しく老いていく事になります。次からもっと深く暴いていきましょう。

自分は大丈夫! という勘違い

自分は大丈夫! という勘違い

いい年して自分の理想を下げられない、あるいは不釣り合いなほど高スペックな男性との結婚を望んでしまう独女にはなぜか「(焦っている女は多いけれど)自分は大丈夫!」なんて根拠のない変な自信を持っています。

その自信がどこから来るのかと言えば、過去にモテた経験があるから。だから実は売れ残り女はそこそこの美人が結構多いのです。

昔下手にモテた人はある程度男性を選べる立場だった為、結婚相手も自分が好きに選べると思ってしまいますが、正直それは若さが武器になるうちだけ。

それなりに老いれば、選べる立場ではなくなってしまうのですが、モテた人ほどその自覚がないのです。

・どんなにモテたとしてもそれは過去の栄光でしかありません

今は果たして贅沢を言える立場でしょうか? 現実を受け入れなければ“痛い女”になってしまうでしょう。

一生独身と結婚して大失敗を避ける

結婚相手に対して厳しい条件を付けてしまうのは、結婚に必要以上に執着している証拠。結婚=幸せというイメージが強いですが、実際はそう単純なものでもありません。

数々の条件をクリアした理想の相手だと思ったのに、結婚生活が破たんしてしまう事も少なくはないのです。

一生独身というのはなんとなく不安かもしれませんが、相手の上辺やスペックだけを見て結婚し、離婚となるのはもっと悲惨。

それに結婚相手に厳しい条件を突きつけながら婚活に躍起になっている女よりも、「独身でもいいや」と肩の力の抜けた女に方が魅力的だったりする事も確かにありますよね。

結婚に対する必要以上の執着は幸せを遠ざけるだけですから、ほどほどが大事です。

独身女性で重い女は結婚してもらえない

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚の条件が厳しすぎる独女の末路 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ

不倫中の彼の態度がなんとなく変わった――不倫女子の多くが体験するもやもやがコレ。少しでも冷たくなったと感じたらそれは既に飽きられはじめているサインなのですが、直接言われたわけではないからと誤魔化しちゃってません?

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫してそうな女性にありがちなイメージまとめ

不倫は基本的に公にできない恋。堂々と不倫宣言をする人は当然ですがほとんどいませんが、世の中には“不倫してそうな女性”のイメージが定着しています。イメージで決めつけるなんて些か失礼な話ではありますが、実際に不倫する女はかなりの確率でこのイメージ像に当てはまってしまうんです。

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ

不倫をする際、多くの人は“割り切った関係”“遊び”だと割り切って(割り切ったつもりで)、その関係をはじめます。最初は誰もが楽しく、バランスを取りつつ不倫関係を築いていく事が多いのですが、その関係が長引くと本気になってしまう人も出てくるのが不倫の怖いところ。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫関係で我慢し続けてもいい事はない

ただただ相手の言いなりになって、寂しいのも辛いのも我慢しておけば相手は“都合のいい女”として長くキープしてくれます。「わがままを一切言わない」これが、不倫を長続きさせる鉄則です。しかし、それで本当に満足できるのか? それは別の問題です。

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ

既婚男性との不倫に陥ってしまう女は何も初めから「不倫してやろう」と思っているわけではありません。そもそも真っ向から「不倫しようよ」なんて言って乗ってくる女なんているわけありませんから、男だっていろいろ考えるわけで……。