「母子家庭生活の実態、苦しみと不安の渦の中 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

結婚/離婚コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母子家庭生活の実態、苦しみと不安の渦の中

母子家庭生活の実態、苦しみと不安の渦の中

母子家庭であるが故の苦しみと不安の渦

母子家庭での生活環境に何らかの不安をお持ちの女性の皆さんこんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

女手ひとつで子育てを頑張っている皆さん、毎日お疲れ様です。両親一緒の子育てであっても大変な事が多いのに、

・家の事や子供の事、それに仕事の事、お金の事と、悩みは尽きない中での生活を送っている方も多いと聞きます

今日はこういった、母子家庭ならではの不安や苦しみ、これから発生するリスクに対して暴いていきたいと思います、予備知識を持っておく事は大切です。

自分だけなら良いが、娘、息子という名の足枷

自分一人だけの生活なら多少の我慢もできるでしょうし、身軽ですから動きやすいでしょう。しかし、小さなお子さんを育てながらとなれば、そう簡単にはいきません。

学校や保育園関係の事も加わってきますし、嫌でも母親同士の面倒な付き合いもしなければなりません。こういった所で出会う母親の中には、心無い言葉を投げかけてくるような人もいます。それに、

・何も言われなくても自分自身が不安で自信が無い

なんて言う女性もいます。母子家庭の方の悩みはたくさんあるでしょう。その中で、

・生活費が足りない
・生活苦から、借金する

等、離婚した後の生活で一番の不安はお金の事ではないかと思います。

パートと正社員でも違いますが、生活費の内訳を見てみると、質素であるにも関わらずキツキツ。食費だって抑えているし、息抜きに遊ぶ費用、予算なんて無いのに、余裕が無いのです。

一般的な家庭の貯金額を見てみると、ご夫婦の年収や子供の数等によって違いがあるものの、例えば30代であれば、500万~600万円程度の貯金はあるのが平均のようです。

しかし、同じ年齢でも母子家庭の場合、100万円以下の家庭が多く、中には、

・全く貯金がないような女性もいますし、全体の3割が貯金が無いのです

確かに、これでは心配するな、と言う方がおかしいかもしれません。子どもは、大きくなればなるほどお金もかかってきますから、貯金が無いのははっきり言って怖い事であり、すぐにでも行動を起こすべきです。

・隅々まで節約して支出を徹底的に減らす
・とにかく賃貸でも良いので安い場所に引越す
・親と同居してサポートを受けてひたすら貯蓄に励む

このような行動がされておらず、上記のような状況に当てはまる母子家庭の皆さんは、すぐにでも行動して下さい、あなたはそれで天寿を全うしても良いかもしれませんが、母子家庭で出来たお金に余裕の無いしわ寄せは、お子様へ直撃する事を覚えておいて下さい。

手当を受ける事も選択肢に入れるべきだが

母子家庭の皆さんには、利用できる手当があります。児童扶養手当もそうです。しかし、出来れば、

・それをあてにしたり期待することなく生活費を考える方が良いかもしれません

何故なら、これらはもし制度が変更になれば受け取れなくなってしまうからです。始めからか無かったものとして、受け取っても手をつけずに貯蓄する事をお勧めします。次からもっと具体的に考えてみましょう。

生活保護のメリットとデメリット

ごめんね と思っているかどうか

生活保護を受けるには、住んでいる地域の福祉事務所に申請します。メリットも多くお金の面で安定しますし、医療費などもサポートしてくれます。もちろん、子供の病院代の不安も無くなります。税金が免除されたり、他にも費用の負担が減るものが色々あります。

しかし、もちろん国民の血税に支えられている生活保護制度にはデメリットもあります。

車の所有も限られますし、贅沢品も限られていきます、家賃の上限もあるので、理想の部屋を借りられないことも少なくありません

それに、子供の為の預貯金も難しくなります。ですから、制度に頼るのは悪くありませんが、よく考えて決めなければなりません。

ごめんね と思っているかどうか

離婚した事が本当に良かったかどうか、長い間悔んだりする女性もいます。

金銭的な事だけでなく、色々な苦労や傷を我が子に与えたと泣いている人も居ます。でも、大事なことはそれが正しかったかどうかジャッジすることではありません。

・あの時の決断が正しかったと思える生き方をする事

です。つまり、今ここからがスタートなのです。お金が無いなら無いと子供に言えば良いのです。ボロい部屋だから何だと言うのでしょう、生活が出来ないわけではありませんね。

安物の服の何が悪いのですか? 母子家庭のアナタはママ友の目なんて見てる場合じゃないはずです

例えおかずがもやしばかりでも良いじゃないですか。もやしにはタンパク質やビタミンB、C、炭水化物が含まれていて、食物繊維も豊富で健康にも美容にも最高の食材ですよ。

横目で中年太りのママ友を見ながら、自分たちはスリムで美しい体型を親子でキープできる、母子家庭でしか経験できない事もあるはずです、

・それを子どもに伝え、同じ失敗をさせず、貧乏を笑える食卓にすれば良いのです

アナタの力で、キュウリをメロンの味に変えてみせろ、という事です。余裕がない所から面白い工夫が生まれる。そして、弱さも恥も見せた所から、本当の親子の絆が生まれる、と思うのです。

同じ轍は踏ませない、これがアナタが母子家庭生活を続けていく上で確実に必要なスパイス、味付けですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

母子家庭生活の実態、苦しみと不安の渦の中 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
体目当ての男性を見抜く方法まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

体目当ての男性を見抜く方法まとめ

男女の関係には様々な形があり、すべてのカップルがお互いを最大限に愛しているとは言えません。彼女になったつもりが、男にとってはただのセフレだったとなればこれほど悲しい事はないでしょう。

恋愛に内気な独女が改善すべき事
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛に内気な独女が改善すべき事

内気な人はとにかく自分自身の内向的な性格を難しく考えすぎてしまいがちです。特に恋愛面ではその傾向が強く、積極的に恋愛を楽しめる人を羨んだり、自分の不甲斐なさに苛立って自信を失くしてしまったり……。

私が一番! 自己正当化する女性の残念な特徴
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

私が一番! 自己正当化する女性の残念な特徴

人はどんなにいい人であっても利己的な一面を持っていますし、多少は自己正当化してしまうものです。ただ、自己正当化が過ぎるとかなりうざい人間に。気が付かないうちに周囲から、めんどくさい女なんてレッテルを……。

結婚する気がないのに付き合ってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

結婚する気がないのに付き合ってしまう理由

ある程度の年齢になると男性との付き合いに対して結婚を意識してしまうのは当然の事。でも、自分は結婚を意識していても、彼氏も同じように考えているとは限りません。

Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

男性がイライラする女性の特徴

人間関係においては、誰しも多少はイライラした事はあるはず。中でも厄介なのは無意識の内に人をイラつかせる言動をしてしまう人。わたしは大丈夫!」なんて思っている人ほど危ないかもしれません。