「家事分担が出来ない夫婦は長続きしない 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

結婚/離婚コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事分担が出来ない夫婦は長続きしない

家事分担が出来ない夫婦は長続きしない

共働きと育児夫婦に家事分担は欠かせない

夫婦の家事分担の上手な方法についてお悩みの皆さん、こんにちは。あんりあの編集長Shinnoji_Uraです。

最近は、結婚しても働く女性が増えました。ところが独身の頃のように自分の事だけやって意気揚々と職場に出勤すれば良いとはならない。子供が生まれれば子供にも手がかかるし、家族が増えればそれだけ、

・洗濯の量も食事を作る量も増える。それに、清潔にも気を配らなければならない

しかし掃除嫌い・苦手な女性は意外に多い、整理整頓が出来ないタイプですね。その為、仕事疲れの身体を引きずっての家事などは大変だと思うことも少なくないでしょう。

そんな時に必要なのが「家事分担」、ですね、上手な夫婦はどうしているのでしょうか? 今日も暴いていきましょう。

子育てをしながら女性として働き続けるなら

子育てをしながら働き続けるなら、家事など上手に手を抜いて完璧主義から脱出して暮らすことも必要になってくるのだが、なかなかそれができない・やり方が分からない女性が多い。未経験の事なのである程度は仕方ないだろう。

・なので、夫婦で家事を分担して暮らすことが必要になってくる

夫に「家事も育児も女性の仕事だ、やって当たり前だろ」なんて言われたら、アナタの腸はきっと煮えくり返るだろう。最悪の場合、離婚の原因になる事もあり得る。

家事分担が上手く出来ないと、女性はイライラしながら暮らす事になる。また、フルタイムで働く女性だけでなく、パートであっても専業主婦であっても、夫が積極的に家事を行おうとする夫婦の方が長続きする傾向にある。共稼ぎの夫婦であれば尚更そうであろう、これらは当たり前だ、お互いを支え合うのが夫婦なのだから、

・それが分かってないのなら、分かろうとする努力が必要だ

という事である。「パートであっても専業主婦であっても、夫が積極的に家事を行おうとする夫婦」になれば良いだけです。

上手く協力して家事を行う

核家族が多くなったと言われているが、女性が子供を産み育て仕事もバリバリとこなしたいのであれば、同居する方がメリットがある。姑と家事を分担したり、夫と分担しながら家族みんなで協力して家族の幸せに努めることができる。家事分担方法は簡単だ。

・得意なものを家族でそれぞれが担当する
・分担表を作成する
・今や便利な世の中、アプリなどを活用する

また、家事分担で悩んだりケンカすることも少なくないのだが、上手く行うコツはいくつかある。

・新婚時に決めてしまう
・家事は収入によって決める
・家事の内容を明確にする

事だ、コレが「自然に出来てる夫婦」は幸せそうに見える。幸せそうに羨ましがっているのなら、

・アナタもそうすれば良いだけ

の話です。そうすれば、幸せな夫婦生活が築けるワケです。次からもっと具体的に考えてみましょう。

夫を家事育児に協力させるには、環境に合わせて臨機応変に

夫を家事育児に協力させるには、環境に合わせて臨機応変に

結婚する前と後では当然環境も変わってくる。同棲生活から結婚するカップルもいるだろうし、最初は別々に暮らしていたのが子供が出来たり、姑と同居することもあるかもしれない。

また、全ての家事を行っていた専業主婦希望であった女性が、働きだすこともあるだろう。そんな時、男性も女性が不公平だと不満を感じないように努力する必要がある。

料理にかける手間暇が短くなったと、妻を怒ったりしない事は当たり前である。コレが分かってない夫婦も意外に多い、このコラムでその真実に気付いたなら、

・アナタの夫がもしそういう言動を吐いてもスルーする心を持てば良い

夫婦喧嘩をしている場合ではない。家事分担を行い、幸せに暮らすルール作りの方が、今はアナタに大切なのでしょう?

どうしたら上手く家事分担できるか

家庭に限ったことではないが、何事もやはり早めに話し合うことが大切だ。利益を生み出さない家事を、甘く見ている男性は多い。

子育ても、やってみて初めてその大変さが分かってくる。「心」がある人間の子供を思いやりがある優しい子に育てたり、世の中に適応できる子にする為には、機械的な接し方ではダメだ。そこには、

・夫婦や家族のチームワークや、生きること働くことの意味や面白さ、協力し合うことの大切さを真剣に伝えて行く必要がある

家事の押し付け合いをする姿を見せたり、愚痴を聞かせている場合ではない。共稼ぎであっても、専業主婦であってもハッピーな家庭を作りたいという目標は変わらないはずでしょう。なので家事分担するメリットはとても大きい。アナタもそう思ってこのコラムに目を通しているはずだ。

聞く耳を持たない旦那も中にはいるだろうが、とにかくまずは話し合おう。場合によっては、両親も交えて話し合っても良い。もしかしたら、

・逆に経験値のある姑からの協力を得られる可能性もある

完全同居でなくても、困った時に家事や子育ての力になってくれる存在はかなり大きいものだ。

家事分担の大事さは夫婦の絆にも繋がる

世の中の価値観や傾向を見れば、今後益々働く主婦は増えてくることだろう。政府もそれを推進しているように感じられる。

これからの時代は、結婚したら、家事分担について取り決めることも、常識的なことになってくると思います。

それは、夫婦や家族の幸せの為。離婚を防ぐことにもつながります。また専業主婦であっても、それが必要になります。専業主婦だろうが働く主婦であろうが、

・パートナーに気にかけてもらったり労ってもらっていると実感できることが嬉しい

のは当たり前の感情です。子なしの専業主婦であっても同じです。つまり、夫から何をしてもらったかではなく、何をしてあげたいと思ってもらえているかがポイント。そうすれば、多少肉体的にキツイ時も女性は頑張っていける。女心は複雑なもので、男に完全に理解させるのは難しい。

だから家事分担も当たり前に出来る夫婦と出来ない夫婦がいる。話し合うなら早い方が良い。アナタの夫は時間が経てば経つほど「なんで今更、俺が家事しなきゃいけないの?」と考えちゃいますよ?

離婚を決意するきっかけサインまとめ

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家事分担が出来ない夫婦は長続きしない が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手にプロポーズされたらどうする?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手にプロポーズされたらどうする?

不倫恋愛において、結婚は考えないのが暗黙の了解。でも、もし不倫相手からプロポーズされたら――アナタならどう反応しますか?「今の旦那と離婚して、自分と結婚してくれ」そんな風に言われたら――どう行動すればいいのでしょう?

社内不倫に発展するきっかけまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

社内不倫に発展するきっかけまとめ

不倫は当然倫理に反する行為ですし、社内不倫となるとかなり面倒な事態に陥りがちな事は誰が考えても明白。でも、現実には社内不倫は多発しており、実は「社内不倫なんてあり得ない!」なんて断言していた人が思いがけず社内不倫にハマってしまう事もあるんです。

奥さんの元に戻る不倫相手の心理
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

奥さんの元に戻る不倫相手の心理

既婚男性と不倫中の女性がつい考えてしまうのが“不倫相手との結婚”ですね。しかし現実はかなり厳しく、不倫の末に結婚に至るカップルは稀。多くの不倫男はいずれ奥さんの元に戻っていきます。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫の常識? 長続きのルールとは

結婚という明確なゴールのない不倫関係ですが、いつか終わりはやってきます。ズルズルと継続しがちなイメージのある不倫ですが、意外に呆気なく終わったりするもの。なるべく長く関係を続けたいと思うのであれば長続きさせる為にコツやルールを知っておく必要があります。

曖昧な関係で満足してしまう女性の特徴
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

曖昧な関係で満足してしまう女性の特徴

男女の関係は複雑で千差万別。正しい恋愛の仕方なんて決まりはありませんし、独身であればどんな恋愛も自由でいいはずです。だから当然、世の中には純粋に恋愛と呼ぶべきか否か迷ってしまうような“曖昧な関係”も存在します。