「夫の低収入に不満ならお前も働けが夫の本音 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

メルマガはじめました

大人の女のドロドロマガジン、あんりあだけのスペシャルコンテンツ。

本当にあった不倫な話から、読者のお悩み相談まで、濃厚不倫×イケない恋の限定エピソード大公開中!

お名前 (必須・ニックネーム可)

メールアドレス (必須)

性別 (必須)

年齢 (必須)

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

結婚/離婚コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫の低収入に不満ならお前も働けが夫の本音

夫の低収入に不満ならお前も働けが夫の本音

夫の収入が低くて不満

「お金が無い」が口癖の女。あなたのそばにもいませんか?何気なく悪気なく口にしているこの言葉。実は、周りをけっこう不愉快にさせる言葉だってご存知ですか?こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

夫の収入がいくらであれば満足できるのか分かりませんが、皆一生懸命頑張って働いていたりやり繰りしている中、何の努力もする事なく愚痴っている姿は人をイライラさせるものです。

聞いている人達の本音は、「それならお前が働け!」です。そしてそれは、夫の気持ちでもあるのかもしれません。それでは、今日も暴いていきましょう。

収入が少ない事がなぜ不満につながるのか

夫の収入が低くて不満に思っている女性たちには、最初から収入が少ない事を承知で結婚した人もいれば、何らかの理由により結婚後に激減した人もいるでしょう。

夫の収入が少なくなった事を、騙されたと受取り離婚する人も中にはいます。また、夫と結婚する時、収入よりも愛情が大事だと思っていたはずなのに、長い年月の間に気持ちが変化してきます。夫の収入が決して無いわけでなく、自分もパート等少し働いて協力すれば十分やっていけるのに、それはできないと言います。

・夫の収入に不満があるのに専業主婦であり続けようとする

やはりこれではよくありませんよね。

絶対に働きたくない女

例えば、夫の収入が月20万円であっても30万円であっても、それを少ないと感じる人もいれば平均くらいだろうと思う人もいます。

また、子供の数によっても金銭的なゆとりは変わってくるでしょう。いずれにしても、足りないと不満を言うよりも自分も積極的に稼ぐ事。そっちの方が賢い方法なのです。

ところが絶対にそれは嫌だと言う女性もいます。

・働く事が嫌い

・働く自信がない

・妻が働く事を恥ずかしいと思っている

私は働くのが嫌ですと言っていても、何とか生活できるうちは良いのです。しかし、夫の収入を知らないで何とかなると思っているなら危険です。収入があまりにも少ない場合、夫の小遣いを減らすだけではどうにもならなくなる日がいずれやってきます

いくら夫を責めたところで、何も解決はしません。皆一生懸命働いて「今」があります。悔しさや辛さに耐えて、稼ぎ出したお金に少ないなんて言う権利はあなたにはありません。

・まして、家計が大変であるにもかかわず働いて協力をしないあなたは、本当に妻と言えるのでしょうか

夫の収入が不安定な方や不安に思う方は、もっと本気で考えるべきではありませんか?家事を手抜きしてでも、収入を増やすべきです。

育児中の方であっても、時間をやりくりして短いパートやアルバイトをしたり、外出が難しいのであれば在宅ワークと言う道もあります。中には悪徳業者も無いわけではありませんが、確かな会社だってもちろんあります。

夫婦でカンパイ!

夫の低収入に不満ならお前も働けが夫の本音

働く事に抵抗がある人。それにはきっと何か理由があるのだと思います。過去に嫌な経験をした方や、長期間仕事から離れ自信が無い方もいらっしゃるでしょう。探そうと思えば、働かない理由はいくらでも見つかると思います。

もちろん、それでも生活に不満や不安がないのであれば良いのです。節約する事で、充実した楽しい生活を送っている方だってたくさんいるのですから。

しかし、節約や工夫する事すらせずに、夫の低収入を責める事はお門違いもいいところです。

大変な時は、支え合うのが夫婦

金銭的に大変な時も、当然妻が支える事も当たり前です。

確かに働く事は大変な事ですが、実際にやってみると案外楽しい事もあるものです。人との出会いもあれば、新しい自分の可能性を発見できる事もあります。頑なに働かないと言い張っているのではなく、ダメもとでやってみた方が得ではありませんか?

・面と向かって夫から「お前も働け」と言われてしまう前に、自分から働く事を提案した方がスマート

こういう時こそ、夫婦の絆が試されるものです。頑張って二人で働いた後は、発泡酒で乾杯すれば良いのではないでしょうか。きっと旨い酒が飲めるはずですし、新しい楽しみが見つかるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫の低収入に不満ならお前も働けが夫の本音 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
悲惨、行き遅れ女の特徴と末路
Writer by Shinnoji_ura 結婚/離婚コラム

悲惨、行き遅れ女の特徴と末路

昔は26~27歳、アラサーと言われる年代に差し掛かったら行き遅れなんて言われていましたが、現在は30歳がひとつのボーダーライン。ですが、悠長に構えていると行き遅れて悲惨な人生を歩む事になるかもしれません。

不倫は性欲? 身体の関係だけのリスク
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫は性欲? 身体の関係だけのリスク

多くの人は不倫に恋愛感情から入るわけではありません。ズバリ、不倫の目的は持て余した性欲のはけ口であり、あるいは日頃のストレスからの逃げ道。もしくは、刺激のない日常への反発や好奇心です。

不倫がバレて職場で噂になったら
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫がバレて職場で噂になったら

誰にもバレないように、疑われる事さえない不倫をするのであれば、倫理には反しますが傷つく人はいません。が、不倫がいつどこでバレるかは誰にも予想はつきません。

過去の不倫相手と復縁するには?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

過去の不倫相手と復縁するには?

不倫関係には別れが付いて回ります。元々破たんした状態から始まる恋愛ですので、結婚に至る事は稀。ですから、「いつかは別れる」そんな状況下で恋愛をしなければならないのが不倫恋愛の特徴です。

不倫している友達に嫉妬してしまう女たち
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫している友達に嫉妬してしまう女たち

女心は複雑で、時に仲の良い友達にさえ嫉妬してしまう事が。特に顕著なのが幸せな友達に対する嫉妬。幸せを一緒に喜ぶべきというのはわかってはいるのですが、他人の幸せが喜べないという女性は多いですよね。