「女の不倫が発覚するきっかけ、バレたら終わり 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女の不倫が発覚するきっかけ、バレたら終わり

女の不倫が発覚するきっかけ、バレたら終わり

アナタの不倫、バレバレではありませんか

不倫関係の中「バレたらどうしよう、でも止められない」でお困りの皆さんこんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

今現在、不倫生活を満喫している女性の皆さん。

・自分だけは絶対にバレたりしないと思っているかもしれませんが

結構、バレちゃったりしているかもしれませんよ。バレてるけどスルーされて、裏で証拠集めされてるとかも含めてですね。

今日はそんな、不倫が発覚したらどうなるか、について詳しく暴いていきましょう。

地雷(不倫バレ)を踏んだらさようなら

もちろん、不倫が発覚したらたくさんのものを一気に失くしてしまいます。ご存知だとは思いますが、不倫で人生を棒に振った人達は驚くほど居ますよね、有名人、芸能人でも良いですし、企業家等のスキャンダルでも構いません、そういえばあんなニュースあったよね、はいっぱいあるはずです。

このように誰しも始めは、慎重にぬかりなくやっていても、慣れとは恐ろしい物。

・ちょっとした油断で、全てが公になる

事もよくある話です。不倫が発覚するきっかけは、アナタが思い描いているより、そこらじゅうにたくさんあります

・携帯電話の着信履歴やメール
・予測変換
・香水
・メイクの時間差
・外出頻度の変化
・トイレの蓋が開いている
・たばこを吸わないのに臭いがする

まぁこれでも氷山の一角です。また、最近はソーシャル需要が高まるのもあり、twitterやfacebook等、SNSでバレてしまったと聞きこともよくあります。

SNSで不倫がバレるなんて最悪ですね、周りの友人など、関係無い人間関係すら崩壊を招きますよ、まさに地獄絵図とはこの事です。更に追い打ちではありませんが、他にも疑わしいと思わせる事はいくつもあります。

・肉体関係に夢中で電話に出ない
・助手席の位置がおかしい
・見知らぬラブホテルの会員証が見つかった

日中しゃっきりしている時であれば、慎重に対応して上手に隠し続けている強者と呼ばれる女性達も居ますが、寝ている時まではコントロールは出来ませんよね。

寝言で、不倫相手の名前を口にしていることもあるかもしれませんよ

慌てて、昔飼っていた犬の名前だととぼけてみせても、果たしていつまでごまかせるでしょうか。

至る処に矛盾が時と共に重なり合っていく

質問された事に対して流暢に答えていたとしても、話す内容に矛盾や首をかしげるような事が見えてくるものです。嘘に嘘を塗り重ねるとその嘘はどんどん肥大して抑制が利かなくなり、アナタ本人ですらまともに思考する事が出来なくなります。

そしていざ、不倫を問いただされた時に、自分では上手く言い訳しているつもりでも、もうとっくにバレバレかもしれません。そして、

・被害者は既に次のステップに進んでいる

かもしれないのです。

証拠を掴んで離婚の準備。夫は、虎視眈々とその時を待っているかもしれないのです、そんな事ないと軽く言い切れる理由はありますか?

・気づかない振りをして、あなたのことを泳がせているだけだったらどうしますか?

そもそも男性はプライドが高い生き物。裏切られた時に、愛を憎悪に変えるのは容易い事です。妻を愛していればいるほど、不倫という名の裏切りを突きつけられた時の屈辱は計り知れない物になります。

もしかしたら、アナタではなく、

・アナタの不倫相手を血眼になって探している

事だって考えられますよね。もしあなたが逆の立場だったらどうですか? 同じように深く傷つき、苦しむのではないでしょうか。もっと具体的に考えてみましょう。

どうして不倫したのか

どうして不倫したのか

現代、簡単に不倫に走る女性は確かに少なくありません。理由も色々あるようですし、その理由を聞けば、本当はいけませんが、確かに同情してしまいそうになる事もあります。それに、

・魔が差した
・イライラしていた
・夫婦喧嘩して悲しかった

等、本当に不意に訪れた悪魔の囁きに耳を傾けてしまった事で、夫以外の男性と深い関係になってしまう事もあるようです。またそういった事の仕返しのつもりで不倫する女性も居ます。しかし、いずれにしても後悔することになるでしょう。何故なら、

・あなたは根っからの不倫依存ではないからです

根っからの不倫大好き女も確かに居ますし、もはや病気のように不倫関係を持ちたがる女性も居ます。でも、

・本来本気で向き合っていたからこその夫婦ケンカや、それによるイライラ。或いは寂しさから魔が差してしまったのであれば、それは人間の弱さからくる物です

であれば、ブレーキをかける事だって出来るはずなのです。優しい男の言いなりになるのではなく、別の打開策を考えるべきです。それは、やはり夫と真髄に向き合う事ではないのでしょうか、また思い出してみて下さい、「そう思ったからこそ今の夫と結婚したのではないのですか」

過ちだと思ったなら家族を守れ

やむを得ない離婚もあるでしょう、どうしても仕方がない離婚があることも分かります。でも、出来る事ならそんな事はしないに越した事は無いはずです。

アナタの為、アナタの家族の為にも、不倫など自らの人生を崩壊させてしまう道を選ぶのはギャンブル過ぎると思いませんか。

不倫は、裏切り行為である事はもちろん、

・それはバレてもバレなくても一生あなたの弱みとして纏わりついていくでしょう

不倫相手から脅される危険が無いわけでもない。本当に家族は打ちのめされるでしょう。だから、こんなくだらないことを選んではいけないのです。それでも、「不倫をしたら逮捕」というような法律はありませんね、だから大事なのはアナタの意思なんですよね。

不倫してて本当に楽しいですか?楽しいなら良いんですが、たまには後ろを振り返る事も重要です、振り返っている間に前から刺されたらどうでしょうか。

バレた不倫関係、その後家庭の修復は可能?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女の不倫が発覚するきっかけ、バレたら終わり が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。