「一生続く不倫関係など存在しない 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一生続く不倫関係など存在しない

愛人体質になると怖い

いつか終わりが来るのが不倫

結婚をゴールと仮定するならば、残念ながらどんな恋愛であっても多くのカップルに別れの時はやってきます、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

もちろん結婚して生涯連れ添う事ができれば最高ですよね。大事な相手と最後の瞬間まで一緒にいられるというのは最大の幸福であるかもしれません。

・でも、不倫関係でその瞬間が訪れる事は殆どないでしょう、何故なら、一生続く不倫関係なんて、ほぼ存在しないからです

どんなに上手く二人の関係を隠したとしても、一生不倫の不誠実な関係を継続する事は難しく、また貫けたとしても結局は不幸になるだけ。

それに早く気が付かないと大変な事になっちゃいます。今日も一緒に暴いていきましょう。

不倫関係を一生貫いたとしても

不倫関係を一生貫いたとしても、アナタには何も得るものはありませんし、不倫相手に何かを残す事もできません。

現在の日本では病床で最期の瞬間を迎える人がほとんどですが、不倫関係では胸を張って会いに行く事なんてできませんよね。

当然保険金や遺産等も貰う事もできなければ残す事もできません。

・遺言書等で遺産相続を言い残していたとしてもトラブルになる事は火を見るよりも明らか、それどころか不倫の慰謝料を請求されてしまいかねません

不倫をするのは個人の勝手ではありますが、不倫は得るものは少なく、失うものばかりの不毛な恋愛です。

それに一生を捧げる覚悟のある人がどれだけいるでしょうか。

年を取って捨てられたら?

不倫女が一番恐れなければならないのがここ。

・年を取ってから捨てられてしまう可能性です。若ければまだやり直しはできますが、年をとってから捨てられた不倫女なんて目も当てられないほど悲惨です

新しい恋をするエネルギーもなければ、相手にしてくれる男も皆無。結局寂しく一人で年を取り、悲しい老後に一直線です。

そもそも良い年して不倫の不毛さに気が付かない時点で半分手遅れなのですが……。

相手が死ぬまでアナタを愛してくれればまだマシですが、平気で配偶者を裏切る不誠実な不倫男が一人の女を死ぬまで愛するなんて考えられますか?

・一生を不倫恋愛に捧げるのであればどうぞご自由に。でも、どんなに後悔しても不倫恋愛に費やした時間は取り戻せません

一生に一度の恋なんて夢を見て心血を注いでいる間に若さはみるみる失われてしまいます。気が付いた時には誰にも相手にされないおばさん――なんて事になりたくはないですよね。次からもっと深く暴いていきましょう。

愛人体質になると怖い

愛人体質になると怖い

不倫にハマると愛人体質になってしまい、普通の恋愛はなかなかできません。

この「愛人体質」はかなり厄介。愛人は悲劇のヒロイン、報われない存在である事が前提であり、だからこそ手放しで幸せな状況を喜べないんです。

・幸せが怖い、いつか不幸になるのではないか、不幸でないと落ち着かない、存在意義が感じられない、大事にされればされるほど相手が信用できない――なんて不幸体質になってしまうんですね。

愛人体質は女の幸せを完膚なきまでにぶち壊してしまう恐ろしい体質です。愛人の方が落ち着く、なんて言ってる人はもう相当危険です。

やり直すのなら早い方が良い

不倫関係を一生続ける事はほぼ不可能ですし、たとえそれができたとしても残るのは虚しさのみ。不倫恋愛を貫いた事は胸を張って誇れる事ではありませんよね。

一生不倫を貫いた、それが一生に一度の、あるいは一世一代の恋だったなんて言っても鼻で笑われてしまうと虚しさしか残りません。

人生やり直すなら早いにこした事はありません。ぼやぼやしていると時間的にも気持ち的にも本当に取り返しのつかないところまで行ってしまいます。

他の男に相手にされなくなる前に、あるいは愛人体質になる前に見切りをつけないとお先真っ暗です

冷静に考えればどうすべきか、わかりますよね。

不倫を継続させる事に意味はある?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一生続く不倫関係など存在しない が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。