「不倫相手を運命の人と勘違いする女性 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手を運命の人と勘違いする女性

不倫相手を運命の人と勘違いする女性

不倫相手は運命の人?

運命の人、自分にもいると信じたい、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

不倫相手こそ運命の人だ、そんな風に熱く語る不倫女がいますが、それはただの勘違い。

・まずもって不倫である以上、結ばれる運命にはないはずです

別れるのも運命? 不倫をするのも運命? それとも不倫を乗り越えて結ばれるのが運命とでもいうのでしょうか? 今日も暴いていきましょう。

背徳が運命なんて嫌

不倫というのは配偶者にとっては大きな裏切りであり、何よりも大きな不幸です。人を蹴落とし、不幸にする運命の出会い、そんなものを運命だと本当に思っているのでしょうか。

運命的な出会いがあるか否かは別にして、自分あるいは相手が結婚しているという時点で、普通は恋愛対象にもならないはず。

・それを無理やり運命の人として、恋愛対象にするなんて、恋愛観が歪んでいるだけです

結婚したら恋愛感情を抱いてはいけないという意味ではありません。ただ、不倫相手を運命の人と思い込んで、自分の歪な恋愛を正当化するその姿勢が勘違いであり、周囲からすれば不快だという事です。

不倫を運命だと勘違いしてしまう理由

不倫を運命的な出会いだと感じてしまうのには、実はきちんとした理由があります。

・その理由とは、「大きな障害がある事」です

一般的に大恋愛というと様々な障害を乗り越えた先に掴み取るものだと認識されています。

恋愛映画やドラマでも、病気や家族の反対等、様々な障害のある恋愛が描かれ、劇的な展開が用意されていますよね。

・そして、リテラシーの低い女ほどこの「大恋愛」に憧れてしまうのです

大恋愛に憧れる女にとって、最も身近にある障害に満ちた恋愛が「不倫」なのです。

世間や配偶者を裏切る背徳感で恋愛感情は増幅されますし、思い通りにならない事で自分は悲劇のヒロインになれる。

・まさに大恋愛というもってこいの状況に自分を追い込む事ができます

そういった意味では不倫相手は人生を劇的にするには、なくてはならない運命の人という事ができるかもしれません。でも、そんな姿は傍から見れば滑稽なだけです。

・不倫をしながら相手は運命の人なの、自分は悲劇のヒロインなの、なんてアピールする女鬱陶しいだけです

不倫相手を運命の人だなんて触れ回るのは、自分の頭がお花畑な事を証明してしまうだけですし。次からもっと深く暴いていきましょう。

出会うのが遅すぎた?

出会うのが遅すぎた?

旦那と出会う前に不倫相手と出会っていれば、きっと運命は変わっていたはず、そんな風に思っている不倫女もいますが、実際には不倫相手と先に出会っていても運命はさほど変わっていないでしょう。

何故なら、不倫相手への恋心が募るのは「不倫」という状況下だからこそであり、独身ではあり得ない興奮があるからです。

独身時代に出会っていれば、普通のつまらない恋愛をして、もしかしたら別れていたかもしれませんし、たとえ結婚していても今と同じようにつまらない生活を送っていた事でしょう

すべての出会いが運命で司られているのであれば、アナタが旦那と出会い、結婚したのも運命のはずですし、旦那こそ運命の人であるはず。

その運命を否定して、不倫相手が運命の人だと思い込むなんて都合が良すぎると思いませんか。

運命なんて信じても幸せにはなれない?

運命の恋・運命の人というとロマンチックな響きがあり、憧れを抱く人も多いかもしれません。

でも、不倫相手を運命の人と言ってしまうように、自分の都合の良い運命だけを信じるなんて愚の骨頂。

・自分に甘い女ほど、都合の良い様に運命という言葉を連発します

不倫関係になってしまったのも運命だし、自分が幸せでないのも運命――不倫や逆境は自分に与えられた試練であり、自分は悲劇のヒロインだなんて勘違いも甚だしいですよね。

運命だから不倫をしても良いなんていう理屈は決して通用しません

悲劇のヒロインになりたいのは結構ですが、結局は自分の過ちを運命という言葉で正当化したいだけです。その姿勢、周囲にはとっくにバレているかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手を運命の人と勘違いする女性 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。