「不倫相手がまだ好きで忘れられない? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手がまだ好きで忘れられない?

不倫相手がまだ好きで忘れられない?

別れた不倫相手が気になる

気になってるだけなら良いのですが、人間、そこまで理性を保てるかと言われると微妙ですよね。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

不倫が終わったにも関わらず、相手が忘れられないという女性も多いです。好きだったのに振られたというケースはもちろん、

自分で関係を終わらせたにも関わらず、未練たらたらなんていう事もあります

別れ方や付き合っていた時の関係にもよりますが、やはり「まだ不倫相手に気持ちが残っている状態で別れた」という場合にはなかなか忘れられないものでしょう。

でも、そうやって不倫相手の事を思い続けて、アナタに何か良い事はあると思いますか? 今日も暴いていきましょう。

不倫は元サヤの可能性が高い?

まだ好きだから忘れられないなんてただの甘えです。終わった関係にいつまでもしがみついていては一歩も前に進めません。

不倫って実は、やけぼっくいに火が付く――いわゆる元サヤの確率が高いんです。よりを戻してしまう理由はいろいろあるのですが、

・不倫の場合は「望んで別れたわけではない」為に、気持ちがなかなか振り切れないというのが最も大きな原因です

不倫関係がバレてしまったから、あるいはバレそうになったから、結婚・将来が望めないからと、言い訳がいくらでも出てくるのです。

不倫ではお互いにまだ好きであるにも関わらず、保身や将来の展望を考えた別れになってしまう事が多いので、気持ちの整理が付けにくいんですね。

・「嫌いになって別れた」わけではない、これが不倫の恋愛感情を別れた後も引きずってしまう大きな要因なんです

でも、好きだから・忘れられないからと言って、元の関係に戻ってしまうのは大変危険ですし、ただの時間の無駄です。

将来がない事、自分の人生が潰れてしまうリスクがある事はもう重々わかっているはずです。

まだ好きだから、忘れられないから――そう言って一度区切りをつけた恋心を再燃させるのは勝手ですが、そんな事をしていても現状は悪化するだけです。次からもっと深く暴いていきましょう。

まだ好きな不倫相手と別れられる?

まだ好きな不倫相手と別れなければならない」これは大変苦しい事です。

でも、別れなければならないというからには何か理由があるはず。

・関係がバレそうになったのか、それともその不毛さに気付いたのか、あるいは我慢が限界に達したのか――それはわかりませんが、少なくとも不倫相手と別れるという事は、一歩前進する事です

別れてしまえば会えなくなってしまう、考えたけでも押しつぶされそう――。それでも別れなければならないと思うのなら、それを貫き通すしかありません。

でも、不倫の場合なかなかうまく別れられないんですよね。何故なら、不倫の当事者はお互いにわがままで自己中で、自分に非常に甘いからです。

・自分がなるべく傷つかないように、痛みを感じずに済むように、自分が悪者にならないように、お互いがそう考えてしまい、結局ズルズルと関係を継続してしまいがちなんです

そして、一旦別れてもその甘さからよりを戻してしまう――なんて、バカみたいですよね。

別れの痛みを受け入れられる?

そもそも不倫でなくても恋人と別れるには何らかの痛みが伴います。

相手に対して冷めきっているのなら別ですが、好きな人から振られ、立ち直れないほど傷つく事なんて、不倫でなくともざらにある事。

でも、不倫女はまだ好きだから、会えないのが死ぬほど辛い、寂しいなんて甘えた事を言い、すぐに自分を悲劇のヒロインに仕立て上げてしまいます。

不倫女はまるで自分だけが辛い立場にいるように振る舞いますが、不倫は哀しい恋である事、実る可能性の低い、将来性のない恋愛である事、いつか別れが来る事、それは不倫を始める前にわかっていた事のはずです。

それに踏み込んだのだから自業自得なんです。

それなのに、下手に首を突っ込み、いざ別れるというときになって未練たらたらなんて可哀想ですよね

別れの痛みを受け入れる気がないなら、初めから不倫になんて、いや、恋愛になんて首を突っ込むべきではないのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手がまだ好きで忘れられない? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。