「不倫で泣き寝入りする女性の特徴 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫で泣き寝入りする女性の特徴

不倫で泣き寝入りする女性の特徴

不倫でトラブルになったらどうする?

不倫にはトラブルがつきものです。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

不倫がバレて慰謝料を支払う羽目になったり、家庭や職を失ってしまうケースは今までも述べてきた様に、少なくありません。

・妊娠した挙句に捨てられて、シングルマザーになってしまったり、あるいは中絶を強要されて心身ともに大ダメージを負ってしまうなんていう事もあります

まぁ、それもこれも不倫なんてバカな行為に走った罰、自業自得といえばそれまでですが、もしそれが身近な人だと、あまりにも惨めで些かかわいそうな気もしますね。

では、もしアナタがその不倫の当事者だった場合、不倫トラブルが生じたらどうしますか? 今日も暴いていきましょう。

泣き寝入りするしかない?

不倫関係のトラブルで厄介なのはそのトラブルを他者に相談しにくいという事です。

人に相談するためには自分が不倫をしていた事を打ち明けなければなりませんが、そうなると当然不倫をした事を咎められるのは避けられません。

・さらに、相談相手を間違うとそこから不倫の事実が明るみに出てしまう可能性もありますよね

だから不倫では小さなトラブルはなかなか他者に相談できません。

二進も三進もいかなくなって、誰かに相談しようと思って腰を上げた時には既にトラブルが大きくなっており、手の施しようのない窮地に陥っている事がほとんどです。

結果として泣き寝入りが一番という状況になってしまいます

でも、自分の保身のために我慢した挙句に泣き寝入りするしかないなんて、バカみたいだですよね。

自分に甘い女

不倫トラブルで泣き寝入りする女の多くは自分に激甘な傾向にあります。

・自分が一番可愛いから、保身を一番に考えてしまいますし、考えが甘いから少しのトラブルならなんとかなるだろう

なんて考えてしまうんです、そんなわけないのに。

そもそも不倫女の多くは世間を甘く見ています。不倫トラブルもその悲惨な結末も知ってはいるけれど、絶対に自分の身には降りかかってこないとなぜか思い込んでいるのです。

でも、そんな保証がどこにあるのでしょう。

自分で大きなリスクを伴う行為をしておきながら、自分だけは安全だと思っている――そんな甘い考えだから、トラブルが起こっても対処が遅れて、泣き寝入りするしかなくなってしまうんです。

次からもっと深く暴いていきましょう。

不倫相手を返り討ちにできる?

不倫相手を返り討ちにできる?

泣き寝入りするよりは、不倫相手を返り討ちにする女の方がまだいくらかマシかもしれません。

・不倫はお互いに大きな弱みとなるので、不倫を暴露し、トラブルを公にする等すれば、相手を追いつめて破滅させる事も可能です

ただし、不倫相手を返り討ちにする為には自分も相応の不利を被らなければなりません。

不倫が明るみに出れば、非難されるのは不倫相手も自分も同じ。不倫相手を返り討ちにするには、相応の覚悟が必要なんです。

不倫がバレれば友達も仕事も失うかもしれない、不倫女というレッテルを貼られ、心証は最悪、信用は失墜するでしょう。

・そして、不倫相手や自身の配偶者から慰謝料を請求されるかもしれない――不倫相手を返り討ちにするには、このように自爆する覚悟が必要なんです

でも、不倫に流されてしまうような女には、なかなかそんな大層な覚悟できないんですよね。

弁護士・専門家に相談

不倫トラブルを丸く収めたいのなら、早めに弁護士等の専門家に相談するのが一番です。

・弁護士等の職業には守秘義務がある為、基本的に相談した事案に対する秘密は守られます

しかも、完全に部外者となるため、冷静で客観的に状況を見て、最も効率よくダメージの少ない解決法をアドバイスしてくれます。

友達等自分に近しい人に相談するとどうしても感情的になってしまいやすく、客観的な判断はできません。

感情的なアドバイスに従って、かえって傷口を広げてしまうなんていう事も。

でも、不倫女は「弁護士は費用がかかる」「めんどくさい」「知らない人に不倫を暴露したくない」なんて言って、結局問題を大きくしてしまうんです

弁護士にさえ相談できない女が泣き寝入りしようが、不倫相手と墜落しようが誰も同情なんてしてくれません

まぁ、悲劇のヒロイン気分に浸りたいというのなら、泣き寝入りもいいかもしれませんが……、そうなる前に引き返してもらいたいものですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫で泣き寝入りする女性の特徴 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ

不倫中の彼の態度がなんとなく変わった――不倫女子の多くが体験するもやもやがコレ。少しでも冷たくなったと感じたらそれは既に飽きられはじめているサインなのですが、直接言われたわけではないからと誤魔化しちゃってません?

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫してそうな女性にありがちなイメージまとめ

不倫は基本的に公にできない恋。堂々と不倫宣言をする人は当然ですがほとんどいませんが、世の中には“不倫してそうな女性”のイメージが定着しています。イメージで決めつけるなんて些か失礼な話ではありますが、実際に不倫する女はかなりの確率でこのイメージ像に当てはまってしまうんです。

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ

不倫をする際、多くの人は“割り切った関係”“遊び”だと割り切って(割り切ったつもりで)、その関係をはじめます。最初は誰もが楽しく、バランスを取りつつ不倫関係を築いていく事が多いのですが、その関係が長引くと本気になってしまう人も出てくるのが不倫の怖いところ。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫関係で我慢し続けてもいい事はない

ただただ相手の言いなりになって、寂しいのも辛いのも我慢しておけば相手は“都合のいい女”として長くキープしてくれます。「わがままを一切言わない」これが、不倫を長続きさせる鉄則です。しかし、それで本当に満足できるのか? それは別の問題です。

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ

既婚男性との不倫に陥ってしまう女は何も初めから「不倫してやろう」と思っているわけではありません。そもそも真っ向から「不倫しようよ」なんて言って乗ってくる女なんているわけありませんから、男だっていろいろ考えるわけで……。