「不倫したという後悔はいつまでもつきまとう 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫したという後悔はいつまでもつきまとう

不倫したという後悔はいつまでもつきまとう

不倫の代償が大きい本当の理由とは

突然ですが、アナタの周りに嫌いな人がいますか?嫌いになったのにはきっと何か理由がある筈です。

その理由は大きな事から、ほんの些細な事まで様々でしょう。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

悪口をその人から言われたからとか、騙された、ハメられたから、或いは、空気を読めない人で、会話のキャッチボールが上手くできなくてイライラしてしまったから等。

他にも、昔苛められた事があるとか、傷つく事を言われた事をずっと引きずっている場合もあるかもしれませんね。

最低最悪なヤツ!こいつさえいなければ自分の人生は幸せだったのにと、悔しく思っている人も中にはいるかもしれません。

しかし、本当に苦しく思うのはそんな大嫌いな存在が自分であった場合です……そう、今日も暴いていきましょう。

不倫をしてしまった自分を許せない

実は自分を嫌いになる事が何よりも辛く苦しい事なんです。
まだ憎むべき存在が、どこか別のところにいる方が良いんです。

本当に嫌なら離れる事もできるでしょうし、誰かと一緒になってその人の事を責める事もできます。

でも、自分を許せない場合、その嫌いな存在から逃げる事ができません

どんなに責めたところで、気持ちが楽になる事は生涯ありません。

不倫をした恐ろしい事実が残る

不倫とは、アナタだけでなく、アナタの身の回り全てを、それもこちらの勝手で徹底的に傷つけてしまう行為。

それは悪口を言う事(不倫相手の奥さんの不足を否定する事)であり、ハメる事(騙す事)であり、空気を読めない事(やってはいけない事をやる事)であり、会話のキャッチボールができない(相手の気持ちを受け取らない事)であり、いじめる(傷つける)事。

アナタがこれまで散々悪く言っていた人と同じ、或いはそれ以上に酷い事をする事なのです

どんなにアナタが逃げたくても、不倫をした恐ろしい事実からは、一生目を背ける事はできないでしょう。さて、次からもっと深く暴いていきましょう。

後戻りしたいのにできない

後戻りしたいのにできない

生きていれば、毎日色んな事がありますよね。

職場で、子供の親同士の付き合いで、理不尽な事や悔しい事、腹立たしい事もあれば理解されず泣きたくなる事だってある。

悪意ある誰かによって、孤立に追い込まれてしまった等と聞く事もありますし、とにかく今を生きる事は楽ではありませんよね。

一生懸命頑張っている事がバカバカしく思える事もあるでしょうし、人の悪意に絶望を感じる時もあるかもしれません。

そんな時、全部ブン投げてどっかに行きたいと思ったり、胸の中に隠していた真実や本当の気持ちを全部ぶちまけてしまいたいと思う。
でもそれができないから、何かにすがりたくなるんですよね。そんな時、

優しく受け止めてくれる男性が現れたらきっと心は揺れてしまう。ストレス解消に冒険してみたくなる

しかし、一線を越えてしまったらどんなに後悔しても後戻りはできません。

こんな自分は本当の自分じゃない!嫌だ!

と思っても、配偶者以外の男性に身を委ねた事実は、一生消えません。

罪悪感に心が痛い

自分の行動が間違いだったと反省して、その後不倫関係の相手からのメールを一切無視して疎遠にしても、残念ながら不倫の事実は変わりません。

本当は一番傷つけたくなかった存在である夫を傷付け、自分で勝手に夫との間に距離を作って疲れ果てる。

それは、本当はアナタが真面目で優しい人だからです

それ故に、罪悪感に心が痛むのです。そう、アナタは人間なのです。

とは言え、もし夫にバレて離婚したいと言われれば、それを受け入れるしかない。
別れたくなくても、別れる道に進んでしまうかもしれないのです。

ここまできて、初めて事の重大さに気が付く女性もいます。

不倫と聞くと、火遊びの様な軽い気持ちでセックスする関係のようなイメージも強いですが、本当の理由や経緯は誰も分かりません。

もしかしたら、他人には到底理解できないであろう、何か複雑な理由があったのかもしれません。
それでも、どんな理由があっても、一度でもそれをした女性を世の中の人は許しません。

そして何より、自分が自分を許せなくなる

本当は不倫が悪い事だと分かっている、他人の旦那さんは他人のもの。
どんな理由があっても、その事実は一生変わりません。一生です。

苦しい後悔をする事がないよう、ブレーキを是非かけてほしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫したという後悔はいつまでもつきまとう が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ

不倫中の彼の態度がなんとなく変わった――不倫女子の多くが体験するもやもやがコレ。少しでも冷たくなったと感じたらそれは既に飽きられはじめているサインなのですが、直接言われたわけではないからと誤魔化しちゃってません?

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫してそうな女性にありがちなイメージまとめ

不倫は基本的に公にできない恋。堂々と不倫宣言をする人は当然ですがほとんどいませんが、世の中には“不倫してそうな女性”のイメージが定着しています。イメージで決めつけるなんて些か失礼な話ではありますが、実際に不倫する女はかなりの確率でこのイメージ像に当てはまってしまうんです。

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ

不倫をする際、多くの人は“割り切った関係”“遊び”だと割り切って(割り切ったつもりで)、その関係をはじめます。最初は誰もが楽しく、バランスを取りつつ不倫関係を築いていく事が多いのですが、その関係が長引くと本気になってしまう人も出てくるのが不倫の怖いところ。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫関係で我慢し続けてもいい事はない

ただただ相手の言いなりになって、寂しいのも辛いのも我慢しておけば相手は“都合のいい女”として長くキープしてくれます。「わがままを一切言わない」これが、不倫を長続きさせる鉄則です。しかし、それで本当に満足できるのか? それは別の問題です。

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ

既婚男性との不倫に陥ってしまう女は何も初めから「不倫してやろう」と思っているわけではありません。そもそも真っ向から「不倫しようよ」なんて言って乗ってくる女なんているわけありませんから、男だっていろいろ考えるわけで……。