「不倫相手からDVを受けても都合のいい女でいられる? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手からDVを受けても都合のいい女でいられる?

不倫相手からDVを受けても都合のいい女でいられる?

DV男と簡単に別れられる?

不倫相手からDVを受けている、最近よく聞くようになっている問題です。DVする不倫相手なんてさっさと別れればいいのに、そんな風に感じる人が多いでしょうが、実はこれそう簡単な問題ではないんです。

こんにちは。あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

実はDVというのは一種の依存であり、DV男は相手に暴力をふるったり、怒鳴ったりする事に快感を覚え、それに依存している状態です。だから、逃げても逃げても追いかけてきて……。DV男の怖いところは執着心が非常に強い事なんです。

これが普通の恋愛であれば、家族や友人にも相談しやすいでしょうが、不倫となると話は別ですね。保身もありますし、家族や友人にはどうしても相談しにくく、結局は黙って耐えるしかない、恐怖におびえるしかないという状況になってしまいやすいんです。

そんな状況はいったいどうやって解決すればいいのでしょうか?一緒に暴いていきましょう。

最も恐ろしいのは共依存

DVで最も恐ろしいのが「共依存」であると言われていますよね。

・共依存に陥ると、暴力や暴言から逃げるという選択肢がなくなってしまい、自分もDVなしでは生きていけなくなってしまいます。

DV男の多くは、暴力や暴言をふるった後に、謝罪したり、泣きついたり、優しくなったりします。この優しい態度にコロッと騙されてしまう女は要注意。DVとその後の優しい態度の繰り返しが日常化すると、その内に相手の暴力や暴言に理由をつけ、「本心ではない」「根はいい人なんだ」なんて思い込んでしまうんです

自分がいなければ相手はきっとダメになってしまう、なんて勝手に思い込み、こうなると二人で堕ちていくだけです。

・「DV男なんか逃げればいいじゃない」そんな風に言えるのは実は全く関係のない外野だから

そして、正常な判断ができる人間ならば日常的なDVに耐えられるはずもなく、さっさと別れているはず。DVに悩む女の多くは、我慢強いがためにタイミングを逃して逃げ損ない、いつしか共依存かそれに近い状態に陥っている人が多いんです

不倫DVへの対処法

不倫相手からDVを受けても都合のいい女でいられる?

不倫DVから逃れるためには、とにかく自分が逃げるしかありません。が、不倫の場合は相手が弱みを握っているので逃げるのがなかなか難しいですよね。もし職場に押しかけてきたら、既婚者の場合は配偶者にバラされたら……なんていう不安も当然あるでしょう。

不倫DVに遭った際に与えられる選択肢は2つ。

・一つは、黙ってDVに耐え続ける事。自分がDVに耐えていれば周囲に不倫がバレる可能性は低く、自分の地位やキャリア、イメージは守れるでしょう

ただ、自分が傷つき、病んでいく事に耐えなければなりませんが……。

もう一つの選択肢は、

・保身の気持ちを捨てて、周囲に相談する事。DVの程度が酷い場合や、相手がストーカー化している場合には警察に相談した方がいいでしょう

もちろん、警察等の第三者に相談すると事が大きくなりますし、場合によっては自分の地位やキャリアに傷がつく事もあるでしょう。

しかし、保身ばかり考えていては問題は解決しません。本当にDVの問題を解決したいのであれば、保身なんて考えてはいけません。

問題を解決するにあたっては、全て丸く収めようとすればするほどどこかに角が立つなんて当然の事なんです。まして自分に非がある不倫という行為をしておいてなお、丸く収めようすると、事態はどんどん歪な状態になるだけです。
自分に非がある事を認め、多少の痛みを受け入れる、この決断ができない限り、不倫DVの問題は片付かないでしょう

不幸体質から抜け出せないと破滅する

不倫に走る女の多くは悲劇のヒロインが大好きな不幸体質である事は否めません。だから、DVを受けても半ば喜々としてその事実を受け入れています。

この不幸体質の女は自分から不幸に突っ込んでいくので、外野が何を言っても無駄。破滅に向かって一直線に進む姿はある意味では清々しいと言えるでしょう。

別に不倫もDVもお好きなら勝手にどうぞですが、早めに気がついて引き返さないと取り返しがつかない事になるのは明らかです。一生不幸を背負って生きていきたいというのなら結構ですが、その体質そろそろ改善してみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫相手からDVを受けても都合のいい女でいられる? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手がアナタに飽きたサインまとめ

不倫中の彼の態度がなんとなく変わった――不倫女子の多くが体験するもやもやがコレ。少しでも冷たくなったと感じたらそれは既に飽きられはじめているサインなのですが、直接言われたわけではないからと誤魔化しちゃってません?

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫してそうな女性にありがちなイメージまとめ

不倫は基本的に公にできない恋。堂々と不倫宣言をする人は当然ですがほとんどいませんが、世の中には“不倫してそうな女性”のイメージが定着しています。イメージで決めつけるなんて些か失礼な話ではありますが、実際に不倫する女はかなりの確率でこのイメージ像に当てはまってしまうんです。

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫で本気になってしまう女の特徴まとめ

不倫をする際、多くの人は“割り切った関係”“遊び”だと割り切って(割り切ったつもりで)、その関係をはじめます。最初は誰もが楽しく、バランスを取りつつ不倫関係を築いていく事が多いのですが、その関係が長引くと本気になってしまう人も出てくるのが不倫の怖いところ。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫関係で我慢し続けてもいい事はない

ただただ相手の言いなりになって、寂しいのも辛いのも我慢しておけば相手は“都合のいい女”として長くキープしてくれます。「わがままを一切言わない」これが、不倫を長続きさせる鉄則です。しかし、それで本当に満足できるのか? それは別の問題です。

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

既婚男性がやる不倫の誘い方まとめ

既婚男性との不倫に陥ってしまう女は何も初めから「不倫してやろう」と思っているわけではありません。そもそも真っ向から「不倫しようよ」なんて言って乗ってくる女なんているわけありませんから、男だっていろいろ考えるわけで……。