「不倫をやめたいのにやめられない女の心理 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫をやめたいのにやめられない女の心理

不倫をやめたいのにやめられない女の心理

不倫関係は蜜の味、つまり美味しい

不倫の恋の悩む女には、「やめたいのにやめられない」という人がかなり多く見られます。そもそも不倫関係自体が、

・社会的倫理に反している
・不倫では幸せになれない

それはわかっているのに、何故かやめられないのです。何故でしょうか?

この「やめたいのにやめられない」というのは、タバコやお酒の嗜好品、あるいは薬物に似ています。身体に悪い事であることは明確にわかっているのに、どうしてもやめられない――。これは、それが美味しく感じるからです。一旦、味を覚えてしまうとやめられなくなる、癖になる、そんな依存性があるのが不倫関係なんです。

そんな不倫をやめられない女性の心理を、今日は暴いていきましょう。

不倫女は背徳感で病み付きになる

実際、不倫の恋というモノは非常に制限が厳しく、辛いものです。

・会いたい時に会えない
・関係を大っぴらにできない

普通の人はコレをもどかしく思い、ストレスや軋轢が生じて関係を長く続けることはできません。しかし、不倫には独特の背徳感・罪悪感が伴います。実は、この背徳感こそが不倫の美味しさの秘密です。

・不倫に至る女性には、人にはやってはいけないことをしてみたい、あるいは人とは違うことをしてみたい

という欲求があります。小さい頃こっそりヤバイいたずらをしたことがあるという人も多いでしょうが、不倫はこのいたずらに似ているんですね。バレるかもしれない、このスリルも不倫にハマる原因なんです。

遊びの恋心のつもりが本気に……

相手が既婚者であることをわかって不倫をする場合、初めは遊びであることがほとんど、

・ちょっと火遊びをしてみたい、刺激がほしい、配偶者(夫)に不満がある、寂しい

などという理由から、出来心で不倫に走る女はアナタが思うより現実にはたくさんいます。しかし不倫の恋を遊びでとどめておくのは非常に難しいものです。

何故なら不倫はとっても美味しいから。刺激的で、普通の恋愛にはない(罪悪感で)ドキドキ感があって、背徳的で、自分が魅力的な小悪魔のような気がしてくる――。まるで自分が映画のヒロインになったみたい! と勘違いする女は多く、気がついたらその関係にどっぷり! と泥沼に浸かってしまうのである。

不倫をする女は幼稚である

まず、相手が既婚者であると知った時点で、倫理観と自身の損得を考え恋愛対象から外すというのが大人の考え方、つまり常識です。しかし、不倫にハマる女は冷静な判断力を欠き、理性を保てずに倫理観よりも自分の感情を優先します。

・コレが不倫をやめたいのにやめられない女のバカな思考回路です

不倫関係は自分にとっても相手にとってもリスクしかない不毛な関係であり、大人であればコレをきちんと理解できるはずですが、不倫女の頭にはこのリスクという概念がありません。不倫女の頭の中には何故か、

・リスク=スリル

という完全に間違った公式があり、自分にとって都合のいい解釈しか出しません。そんな頭ではいくら考えても不倫をやめるという答えは出てこず、ずるずると関係を継続してしまいます。もっと具体的に考えてみましょう。

そんな覚悟の無い不倫の末は……

そんな覚悟の無い不倫の末は……

不倫の末に待っているのは9割がた不幸な結末です。自分が結婚している場合は、

・離婚
・慰謝料請求
・親権はく奪

等のリスクがありますし、不倫が原因で職場内で修羅場になると最悪、解雇処分などの厳しい罰が与えられることも。不倫で一生が台無しになってしまうと目も当てられません。そして、そんな人生転落負け組パターンの不倫女性は、実は腐るほど存在しています。

また、不倫の末に離婚となると子供たちは親を奪われてしまい、大きな傷を負ってしまいます。もし不倫中に妊娠したりすると……もうお分かりですね、最悪です、ここで「現実」に気づき、因果応報を突きつけられる!のがバカな不倫女です。そして何より、

・不倫の結果できた子供=不貞行為の結果生まれた子供

と、世間は認識します。アナタが思っていなくても。不倫は実際に渦中にいる本人たちにとっては気持ちが良い関係ですが(なのでしょうが)、周囲の人間にとっては大迷惑です。不倫肯定派は、

・恋愛は本人同士の問題で外野は関係ない、自己責任だ

と言いますが、家族や配偶者を巻き込んでいる時点で自己責任も何もあったものではありません。もしそんな人が周りにいるなら良い病院を紹介してあげて下さい。

男はかばってくれない

不倫の場合、ほとんどの男は女を都合の良い女としか見ていません。肉体関係だけを求めていることも少なくなく、不倫がバレた場合、男は十中八九保身に走ります。

・遊びの関係だから
・そこまでの気持ちはないから

そんな風に言い訳する男を想像するのはいとも簡単です。

不倫女の中には、障害をものともしない不倫こそ純愛だなんて都合よく考える人もいますが、不倫が純愛だなんてあり得ません。それでも不倫は純愛だというのであれば、

・男はすぐに、何としてでも離婚する

ハズではありませんか? 不倫女の元に何もかも捨てて飛んでくるハズです。それができてないという時点で、その男と不倫女との関係には価値がありません。

片足突っ込んでるアナタ、精算、解消するなら早めに

不倫は関係がずるずる続くほど流されて精算・解消が難しくなります。不倫関係には依存性があるので、うまく別れられずにストーカー化し、警察のお世話になるなんていうケースも実際あります、現実です。

独身女で相手が既婚者と知らず、不倫関係になってしまった場合は、すぐに別れるように。相手が既婚者と知らなければ、不貞行為の咎には問われません。

不倫をやめたいのにやめられないというのは「ただの言い訳」で、「ジャンキーが薬物をやめられないのと一緒」で、言い訳は甘えや逃げでしかありません。

まぁ、そういった幼稚で甘えた女だから、不倫にハマるのでしょうけれど。コレを読んで気づいて行動できる不倫女のアナタは、まだマシなのかもしれませんよ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

不倫をやめたいのにやめられない女の心理 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。