「夫の不倫が発覚しても別れない女の心境 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

不倫/浮気コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫の不倫が発覚しても別れない女の心境

夫の不倫が発覚しても別れない女の心境

夫に不倫をされたらどうする?

夫にアナタ以外の女の影がある、調べてみたらやっぱりラブホテルから出てきた、子供も居るし、どうしよう? こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

もし、自分の夫が不倫をしていたらどうしますか?「別れるに決まっている」という人がいる一方で、「絶対に別れない」という人もいますよね。

結婚は非常に大きな、人生にとって最も重要な契約と言っても過言ではなく、不倫とはその契約を破る事であり、到底許される事ではありません。だから、慰謝料を請求する事ができますし、不倫=不貞行為は正式な離婚事由になります。

ただし、結婚は大きな契約だからこそ簡単には解消できません。夫に不倫されても「別れない」という決断をする女性は意外に多いものです。この不倫されても別れないという女性は何をどう感じているのでしょう? 今日も暴いていきましょう。

プライドが離婚を許さない

プライドの高い人ほど、自分の失敗を認めようとせず、周囲から隠そうとします。

・夫に不倫されて離婚した、なんていう事は世間体が悪く、人にはあまり知られたくないものです

だから、プライドが高い人ほど離婚=結婚の失敗が許せず、離婚という道を選べないのです。

また、プライドの高い女ほど、夫の不倫相手に対する敵愾心も強くなりがちです。

・自分が離婚して、夫やその不倫相手が幸せになるのは絶対に許せません。この種の感情は多かれ少なかれ誰もが抱くものですが、「悔しいから意地でも離婚しない」と、夫への愛情とは全く関係ないところでムキになってしまう人もかなり多いんです。

子供の為に離婚しない

子供が居る場合は離婚をしないという選択をする女性が多い傾向にあります。

・不倫をしていても、父親は父親ですので、子供が大きくなるまでは、なんて考えている人も多いものです

また、子供を育てるには手間暇もお金もかかります。

子育ての経済的な負担を考えても子供が独り立ちする前に離婚するのはリスキーです。

だから、敢えて離婚はせず、家族として生活するのです。

愛情は無くても敢えて離婚しない!

たとえ夫が不倫をしていても、経済的な不安から離婚をしない、という決断をする人も居ます。

この場合はもう夫は金づる、あるいはATMとして開き直っちゃっている事も。

・とりあえず、家にお金を入れてくれればそれでいい、というスタンスです

婚姻関係にある場合、そこに愛情は無くても婚姻費用の支払い義務はあります。婚姻費用とは、夫婦がその収入の割合によって、居住費や生活費、子供の養育費などを分担するもの。

たとえ別居中であってもこの婚姻費用は支払わなければなりません

だから愛情がないのに、敢えて離婚はせず、安定した生活を続けようとするのです。

しかし、そういう境遇に置かれると辛い立場になってしまうのはよく分かります。ではどうすれば良いのでしょう? 次から具体的に考えていきましょう。

定年離婚を狙う

定年離婚を狙う

夫に不倫されても離婚しない女の中には我慢して「定年離婚」を狙う女性もいます。現在は離婚をしても夫の年金を分割できますので、

定年までは離婚せずに稼がせ、定年を狙って離婚する強かな女がかなり多いのです

また、定年離婚では夫の退職金も夫婦の財産とされる為、妻は定年離婚ではまとまったお金を得る事ができます。

・その上に夫の不倫=有責となれば、慰謝料も発生するので定年離婚でかなり儲かる女性も

こうした計算のできる女も簡単には離婚しません。

結婚・不倫・離婚というと、愛憎の入り混じった感情論を思い浮かべがちですが、実際には金銭的な損得勘定や体面、プライド、意地等が入り混じっており、それぞれの思惑が複雑に絡んでいるのです。

どっちが幸せ?

夫が不倫をしている場合、離婚するか否かの決定権は妻にあります。

悔しい・バツイチと言われたくない・独りでは生活できない・子供がいる……人によって思うところも背負うものも違いますが、まず優先すべきは自分の幸せです

お金さえあればそれで幸せ、それならば離婚しないで夫を金づるにするのもありですし、定年離婚を狙うのも良いでしょう。

・しかし、不倫相手への意地や世間体ばかり気にして、苦しい思いをしながら長く生活をするのはもったいないと思いませんか?

それならば、きちんと制裁を加えて離婚をした方が幸せな場合もあるはずです。

結婚をしているという事が、必ずしも幸せに直結しない事は夫に不倫された妻だからこそわかっているはず。いつまでも不倫男に縛られていては幸せにはなれません。

不倫中の人は要注意

既婚男性と不倫中の女は「妻は簡単には別れてくれない」という事は知っておくべきです。

・「自分の方が愛されている」あるいは「愛している」という感情論では、不倫に因る離婚問題は解決しません

有責である夫側がいくら離婚したいと言っても、妻が離婚しないと言えばそれまでです。

そして、相手が既婚者と知りながら関係を持った場合には、妻から慰謝料を請求される可能性があります。

不倫は普通の恋愛とは違い、ゴールが見えない上にリスキーで、だからこそそれなりの覚悟が必要です。

・不倫相手と結婚できなくても構わない、不倫の関係が一生続いても良い

その覚悟はありますか?

不倫後のローン返済はどうなる?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫の不倫が発覚しても別れない女の心境 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。