「相性の合うレズビアンカップルとは? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

同性愛/レズコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相性の合うレズビアンカップルとは?

相性の合うレズビアンカップルとは?

やっぱり相性って大事

人と付き合う際になんだかんだ気になってしまうのが相性ですよね。「好きな人と付き合ってはみたものの、相性が悪かった」なんていう経験をした事がある人も多いのでは? こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

人の相性というのはある程度付き合ってみない事にはわかりません。

・それに相性と一口に言っても「性格的なもの」「肉体的なもの」「金銭感覚」「価値観」等様々ですね

では、相性の合うレズビアンカップルとはどんなものなのか――今日も暴いていきましょう。

レズカップルでネックになるのは体の相性?

レズカップルの場合、どちらが男役=タチ役をするのかが問題になります。どちらもタチ、あるいはどちらも女役=ネコ役ではセックスが成立しないからです。

どちらかが妥協する、もしくは双方がリバーシブルに役割をチェンジするという事もできますし、行為も工夫次第で楽しめますが、この行き違いがある以上、性の相性は完璧とは言えません。

・また、二人がどんなセックスを望んでいるのかというのも大事

男女のカップルでも同じ事が言えるのですが、同性愛カップルの場合、それまでの恋愛経験等によって性行為に求めるものやその頻度の差異が大きくなりがちで、体が合わないという事も多々あります。

もちろん、二人で経験を重ねながら徐々にセックスライフを充実させていく事が大事なのですが、スタート地点で二人の性の価値観があまりに違いすぎるとセックスが苦痛になってしまう事も。

・二人のセックスに対する熱量が同程度で、タチとネコがぴったりと合うカップル

これが理想的ですが、自分にぴったり合ったレズビアン女性を見つけるのはそう簡単ではないでしょう。

性格が合わないとなかなか辛い

やはりどんなカップルでも性格が合わなければ長続きしません。ただ、「性格が合うかどうか」はある程度付き合ってみないとわからないんですよね。

いざ付き合ってみると想像と全然違うなんていうのはよくある話です。

・デートに行きたい場所が全く違ったり、休日の過ごし方が真逆だったりするとやっぱり面白くなくなってしまうもの

性格があまりに違いすぎると相手に合わせるのが窮屈になってしまったり、何を考えているのかさっぱりわからくなって不安になってしまう事もあります。

しかし、かといって同じような性格だから上手くいくとも限りません。几帳面な人同士だとお互いにちょっとした事でイライラして関係が悪化してしまう事もありますし、嫉妬深い人同士だとお互いを縛り合って共依存に陥ってしまう事も。

でも、お互いに軽すぎると恋人関係自体が曖昧で不安定なものになって、終いには恋人関係が破たんしてしまいかねません。

・性格の相性というのは実際に付き合ってみないとわかりません

自然に気負う事なく付き合う事ができ、素の自分が出せる――それが相性が良いという事。(付き合っていく為に)たくさん我慢しなければならないとか、なんか息苦しいという付き合いは相性が良いとは言えないでしょう。次からもっと深く暴いていきましょう。

レズビアンカップルの結婚観

レズビアンカップルの結婚観

レズビアンカップルの相性を測る上で重要なのは相手の価値観を認められるかどうか。特に問題になるのは「結婚」です。

同性愛者の場合、結婚あるいはそれに近い形を望むのか、それとも結婚は全く度外視で付き合うのかが人によって全く違います。

また、同性愛者の中にはいつかは異性と結婚しようと考えている人もいます

親の為に、後継ぎが必要だから、世間体で、同性愛のカモフラージュの為、結婚する目的は人によって違いますが、ここに温度差があるとなかなか長く付き合っていけません。

最近は日本でも同性愛者のパートナーシップ関係を認める自治体が出てきてはいるものの、同性婚が可能とはまだまだ言い難い状況です。

将来的に結婚あるいはそれに相当する関係を望むのかどうか、というのも相性に関わってくるのです。

・こうやって考えてみると相性がぴったり合う人を探すのはなかなか難しいと言わざるを得ません

でもそれは、性格や価値観は二人の付き合い方によって変わってくるもの。初めから相性がぴったり合う人と出会える確率なんてもしかしたら天文学的な数字です。

そんな相性を気にするよりも二人で居心地の良い関係を築く方がきっと楽しいはずです。

受け攻め両方いけるレズ用語「リバ」とは?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

相性の合うレズビアンカップルとは? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
体目当ての男性を見抜く方法まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

体目当ての男性を見抜く方法まとめ

男女の関係には様々な形があり、すべてのカップルがお互いを最大限に愛しているとは言えません。彼女になったつもりが、男にとってはただのセフレだったとなればこれほど悲しい事はないでしょう。

恋愛に内気な独女が改善すべき事
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛に内気な独女が改善すべき事

内気な人はとにかく自分自身の内向的な性格を難しく考えすぎてしまいがちです。特に恋愛面ではその傾向が強く、積極的に恋愛を楽しめる人を羨んだり、自分の不甲斐なさに苛立って自信を失くしてしまったり……。

私が一番! 自己正当化する女性の残念な特徴
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

私が一番! 自己正当化する女性の残念な特徴

人はどんなにいい人であっても利己的な一面を持っていますし、多少は自己正当化してしまうものです。ただ、自己正当化が過ぎるとかなりうざい人間に。気が付かないうちに周囲から、めんどくさい女なんてレッテルを……。

結婚する気がないのに付き合ってしまう理由
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

結婚する気がないのに付き合ってしまう理由

ある程度の年齢になると男性との付き合いに対して結婚を意識してしまうのは当然の事。でも、自分は結婚を意識していても、彼氏も同じように考えているとは限りません。

Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

男性がイライラする女性の特徴

人間関係においては、誰しも多少はイライラした事はあるはず。中でも厄介なのは無意識の内に人をイラつかせる言動をしてしまう人。わたしは大丈夫!」なんて思っている人ほど危ないかもしれません。