「同性愛が辛いと感じる時のマインド整理術 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

同性愛/レズコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同性愛が辛いと感じる時のマインド整理術

同性愛が辛いと感じる時のマインド整理術

同性愛者は悩み多し

今の世の中、同性愛者は何かと悩みが多いものですよね、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

徐々にLGBTへの理解が深まっているとはいえ、まだまだ十分とは言えませんし、辛い思いをする事もたくさんあります。

・異性愛者に比べれば同性愛者はやはり “辛い” 事が多い感は否めません

でも、ただ辛い辛いと言っているだけでは事態は一向に変わりません。

苦しい・辛い・なんで自分ばっかり……凹んでいる時にはどうしてもネガティブになって、自分の殻に引きこもってしまうものですが、そうしていたって誰も手は差し伸べてくれませんし、気分は沈む一方です。今日も暴いていきましょう。

誰にも相談できない?

LGBTに対する認知は広まってはいるものの、自分の身近な人がLGBTであるという事を受け入れられない人はまだかなり多いのも事実です。

・家族や友達がLGBTだとカミングアウトして、それをすんなりと受け入れられる人は少数派でしょう

同性愛者は自分の悩みを家族や友達に相談するという事がなかなか難しく、辛いと思ってもそれを吐き出す事ができないのですね。

だから、一人で悩みを抱え込んでしまいやすのがLGBTの辛いところでしょう。でも、「誰にも相談できない」というのはただの思い込みです。

・現在、日本ではLGBTのための自助グループやNPO等がたくさんあり、相談窓口もきちんと設けてありますし、専門家に話を聞いてもらえます

メンタルクリニック等でも相談する事ができますし、基本的に相談内容は守秘義務として守られます。

近年はLGBTのコミュニティも増えているので、相談するところがないわけではなんです。同性愛に関わる事は身近な人に気軽に相談しづらいものですが、だからといって一人で抱え込んでいては気を病むだけ。

まずは悩みを打ち明けられる相手を探す事、辛いのであればここから始め、次からもっと深く暴いていきましょう。

自分が受け入れられない?

自分が受け入れられない?

自分が同性愛者である事を受け入れるのは簡単な事ではありません。

そしてそれに気づいたとき、同性愛者である自分自身に対して嫌悪感を抱いてしまったり、自分の自我を否定してしまったりする事が多いんです。

同性愛者の中には自分自身が大嫌いだ、なんで普通じゃないんだと強い憤りを感じている人も少なくありません

でも、そうやって苛ついていても一歩も前には進めません。持って生まれた、あるいは成長過程で培われた性癖というのは変え難いものです。

こればかりは本能的なものなので、どんなに抗っても自分の思い通りにはならないのです。

自分自身がレズやバイである事を受け入れ難いのはみんな同じ。

・それを受け入れて自分と向き合う事ができるかどうかでその後前向きに生きられるかどうかが決まるのです

自分を否定し続ける人生なんてお先真っ暗だと思いませんか、まずは素直に自分自身を受け入れる事が前向きに生きるために必要な事なんです。

叶わぬ恋は辛いけれど

よって同性愛者の恋愛は複雑です。好きになった人がノンケだと告白する事もできずに、不戦敗となってしまいますよね。

そうなると叶わぬ恋に悶え苦しむ事になりますし、もう恋なんてしないと言いたくなってしまう気持ちもわかります。

もちろん、男女の恋愛でも叶わぬ恋はよくある事。ただ、同性愛者の愛の告白=同性愛者のカミングアウト。となれば、告白のハードルはより高くなりますし、もしかしたら友人関係まで壊してしまうかもしれません。

・でも、告白しなければ今以上の関係は望めません

アナタが本当に欲しいのは友人? それとも恋人? 一生片思いで言い、あるいは告白するくらいならすっぱり諦めるという覚悟があるのなら何もしないで結構。

でも、少しでも関係を発展させたいのであれば、勇気をもって一歩踏み出してみるべき。その場にうずくまっていては何も得られませんからね。

レズの片思いを成就させるには?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同性愛が辛いと感じる時のマインド整理術 が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
婚期を逃している女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

婚期を逃している女性の特徴まとめ

確かに今の世の中では結婚する事が幸せとは言い切れません。生涯独身でも生き生きと暮らしている女性も多いですからね。でも、中には結婚したいのにできなかった、婚期を逃した残念な女もいるわけで。

Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

他の女の影がちらつく男性の特徴まとめ

好きな人、気になっている人といい感じに進展している、あるいは脈ありかもって時に気になるのが他の女の影。「もしかしてアプローチしてる女は私だけじゃないの?」なんて悶々としてしまう事、ありますよね。

30代の彼氏に求めたいスペック
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

30代の彼氏に求めたいスペック

誰だって低スペックな彼氏よりはハイスペックな彼氏の方がいいに決まってますよね。でも、あまりに自分とは釣り合わないスペックの彼氏を求めると今度は高望みなんて言われてしまうのが現実。

すぐ彼氏ができる女性の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

すぐ彼氏ができる女性の特徴まとめ

なかなか彼氏ができない――そんな悩みを抱える女性にとって、彼氏の途切れない女は未知の生物。「男たらしでだらしない」「男たらし」なんて言いながら、実はちょっと羨ましかったりするんです。

Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

彼氏が既婚者だったらどうする?

恋愛はトラブルが付き物で、付き合ってから知り得なかった一面(彼の抱える問題)が見えてくる――なんて事も多々あります。そんな彼の問題(秘密)で最悪なのが「実は既婚者だった」なんて展開です。