「受け攻め両方いけるレズ用語「リバ」とは? 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

同性愛/レズコラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受け攻め両方いけるレズ用語「リバ」とは?

受け攻め両方いけるレズ用語「リバ」とは?

レズビアンのポジション

基本的に同性愛者は性行為の際に好むポジションがありますよね、こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

LGBTの用語では、性行為の際に攻める側(男役)を「タチ」、性行為の際の受ける側(女役)を「ネコ」という事が多く、この相性もカップルの相性に大きく関わってきます。

・この性癖は人によって違いますが大雑把に言えば、タチを好む人、ネコを好む人に分かれ、基本的には自分が好むポジションでなければ強い性的興奮を得る事はできません

ただし、稀にタチ・ネコの両方のポジションで性的興奮を得る事ができる人もおり、相手、あるいは状況によって自由自在にポジションを変える事ができる人もいます。

・こうした人は「リバ」と呼ばれています

このリバとは「リバーシブル」の略語で、タチネコどちらでもイケるという意味です。

レズの場合、互いの立ち位置が同じだと性行為が楽しめなくなってしまいますが、リバの人はどちらのポジションでも楽しめるので、そういった意味では恋人の範囲は広がるでしょう。今日はリバについて暴いていきましょう。

リバのセクシャリティー

セクシャリティーとは、その人の経験や価値観等によって作られていくものです。

LGBTの性的嗜好も同じで、生まれ持ったものに経験や価値観が合わさって、成長と共にはっきりと形成されていきます。

その為、レズビアンでも、自分がネコなのか、タチなのか、それとも両方イケるリバなのかというのは、ある程度経験を積まなければ自分でもはっきりとはわからないものなのです。

・身体の相性は実際にセックスしてみなければわかりません、そして、そうした経験の中で自分の性的嗜好を見つけていく事になります

なので初めから自分はタチ(あるいはネコ)しかできない、と決めつけてしまうとちょっと勿体ないかもしれませんね

また、基本はタチで攻めるほうが好きなリバ(相手によってはネコになる)人を「リバタチ」、基本はネコで攻められるほうが好きなリバ(相手によってはタチになる)人を「リバネコ」とも言います。次からもっと深く暴いていきましょう。

我慢は禁物!

我慢は禁物!

性的嗜好の違いはカップルが決裂する大きな理由でもあります。

タチ同士、ネコ同士となってしまうとどちらか一方が性行為の際に自分の嗜好を我慢しなければなりません。

もちろん、リバの可能性もあるので、チャレンジしてみる事は大事ですが、どうしてもリバにはなれない人もいます。

・リバはある種才能のようなもので、誰もが頑張ればイケるというわけでもないんです

その為、ポジションが合わないときは我慢してはダメ。早めに話し合いをして解決策を探すのが賢明です。

また、リバタチはどちらかと言えば攻めるほうが好き(リバネコはこの逆)。たとえば、リバタチ×タチのカップルは必然的にリバの子がネコ役になりますが、いつもそれでは若干フラストレーションが溜まってしまうかもしれません。

お互いにどういったセックスがしたいのかは話し合わなければわかりません。自分の好きなようにセックスできれば良し、あるいは自分が我慢しておけばうまくいく、なんて思っていると、その内にセックスが楽しくなくなってしまうかもしれません。

身体の相性は役割だけでは測れない

タチ・ネコ・リバ、レズの性行為のポジションはこの組み合わせになりますよね。お互いにセックスが楽しめる組み合わせなら万々歳のように思いますが、

・身体の相性はそれだけでは測れません

男女のカップルを考えれば、それは明白でしょう。男女のカップルの場合、役割は男が攻め、女が受けとはっきりと分かれるものかもしれませんが、それでも身体の相性が悪いカップルはたくさん存在します。

身体の相性は実際に経験してみなければわからない――でも厄介だからこそ、面白くもあるんですよね。

バラ色の未来
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

受け攻め両方いけるレズ用語「リバ」とは? が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫相手と別れて後悔してしまう女たち

不倫関係はできるだけ早めに清算すべき。これはいかなる状況に置いても正論です。でも、不倫相手と別れた事を後悔する女も少なくないのが現実。何とも救いようのない女が多いのです。

不倫しているのに離婚しない男の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫しているのに離婚しない男の特徴まとめ

不倫中の独身女性は一刻も早く奥さんと離婚して自分のものになってくれる事を望み、信じています。しかし、実際のところ不倫男が自主的に奥さんと離婚してくれるのは残念ながら少数派。

不倫をやめられない人の特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

不倫をやめられない人の特徴まとめ

不倫が世の倫理に反する悪であるのは誰もが知っている事。不毛な恋愛である事は重々承知の上で、またリスクを負った恋愛である事も理解しているにも関わらずなぜ不倫をやめられない人がいるのか――。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

結婚前に不倫をしてしまう女性の特徴まとめ

独身時代の恋愛は自由とはいえ、相手が既婚者となれば話は別。若い時の過ちは誰にでもあるとは言うものの、不倫と言う過ちは「ちょっと失敗しちゃった」では到底済みません。

すぐに不倫カップルだとわかる特徴まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

すぐに不倫カップルだとわかる特徴まとめ

不倫中のカップルって見ただけでも結構わかったりしませんか? 当事者たちは普通のカップルにつもりでも、傍から見るとなんだか怪しいカップルって結構多いんです。