「誰でもいいから愛されたいは間違い 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

独身女性コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもいいから愛されたいは間違い

誰でもいいから愛されたいは間違い

愛されたい願望はほどほどに

誰かから「愛されたい」という願望は誰もが抱いているものですが、この「愛されたい願望」をこじらせ「誰でもいいから」となってしまうと少々厄介です。こんにちは、あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

・「誰でもいいから」という前置きは、愛に飢え、愛を求めて極端な行動に出てしまいがちだからです

愛されたいと思う事自体は普通の事ですが、極端に人から与えられる愛ばかり求めていると反対に人が離れていってしまいます。

そうなるとますます愛を欲し……の悪循環。愛を求めるのは結構ですが、行き過ぎると自分を追いつめてしまう事になってしまいます。今日も暴いていきましょう。

ありのままの自分が受け入れられない?

愛されたい願望が強い人ほど、自分に自信が持てていません。

コンプレックスや自分のマイナス面を受け入れられず、克服もできず、ただ自分はつまらない人間だと思い込み、

・だから自分は人から愛されないのだと半ば納得しているのです

これは成長過程で親から愛情を十分に感じられなかった人や、幼少期にいじめを受けた人等に多い傾向で、

・「(ありのままの)自分は人から愛されない存在である」
・「自分はいなくてもいい」
・「嫌われたくない(孤立したくない)」

という気持ちが人一倍強いのです。

だから、心を閉ざして必死に理想の自分を演じようとするのですが、それが空回りするとピエロになってしまい逆効果。

結果コミュ障(自称の場合もあり)になってしまって、ますます愛情に飢えてしまうというまさに「負のループ」に陥るのです。

愛されたいと言いながら心は閉ざしたまま?

愛されたい願望の強い人は愛されたいと叫びながらもその実心は閉ざしたままです。

ありのままの自分を受け入れられず、自信がないので、

・表面的にしか人と付き合う事ができません

でも、自分が心を開かなければ相手も心を開く事はありません。

それどころか、自分は心を開かないくせに愛を求めてくる人なんてうざいだけで、人はどんどん離れていくだけです。早くそれに気が付かないと一生一人寂しい人生を送る事になるかもしれません。

・自分を曝け出すのは恥ずかしい、でも、本当に愛してもらうというのは、良いところも悪いところもひっくるめて受け入れてもらう事のはずです

上辺だけの愛しているフリで満足なら結構ですが、それでは心が満たされる事はないでしょう。次からもっと深く暴いていきましょう。

愛されたい女は重い

愛されたい女は重い

愛されたい願望の強い女は男にとって重くなりがち。

初めはかわいいと思っていても、時が経てば付き合いたてのドキドキも薄れ、徐々に鬱陶しい女になっていきます。

愛されたい女は人の感情の変化には敏感で、少しでも男が離れるような気配があれば必死に縋りつきますが、それでは男の愛情をさらに薄れさせるだけ。

・愛してほしいと言いつつ、自分でその芽を摘み取っている事が多々あるのです

結果、どんな恋愛も長続きせず、どんどん自分を安売りするようになります。

「自分を愛してくれるなら、付き合ってくれるなら誰でもいい」なんて相手本位で恋愛を考える人は要注意。

終いには一時の愛情を求めて「セックスしてくれるなら誰でもいい」なんて事になってしまいかねません。

愛されたいなら愛すべき

基本的に人間関係はギブアンドテイクで成り立っており、愛情も同じです。

愛されたいのであればまず愛さなければなりません。見返りが欲しいのであればまず、自分が愛を与える事です

別に「すべての人に愛を振りまけ」なんて言いません。自分が愛したい、自分を愛してほしいという人に対して、持てるだけの愛を与えればいいのです。

「誰でもいいから愛してほしい」なんてスタンスでは、愛を与えるにしても中途半端になってしまいますよね。

・「誰でもいいから」と思ってしまうのは、現状で「誰からも愛されていない」と感じてしまっているからですよね

それなら、まず誰か一人「最も大切な人」に愛されるように頑張ってみませんか?

不倫相手の「愛してる」が信じられない?

以前Shinnoji_Uraが執筆したコラムです、こちらも是非合わせて参考にしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

誰でもいいから愛されたいは間違い が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。