「結婚願望が無い独身女性が持つべきモノ 」についてのあんりあ

いけない女のドロドロWEBマガジン、「あんりあ」です。結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、仕事の不満、セクハラ、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あんりあ管理人 Shinnoji_ura 覗き穴

ようこそ、「あんりあ」へ、管理人の Shinnoji_ura だ。
アナタが何かに悩んでいる事を、私は既に知っている。何故なら「悩みの無い人」には「あんりあ」は見えないからだ。
「あんりあ」──、それはこの世の中、世界にある、すべての「非現実的日常 ─ “Unreal” 」を、発信する、
いけないループから抜けられない、大人の女性の為の「いけない女のドロドロWEBマガジン」だ。
結婚、不倫、浮気、復縁、家庭問題、夫、舅姑、セクハラ、同性愛、金、SEX、女の「悩み」はすべて「あんりあ」にある。

あなたもあんりあとパートナーサイトになりませんか?

Writer by Shinnoji_ura

独身女性コラム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚願望が無い独身女性が持つべきモノ

結婚願望が無い独身女性が持つべきモノ

結婚願望なんて無い~独身時代は楽しい事がいっぱいですね

特に今後、結婚の予定、願望が無い独身女性の皆さんこんにちは。あんりあ管理人のShinnoji_Uraです。

昔は女は結婚適齢期になったら結婚して、子供を産んで……、というのが当たり前の流れで、当然のことでした。けれど、現在は安定した仕事を持ち、男性に支えてもらわなくても一人で生きていける、という独身女性が増えています。

結婚願望なんて全く無い、結婚しない方が楽しい

そう思っている人も多いでしょう。

確かに、独身生活は結婚後の生活に比べると、とっても楽しいものです。自分の稼いだお金を好きに使うことができ、誰に縛られることもありません。彼氏を作る作らないも自由だし、恋愛も飽きたら別れればいいのだし、趣味も我慢しなくてもいい、なんて素敵な生活でしょう。

でも、そんな生活がいつまで続けられるか、考えたことはありますか? 今回は結婚願望が薄い女性の皆さんが考えておくべき事をまとめていきましょう。

結婚してただ家庭の歯車にはなりたくない

自由を謳歌する独身女性は「奥さん」や「ママ」になりたくないと言います。「○○さんの奥さん」「●●ちゃんママ」そんな風に、

・夫や子供の付属品として扱われたくない

と思っている独身女性が多い世の中になってきています。確かに、結婚すると基本、苗字すら変わってしまいますし、自分本位では生きられなくなり、妻になり、母になると、どうしても影は薄れてしまいがちです。

独身時代の友人とは疎遠になり、

・夫や子供を介した中途半端なコミュニティ

に身を置かなければならなくなります。人にもよりますが、今まで自分中心で生きてきた独身女性からすると、独身時代に謳歌した自由が失われていく、という事実。これは苦しい事かもしれません。

生き甲斐がないとやっていけない

生き甲斐がある、人生が波に乗っている独身女性は非常に強く、毎日が楽しいものです。しかし、

・その生き甲斐が失われてしまったり、人生で躓いてしまう

と、独身女性の生活は一気に寂しさの奈落の底へ落ちてしまいます

独身女性には自分の両親以外の部分で「家族」という心の拠り所がありません。恋人や友人は家族のような血の結びつきがないので、はっきり言うと小さなきっかけで瓦解してしまう可能性をはらんだ「脆い関係」です。

独身を貫く気でいるのであれば、

・人に依存しないことが大事

で、人との関わり以外に支えとなる生き甲斐を持たなければなりません。ただし、独身女性が「仕事」を生き甲斐とするのは問題です。仕事を生き甲斐にしてしまうと、仕事で躓いた時に、

・生活の基盤と生き甲斐とを一気に失ってしまうので

人生に何の光明も見い出せなくなってしまいます。その時に「あの時、結婚してれば良かった」と思ってももう手遅れです。次からもっと具体的に考えてみましょう。

いつまで若いつもりでいるの?

いつまで若いつもりでいるの?

独身女性は、若いうちは周囲からちやほやされます。既婚者に比べると独身女性の方が間違いなく異性に言い寄られることも多いでしょう。モテる人は早々に結婚してしまうなんてもったいない、なんて思っているかもしれませんね。

でも、時は残酷です。独身女性は、

・年を取るとあっという間に周囲から相手にされなくなります

よほどルックス面で自他共に認められる美女でもない限り、若い頃と同じようにちやほやされ、優遇されて生きて行くのは不可能です。

仕事でも同じことが言えるでしょう、キャリアを積んでいけばいくほど責任が重くなり、失敗が許されなくなります。

独身女性が持たなければならないのは、この徐々に厳しくなっていく、

・現実への危機感

です。独身女性は年を取れば取るほど、生きづらくなります。特に厳しいのが老後。年を取り、退職した後、アナタはどうやって生きていきますか?

いつまでも若いままだと思っていると、その内、必ず痛い目に遭います。

子供・出産はどうしますか

独身女性がもう一つ、きちんと考えておかなければならないのが子供のことです。結婚はともかく、

・出産には年齢的なリミットが存在します

よね。そして、このリミットが迫ると今まで独身を貫いていたとしても、急に子供が欲しくなるのが女という生き物です。

特に独身女性はそれまでの人生を自由で楽しく、思い通りに生きています。欲しいものは何でも手に入れてきた、そういう人も少なくありません。

ただ、子供となると話は別。日本では独身で子供を持つのはかなり難しいことです。何よりも、

・出産適齢期ギリギリになってからでは妊娠するのさえ困難ですし妊娠・出産に対してのリスクも増大します

一生独身を貫いた女性が一番後悔している理由は、他ならぬ自分の子供を持たなかった事です。結婚した友人の温かく賑やかな家庭を横目で見ながら、自分で選択したにも関わらず寂しい人生を送る女性は今増えつつあるのです。

危機感を持ち、人生設計を立てる

独身女性には何よりも危機感が必要です。独身でいる以上、

・子供が持てないかもしれない
・孤独死するかもしれない

そういった現実に起こりえる危機的状況を把握し、その危機的状況に自分が本当に耐えられるかを考える必要があるという事を認識する事です。

一生独身を貫くのであれば、どんな危機的な状況であっても、それを乗り越えるだけの強さを持たなければなりません。

また、退職後に生きて行けるだけの貯蓄や資産を計画的に持つべきです。大事なのはできるだけ自分に対してシビアに人生設計を立てることです。

独身を貫くにはそれなりの覚悟が必要です。今現在、家庭や子供を持つ人に対して少しでも嫉妬心や羨ましく思う気持ちがあるのなら、一旦、

若いうちに真剣に、いつまでに独身から抜け出し結婚し家庭を持つか

をしっかりと考えてみるべきです。結婚願望を持たず、考えないで独身のまま突っ走る女性は悲惨な現実が待っています。手遅れになってからでは惨めな人生になってしまいますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚願望が無い独身女性が持つべきモノ が、アナタの「あんりあ」にとって少しでも有益だったなら、是非お手持ちの物だけで構わない。上記のSNSを使って世の中にあんりあを広めてくれませんか?
恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

恋愛恐怖症だけど恋愛したい人へアドバイス

多くの人にとって、恋愛は人生を豊かに楽しくするものです。でも、世の中には「恋愛したくてもできない!」と悩む人もいます。「なかなかいい相手が見つからない」、「好きな人ができない」など、様々な悩みがある中で深刻なのが“恋愛恐怖症”で恋愛できない女性たち。

Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

彼氏がいるのに他の男を好きになる女の特徴

きちんとした彼氏がいるのに気になる男性ができた…。そんな経験がある人も多いのでは?結婚・婚約してないなら、心変わりはある程度仕方がない事ですが、何度も同じことを繰り返しているのなら、それは確実に貴女に問題があるから。彼氏がいるのに他の男を好きになってしまう女には共通点があるのですが、貴女は大丈夫ですか?

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク-2
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

女性が憧れる「年の差不倫」のリスク

一部の独身女性にとって、既婚の年上男性は至極魅力的に映ります。独身の若い男に比べるとうんと落ち着いており、収入も高め。仕事ができる男ならなおポイントは高いでしょう。そして、幸せな家庭を築いているというのも実は女を惹きつける理由。家族を養う能力があるということをしっかりと証明しているわけですからね。

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ
Writer by Shinnoji_ura 不倫/浮気コラム

綺麗な不倫関係の終わらせ方まとめ

恋愛関係の別れは何かと揉めるもの。特に不倫の場合はなかなか“綺麗に”は終わらせることができません。そもそも、不倫自体が不毛で汚い、歪な恋愛ですから、お互いに納得し、わだかまりなく、前向きになれるような別れでありたいなんて思うのが間違い。

不幸体質な女が損する事まとめ
Writer by Shinnoji_ura 独身女性コラム

不幸体質な女が損する事まとめ

性格や体質というのはなかなか変えられないものですが、人から嫌われるものであれば変えなければ損をします。その代表格が“不幸体質”。男性よりも女性に目立つこの体質はとにかく面倒で、鬱陶しいもの。不幸体質な女は自分がそのままでは幸せになれないことを自覚していながら、それを改善しようとはしません。